2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブックマーク

  • 下手の横好き:源流釣
    北信濃のテンカラ師、寅さんのブログ。渓食の腕前はプロ級。頼りになる釣り師です。
  • へなちょこおやじのおもしろ日記
    へなちょこおやじが網膜剥離で入院していたときの壮絶な闘病日記です。是非ご覧あれ。
  • 山と溪を旅して
    へなちょこおやじがブログに興味を持つ切っ掛けとなった、こよなく山を愛する憧れの税理士先生のブログです。
無料ブログはココログ

« らしい渓流 | トップページ | 折角の休みだから »

2010年6月 6日 (日)

地図にない溪

今回は広島着任の挨拶廻りをしていた時に同じ趣味だと知って、仕事そっちのけで話が弾んだU原先生とご一緒に広島県最北部、島根県との県境、比婆山麓の名もない溪に行ってきました。

実は前回のブログで期待混じりに「いいとこ連れてって下さい」とお願いしたところ、ブログを見た先生から本当にオファーがあり、今回の釣行が実現しました。ありがとうございます。

朝4時。先生の3000cc水平対向6気筒レガシーツーリングワゴンで朝日が昇る中国自動車道を快適に北東に走り、約2時間。目的の溪に到着。

P6050478 早速支度をして入溪。先生はルアー。おいらは餌釣りです。毎度思う事ですが、ルアーやフライの人達はファッションが垢抜けてますね。

ここは木々の生い茂るゴギの溪。どんどん奥に進みます。

P6050479














良さそうなポイントを探し、川ばかりを見ていましたが、見上げるとブナの木々が木漏れ日と青空のコントラストに綺麗に映えていました。

これからどんな溪相になっていくのか、ワクワクです。


P6050480




早速ルアーを振る先生。こんな小さな落ち込みでも正確にミノーを投げ込んでいます。

おいらと同じ歳ですがアウトドア派の先生の溪歴は長く、趣味が高じて家までログハウスにしちゃったそうです。

ちょっとピントが甘かったな。



こちらはなぜかタカハヤばかり釣り上げてます。先生曰く、こんな事は初めてだとの事。餌釣りだと何でもきちゃうのかもね?

P6050481



その後も丹念に竿を出し続け、ようやく本日の目的である天然ゴギが掛かりました。

オチビチャンです。

この地域はゴギの繁殖に熱心で、おかげで?日釣り券が3,150円もするんです。種の保存にもお金かかるんですね。




P6050488






溪を遡るにつれタカハヤが減り、徐々にゴギのサイズも大きくなってきました。今度は趣向を変え、先生の網でパチリ!20㎝かな?

こっちの網で撮った方が見栄えが良いですね。








P6050483








釣れたのはこんな淵です。木が鬱そうとしていて段々秘境のイメージが濃くなってきました。









P6050490







しばらく進むと前方に一条の滝を発見!ますますテンションが上がります。









近寄ってみると三段の綺麗な滝です。奥の滝は落差10mぐらいでしょうか?
滝壺に入ってみると左からもう一条の滝が見え、二条となって流れ落ちていました。

ここで、餌、ルアーの両方でチャレンジしましたがアタリなく、先生も写真撮影モードに変更。

P6050494_6 P6050508_7

P6050510






















見上げると滝の落ち口にデーンとでかい岩が塞ぐチョックストン型の滝でした。

さすがにここを直登りするわけに行かず、右側の左岸を高巻く事に。

(山用語で川は上流から見た方向で判断するため、下から見て右側が左岸となります。右と左の言い方が逆になります。)








P6050513_3




釣り師の性で、危険を冒してでも登った先にはきっとパラダイスがあるものと信じていつも行っちゃいたくなるんです。しかも今日は二人、心強いです。

そんなことで急な斜面をへいこら藪こぎしながら、何とか登り切り滝の上から覗き込んだ景色がこれです。









P6050515








早速ルアーを振る先生。様になってますね。

やはり源流に近づく程魚影は濃くなり、小振りながらもヒットが続きます。









P6050526




そして遂に本日満足の良型ゴギをゲット!

先生がルアーでチャレンジしたところ、追いかけてくる良型のゴギを確認。

親切にビジターのおいらに譲ってくれて、餌で釣り上げました。

P6050538












25㎝ですが体高のある久々に太ったゴギで重かったです。

やっぱりこれくらいの型が釣れると良い気分です!

今日はここで納竿です。

P6050541_3





先生の計画では滝まで釣り上がり、昼頃飯食って帰る予定でしたが、わがままなおいらのせいで、昼飯抜きで、もう3時になっちゃいました。

さすがに腹減ったので、帰りに近くの県民の森に立ち寄り遅い昼食。

時間も時間なので誰も客はおらず、一人腰の曲がったおばあさんが厨房で片付けをしてるところでしたが快く迎え入れてくれて、普通の山菜うどんを注文。なぜか(失礼!)旨かった~。先生はそれに香茸おむすびと言うものを注文。少し分けてもらいましたが、こちらも旨かったです。



今回も快晴の空の元、楽しく自然と遊ばせていただき、おかげでストレス解消できました。

連れて行っていただいたU原先生には何から何まで感謝!感謝!です。

またご一緒出来る機会があれば是非、これに懲りずに誘って下さい。ありがとうございました。

« らしい渓流 | トップページ | 折角の休みだから »

渓流釣り」カテゴリの記事

コメント

ありゃ?病院抜け出しました?

お元気そうですね。安心しました。こちらは新たに付き合っていただける先生を見つけました。

8月の禁漁まで、あと何回行けるか解りませんが、納得の溪を見つけるまでがんばります。

何せ一人者ですから...

良型のゴギではありませんか?

やはり溪は山岳渓流に限りますな。
今年は探索の1年、良い溪との出合いを楽しんで下さいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541161/48551455

この記事へのトラックバック一覧です: 地図にない溪:

« らしい渓流 | トップページ | 折角の休みだから »