2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブックマーク

  • 下手の横好き:源流釣
    北信濃のテンカラ師、寅さんのブログ。渓食の腕前はプロ級。頼りになる釣り師です。
  • へなちょこおやじのおもしろ日記
    へなちょこおやじが網膜剥離で入院していたときの壮絶な闘病日記です。是非ご覧あれ。
  • 山と溪を旅して
    へなちょこおやじがブログに興味を持つ切っ掛けとなった、こよなく山を愛する憧れの税理士先生のブログです。
無料ブログはココログ

« おもしろかった! | トップページ | へなちょこ釣り師のそもそも その3 »

2009年7月12日 (日)

へなちょこ釣り師のそもそも その2

感激!

 

 すっかり渓流釣りにはまってしまった俺様はシーズン中ほとんど毎週のように通ってたけど、渓流が好きなのか?、魚が好きなのか?、山が好きなのか?

 ある日、いつも通り三人で釣りに出かけた。この日は新しい発見をすべく、いつもと違う沢に入り、釣りをしながらもグイグイ登っていた。初めて入る沢に新鮮味を感じつつも、今一つ釣果は芳しくない。次の淵、次の落ち込みとポイントを丁寧に探りながら登り続ける事4時間。やがて10mぐらいの滝が前に立ちはだかる。

どこか登れそうなとこないかとまわりを良く見渡してから、滝を直登し始めた。全身ビショ濡れ状態だが、夏場はシャワークライミングといって気持ちいい~

はじめに一番若いY崎が登りはじめる。途中まではスイスイ登って行ったが、あとチョットのとこで手が届かない様子。

う~んこうなるとやっかいだ。俺たちは下で応援してるだけだし、ヘルプするすべがない。するとY崎は端からあてにしてなかったらしく、意を決したかの如くジャンプして上の岩に飛び付き、登り切っちゃった。

それを見ていた俺達は、何も言わず高巻する別のルートを探しはじめ、まわりの岩をよじ登りはじめた。先に師匠が行く。

順調に三分の二ぐらい登ってきた。ここで落っこちたら大変だ。慎重に手足のテンションを確認しながら進む。その時だ、もう一歩上がろうと、右手を上の岩にかけた瞬間、ズルッと岩が動いた。ひぇ~!岩は1mぐらいの大きさはあったろうか?途中あちこちにぶつかりながら、木っ端みじんになって落ちていった。体重をかけていたらと思うとぞっとするね。お~怖い!

その後もいくつかの滝を登って行くも釣りの方はパッとせず、それどころか段々水が少なくなってきた。源流が近い証拠だ。

行こうか、戻ろうか、おっかない思いをして登ってきたルートをまた下っていくのも勇気がいるし、ちょっと迷ったが、結局登り切る事に決定!

しばらく沢を辿って登っていくと遂に源流に到着。そこは、地中からチョロチョロと湧いている小さな水溜まりだった。でもこれが飲むと冷たくて旨かった。

さぁ~ここまできたら尾根は近いぞ!尾根に出ればきっと登山道があるだろう。そしてこんないい天気だから、きっと登山者に会うだろう。会ったらその人に道を尋ね、降りればいいや。という非常に安易な気持ちで体力的にもかなり来てましたが、最後の力を振り絞り、道無き道を登り切りようやく尾根に出ました。

スゲ~景色だ! 富士山から駿河湾まで一望出来るすばらしい景観。登山者の気持ちがよ~くわかるね。ほんとにここまでの苦労が吹っ飛ぶような爽快感だ。ビールを残しておけば良かった。・・・ 

Photo_6

Photo_10

で、しばらく景観を楽しんでいると、なぜか計画通りに登山者がやってきた。そして帰り道を尋ねると、最近の登山もハイテク装備なんだね。小型のGPSを取り出し現在地を説明されちゃった。

でも結局、教えられた道は、この先に赤いビニールテープが巻いてある木があるので、その辺で踏み痕を探せば、降りられる。という説明だった。

う~んなんとも頼りない。仕方なく教えられたように進むと、確かに赤いテープを巻いた木があった。おお~!ちゃんと合ってるじゃん。更に踏み痕を探すと、苦しいけど何とか見付けた。これで楽ちんに帰れる。しかし、谷の方を見ると渓流が遙か下の方に小さく見える。あんなとこから登ってきたんだ。後で調べるとこの山は標高1600mぐらいあり、車を止めた場所は700mぐらいだから相当登っちゃったんだ。渓流釣りの装備で良く来られたよ。ラッキーです。

Photo_9

帰りの登山道でも、すばらしい景色を眺めながら降りることが出来、足が棒になっちゃいましたが、すごい貴重な経験をした山登りの一日でした。

                           2004年8月 記

つづく

« おもしろかった! | トップページ | へなちょこ釣り師のそもそも その3 »

渓流釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541161/45618834

この記事へのトラックバック一覧です: へなちょこ釣り師のそもそも その2:

« おもしろかった! | トップページ | へなちょこ釣り師のそもそも その3 »