2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブックマーク

  • 下手の横好き:源流釣
    北信濃のテンカラ師、寅さんのブログ。渓食の腕前はプロ級。頼りになる釣り師です。
  • へなちょこおやじのおもしろ日記
    へなちょこおやじが網膜剥離で入院していたときの壮絶な闘病日記です。是非ご覧あれ。
  • 山と溪を旅して
    へなちょこおやじがブログに興味を持つ切っ掛けとなった、こよなく山を愛する憧れの税理士先生のブログです。
無料ブログはココログ

« へなちょこおやじの入院日記 その5 | トップページ | へなちょこおやじの入院日記 その7 »

2009年12月12日 (土)

へなちょこおやじの入院日記 その6

これはおいらが3年前に実体験した事実をもとに綴った愉快な入院日記です。


今日から休めるぞ!

  へなちょこおやじの愉快な入院日記!

    ~仕事ばかりしてちゃ、ダ眼よっ!~ その6


12月13日(水)


 夜中の事件で、みなさんお寝坊と思いきや、全てはいつも通り、俺は俺で、リレハンメルオリンピック団体銀メダルの葛西選手でお目覚め!う~ん今日も胸が痛い! これってスイカップのお姉ちゃんはどうするんだろう?

真剣に余計な心配をしつつも、今日は唯一まともな会話が出来たO崎さんの退院と、寝てばかりいたW辺さんの転科の日です。(糖尿病の階に移るんだって)

それに今日は朝からショックな事が! いつも朝の回診はY田先生なんだが、今日はK方先生だった。術後のチェックらしい。結果として、思いのほか回復状態がいいらしく、早めの退院を決めるかも知れないと言われた。俺様はすかさず、完治してないのに出さないでくれ~っとお願いした。だって独り身なんだし、家で安静になんかしてらんないし、仕事も出来ないならヤダヨ。ここにいた方が、三食昼寝付きだし、楽なんだもんね! 

何か刑務所で刑期を終えた受刑者が、出所しても仕事ないし、身寄りもないので、また悪さして、戻ってくるのと同じ心境かな。気持ちがわかったような気がする。

でも病院も、回転をよくして、新しい患者を入れた方がいいんだろうね。牛丼屋みたいに食ったら早く出ろってか?さみしーい。

それはさておき、O崎さんとW辺さんに別れを告げるやいなや、新人さんのお迎えのため、ベッドメイクのおばちゃん(失礼!元おねえさま)が早速準備に取りかかる。手際がいいね。今度はもう少し若い人が入って来ないかな? 病気より、コミュニケーションで疲れるよ。

爺さん達は普段通り好き放題やってりゃいいけど、一応おいらとしては、親父以上の歳でもあるし、敬意を払いつつ接しなきゃいかんので、結構疲れるのよ。ほんまに。

別の病室は若いのがいるのに、何で俺の部屋は爺さんばっかなのかなぁ~?若い看護婦から見ると、俺も爺さんの仲間にみえるのかなぁ~?まだ頭に毛もあるし、まっすぐ立ってるし、まだまだ現役してると思うんだけどな?と思う間もなく(結構思った。)、直ぐに新入りのご到着。

今度もまたまた期待を外してくれました。78歳のM山さん白内障。76歳のH葉さん白内障。H葉さんは奥様を連れてのご入院。一緒に泊まるんだって。

新しい方の入院の段取りも済み、しばらくして、私が廊下のベンチでくつろいでいると、息子のような私にH葉さんの奥様が声をかけてきて、「も~!うちの人は一人で何にもできないんだから・・・」とぼやいておりましたが、昭和一桁生まれの男性はそういうもんなんですよ。そういう時代を生きてきたんだから。素直に奥様に「付いて来てくれ」と言うだけ、旦那は偉いと思いましたね。余生を仲良く暮してね!

その夜は、明日、24(ツゥエンティーフォーと読みます)のDVDを返さなきゃいけないので、がんばって一気に4話見て、12時半就寝。


12月14日(木)


 今朝はうーん、ネタがなくなってきた。とにかく6時に起きた。

今日は総回診の日なんだそうだ。朝から病院側がそわそわしている感じ。聞くと、眼科医長が全入院患者を診るんだそうだ。各自順番に呼ばれ診察室に入って行く。何か面接試験に臨むような感じだぜ! でも、回診って言うのは、回って診察するって事じゃなかったっけか? 何か偉っそうな感じ。

ブツブツ思いながらも俺様の順番が来ちゃった。ニコニコ中に入ると、スゲー! 担当医から助手から学生から、いっぱいいるじゃないか。

ちなみに親分はN田K二教授といって、病院のホームページで見た時、どうせ若い頃の写真を載せてるんだろう、としか思わなかったけど、本物もスゲー若かった。43歳らしい。たいしたもんだね!

診察は担当医の説明を受けながら教授が診てた。何か担当医の査定をやっているような印象もあったな。流れ作業で学生達にも診せてた。要するにモルモット状態かな。まっ日本の将来を担う若者達に協力しよう!

ちなみにあとで、いつも診察してもらっているY田先生に「眼科の先生ってなんでこんなに若け~もんばっかりなんだ?」って聞いたら、「ある程度したらみんな独立開業しちゃうんですよ」だって。なるほど儲かりそうだもんな。いいなぁ~! 将来、君もY田眼科医院の院長さんだ!応援してるぜ! でも、もうちっと押しを強くした方がいいよ。(余計なお世話でした)

そうこうしているうちに、日も暮れ(早え~)今日、会社のT君が持ってきた24の続きは、まだ新作のため土曜日までに返さなきゃいけないらしいので、今晩もがんばって見ることになりました。今度は右眼がいっちゃうかも? お休みなさい。

おっと大変なことを忘れていた。あのブッチャーことA部さんが、今日退院したんだった。奥様も来ておりましたが、美女と野獣ではなかったかな?お騒がせな爺さまでしたが、奥様には黙っててあげるよ! 

代わりに入所されたのはS木さん70歳位かな、あまり私に愛想がよくないので、よく解りませんが、白内障かな。昨日入ったお二方と一緒に明日手術するらしい。聞き耳たててると、三人共、もう二回目なんたって。大変ですな! 今度こそお休み

つづく...

« へなちょこおやじの入院日記 その5 | トップページ | へなちょこおやじの入院日記 その7 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541161/47000633

この記事へのトラックバック一覧です: へなちょこおやじの入院日記 その6:

« へなちょこおやじの入院日記 その5 | トップページ | へなちょこおやじの入院日記 その7 »