2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブックマーク

  • 下手の横好き:源流釣
    北信濃のテンカラ師、寅さんのブログ。渓食の腕前はプロ級。頼りになる釣り師です。
  • へなちょこおやじのおもしろ日記
    へなちょこおやじが網膜剥離で入院していたときの壮絶な闘病日記です。是非ご覧あれ。
  • 山と溪を旅して
    へなちょこおやじがブログに興味を持つ切っ掛けとなった、こよなく山を愛する憧れの税理士先生のブログです。
無料ブログはココログ

« へなちょこおやじの入院日記 その3 | トップページ | へなちょこおやじの入院日記 その5 »

2009年11月29日 (日)

へなちょこおやじの入院日記 その4

今日から休めるぞ!

  へなちょこおやじの愉快な入院日記!

    ~仕事ばかりしてちゃ、ダ眼よっ!~ その4



12月9日(土)


 気がつくと、朝6時、寝た時と同じ姿勢でいたよ。おかげで体がガンダムのようにカチカチに固まり、札幌オリンピックの時の日の丸飛行隊、金メダルの笠谷選手のジャンプ姿勢。頭は岡本太郎の爆発だぁ~! になっちゃいました。(若い子はわかるかな?)これから毎日かと思うと、こっちの方がつらいね。

以外と眼の方は痛みもなく、今のところ、心配してたほどでもなかったかな。と落ち着いたところで、そろそろ同室の爺さん達とコミュニケーション取っておかなきゃ? 

てなことで、人間観察を始める。お見受けするにお三方共に、あまり元気がなさそうだ。(当たり前か?)寝てるのか、ただ目を瞑っているのか、判断しかねるが、試しに向かいのO崎さんを突っついてみた。

ムクムクと起きあがると、私を見るなり、「診察か?」ときた。患者着を着た医者がいるかよと思いつつも、「私は網膜剥離ですが、O崎さんは何やったんですか?」と刑務所にでも入ったような聞き方をしちゃった。

ここでは共通の話題は病気だ。ここから話を弾ませねば。聞けば、同じく網膜剥離だが、11月23日から入院しているとのこと。二週間を過ぎたとこだ。いまひとつ経過が思わしくないらしい。

おっ! 80歳のW辺さんが起きてきたぞ。この人は術後の経過が悪く、化膿してるらしく、他の病院から転送されてきたらしい。飯時以外はほとんど起きることがないので、人に危害を加えることはなさそうだ。もう一人の72歳のK藤さんは、来週月曜日退院だそうで、いたっておとなしい爺さまです。

今ひとつ会話が盛り上がらなかったけど、まぁええか! 初めから馴れ馴れしくしてもね。今日はこの辺で許してやる。ガハハ・・・

ここで一つ余談だが、最近の病院食はスゲーんだよ! ちゃんと暖かいんだよ。見ると、昔はでっかいワゴンでガラガラと運び、その間に冷めてしまっていたものが、今はそのワゴンが、ロバのパン屋(かえって解りにくいか?)のような形の冷温装置の付いたワゴンで運ばれて来るため、適温で食えるのだ。しかも俺様のような、高尚な関西人に対し、納豆を特別料理?に交換もしてくれる結構なサービスも付いている。気に入っちゃった。これで一食260円は安いぞ。暮しやすいぞ!

夕刻、会社のT君が、新妻といっしょにお見舞いに来た。いいよなぁー若いかみさんは! うちのとトレードしてくれぇい! お見舞いは、前からお願いしてあったノートパソコンとレンタルDVD。ちょーうれしい。サンキュー!



12月10日(日)


 今朝は、昨晩調子こいてDVDを見過ぎたせいで、体よりも頭が痛いぜ!

でも、もう手術も終わった事だし、暮らしもなんとなく落ち着いてきたことから、これからの活動計画?を練らねば!

その前に、この病院での一日のスケジュールを紹介しましょう。

起床 6時    巡回新聞屋が6時半頃廻って来ます。世界の状況を確認すべく毎日購入(えらいでしょ?)

点眼 7時    4種類の目薬を5分おきに点眼

朝食 7時50分 風呂は8時から15時まで。各自、持ち時間20分。表を見ながら、空いてる時間に自分で記入し、勝手に入る。

点眼 11時   2種類の目薬を5分おきに点眼

昼食 12時   途中、たくましいお姉さまが、甲高い声で「移動販売で~す!」とささやきながら、新幹線の車内販売の4倍ぐらい大きなやつをグイグイ押して、行商に来ます。

点眼 15時   2種類の目薬を5分おきに点眼   

夕食 18時   本日最後のイベント! 毎日楽しみ。

点眼 19時   4種類の目薬を5分おきに点眼

消灯 9時    後は自分のスポットライトのみ

途中に検診が入る他は、基本的に自由。単に、飯と点眼の時間が決まっているだけ。(スケジュールとよぶほどのものではないね。)ちなみに、私の場合、うろちょろしていいのは12階のみ。他の階を探検してはならない。

ここで、ちょっと目薬への疑問? どれも一様に容量は、5mlとなってるけど、原液は、1mlに対し多いものでも、5mgしかないぞ! 

計算すると、原液は0.5%であとの99.5%はただの水じゃないの?

昔、目薬は儲かるって親父が言ってたけど、ほんとだなと思ったよ。                                                                                                  

では、今後の活動計画について、

こう見えても俺様は仕事以外は、すごく計画的なのである。

まず思いついたのは、読書(真面目でしょ)、クロスワードパズル、ゲーム、DVD鑑賞、パソコン・・・でも、片目の状態で長時間の読書は結構疲れるし、クロスワードは今ひとつ地味だし、結局、午前中は、新聞、ニンテンドーDS、と館内散歩、午後はDVD、館内散歩、日記書き、夜はテレビ、DVD、ニンテンドーDS。結局、じっとしていて出来ることはこんなもんでした。

おっさんになってまでも、ゲームかよ。と思うかも知れないけど、このニンテンドーDSはヒットだね。初めのうちは売れなかったらしいけど、中年向けにアクションゲームではなく、指先の器用さを問わない頭で考えるクイズや常識、脳トレなどゲームを取り入れたところヒットして、この年末なんか品物がないらしいよ。これは結構むずかしく、時間が経つのも忘れ、没頭しちゃうよ。でも、なぜかいつもいいところまできているところで、検診のお呼びがかかるんだけどね。

もともと俺様は、学生時代に東京でスペースインベーダー(知ってる?昔々、喫茶店のテーブルがテレビを埋め込んだゲーム機になってて、UFOを打ち落とす、あの単純なゲーム)にはまってしまい、学校にも行かず、一日中喫茶店でゲームをやってたのよ。

当時は、日本にコンピュータゲームが流行り始めたばかりで、まだ今みたいに家庭用のテレビゲームなんてものはなく、ゲーセンや喫茶店、パブやバーにも置いてあって、み~んながハマってたんだよね。

そんな時、バイトの帰りに友達と横浜の関内のバーに行ったときなんか、呑みもそこそこに夢中になってゲームで高得点を連発していると、なにやらまわりが騒がしいので、手を止め顔を上げると、真っ黒な人や、どでかい図体したレスラーのような外国航路の船員に囲まれているではないか。

なんとなくヤバイ感じかなと思いきや、「ファンタスティック!」っと歓声の嵐!
 先生、先生と持ち上げられ、飲めや唄えやの乱痴気騒ぎ! 戦争に勝ったような感じ! いい気分! 

てなこともあったよ。つまり流行の最先端を行くヒーローでもあったのさ。

余談はさておき、健常者で忙しい時は、時間があれば、あれがしたい、これがしたいと思うものですが、いざいっぱい時間が出来ると、何から手をつけてよいのやら、結局、何もしたくねぇ~てな風になって、時間だけが過ぎ、みんな放り投げちゃう。何という体たらく。

でも、まだ何かしたいとウズウズしている自分は若いのかもよ。同室の爺さん達は何をするでもなく、俺がパソコンやゲームしてても、関心をまったく示さず寝てばっかりいるんだもんな? 

寝る子は育つと言うけれど、爺さんが育つとスーパー爺さんにでもなるんだろうか? 見てみたいな。そのまま永遠に寝ないでね!

つづく...

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

« へなちょこおやじの入院日記 その3 | トップページ | へなちょこおやじの入院日記 その5 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

あんときはお世話になりやした。

おかげさまで、へなちょこおやじが誕生しました。

これからもよろしく!

そういえば、24が見たいということでDVDを持っていきましたね!鏡を利用しながら見ていた所長を思い出しました!あまり無理をしないで下さいね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541161/46886577

この記事へのトラックバック一覧です: へなちょこおやじの入院日記 その4:

« へなちょこおやじの入院日記 その3 | トップページ | へなちょこおやじの入院日記 その5 »