2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブックマーク

  • 下手の横好き:源流釣
    北信濃のテンカラ師、寅さんのブログ。渓食の腕前はプロ級。頼りになる釣り師です。
  • へなちょこおやじのおもしろ日記
    へなちょこおやじが網膜剥離で入院していたときの壮絶な闘病日記です。是非ご覧あれ。
  • 山と溪を旅して
    へなちょこおやじがブログに興味を持つ切っ掛けとなった、こよなく山を愛する憧れの税理士先生のブログです。
無料ブログはココログ

« 国道脇の溪 | トップページ | お気に入り再び »

2010年8月15日 (日)

溪泊短小

待ちに待った夏休み。高崎先生とご一緒に一泊一日で山梨県の溪に行ってきました。

当日は関東地方は直撃を免れたものの、台風4号の影響で時々雨の降るちょっと心配な天気の中、今回は前泊宴会して翌日朝から釣り始めようという計画です。

夕方6時半先生の自宅を出発。中央高速の某ICを降り、目的の山に向って真っ暗な林道をウネウネ登って行くと道路脇に煌々と明るい場所を発見!

8122
そうなんです。昨年の8月「初体験 野営釣行」でご一緒した通称熊さんが先行して釣りした後、既に火を熾して野営の準備をして待ってるではありませんか。

去年同様、熊さんのプロ並みの野営グッズと先生の手慣れた調理でおいらは快適に野営が楽しめます。今年もおいらはただ飲んで食うだけ。恐縮です。







8121_3



早速、みんな頭にヘッドライトを付け宴会突入。でも頭のデカイおいらは締め付けられる感じがどうでも嫌で外しちゃいました。不便な頭です。

まずは何故かいなだの刺身に豆腐の深谷ネギラー油がけに始まり、焼鳥、ヤマメ塩焼き、漬け物...





ビールが旨い!やっぱ自然の中で飲むのは最高~!〆はデカイ鍋が登場してパスタです。ほんとに熊さんのジムニーはドラえもんのポケットのように何でも出てきます。

8121 8122_3

そして本日の真打ち登場!

出てきたのは何と尺一寸(約33㎝)岩魚です。

今日の夕まずめに堰堤上から釣り上げたそうです。他にもいっぱいいたとのこと。

おらも明日行こうっと。8123

今回は燻製にして食すつもりで、燻製器を取り出し、一晩掛けて燻します。ほんとに何でも出てきますね。但しデカ過ぎて真っ直ぐに入らず、曲げて入れる羽目になっちゃいました。

8126

明日を楽しみにシュラフに潜り込み星空を見上げると木々の間から流れ星が見えました。

8127_3 8128_3

8129 翌朝、満を持して燻製器の蓋を開けてみると...

曲がった岩魚の燻製の出来上がりです。いかつい顔がおいらを睨んでいるように見え、恨めしそうです。

後で美味しくいただいてあげるから待ってて下さいね。








そんなことで、簡単に朝食を済ませた後、いよいよ釣りに出発。熊さんと別れ、先生とご一緒に上流を遡行する事となりました。

車でしばらく登り、溪に降り立つと、涼しげな風と共に段々闘志が湧いてきました。

おらもデカイの釣ったるでぇ~!

先生のフライさばきも鮮やかに順調に登っていきます。

81210

ここは、雑魚はあまり居ませんが、本命もなかなか釣れません。やっぱ競争率が高く、スレたやつが多いんだろうね。

ようやくおいらの餌にきたヤマメです。チョット小さいけど、天然ピンシャンです。

81211 81212

この後もあまりパットせず、オチビちゃんばかり、せっかく釣った良型岩魚は落っことすなど、良いとこなしのままお昼になっちゃいました。

もといた場所に戻り、待望のランチタイムです。

まずは岩魚の燻製!

81213

旨めぇ~!燻製は初めて食ったけど、香ばしい香りとサクッとした食感が最高~!いいっすね。上半身は先生が食べちゃいました。

それとステーキを焼いて、ビール飲んで、最後は溪食の定番そうめんです。茹でた後、熊さんのスペシャルクーラーボックスに残った冷た~い氷水で冷やして食します。これまた旨めぇ~!

81214_7

81215_2

何だか食ってばっかりだけど、これが一番の楽しみ。今回は野営溪食:釣りの割合は8:2ぐらいでしょうかね。この後先生はお昼寝、おいらは熊さんと一緒に昨日大物釣った堰堤へ再チャレンジしに向いました。

81216

現場に着いて早速糸を垂らす熊さん。この後下に降り、岩のえぐれの下に尺はあろうかと思われる岩魚を2尾も見つけるも、まだ時間が早いせいか鼻っ柱に餌を持って行っても興味を示してくれません。2時間ぐらい何度も繰り返し粘りましたが食ってくれません。昨日の仲間が燻製にされた恨みでしょうかね。

これが潮時と思い納竿としました。

チョット残念な気持ちに引きずられながら戻ると先生はまだ寝てました。

今回も去年に引き続きまたお客さん状態でしたが、楽しく過ごさせていただいた先生と熊さんに感謝、感謝です。ありがとうございました。また来年も連れてって下さい。

« 国道脇の溪 | トップページ | お気に入り再び »

渓流釣り」カテゴリの記事

コメント

失礼いたしました。メール届いてました。

追ってお楽しみを!しば~らくお待ち下さい。

個人情報をメールしましたが、届いたでしょうか?

山のプロ、熊さんには敬服しました。

また来年ご一緒できることを楽しみにしています。

岩魚の燻製旨かったです。

ありがとうございました。

こちらこそ大変お世話になりました。

溪泊も2回目になり、要領を得て来ました。この次は

私もサプライズ的な食い物を用意して参加したいです。

ありがとうございました。

P.S. 熊さんの連絡先メールお願いします。

お疲れ様でした!

機会が有れば又御一緒しましょう!

焼酎美味しく頂きました!感謝です。

久しぶりの再会楽しく楽しく過ごせました。
やはり山に入ったら呑むことが一番の楽しみですからね。

釣りはちょっとショボイ釣りになりましたが次回はもっと良い溪をみつくろっておきますね。

来年、丸二日とれれば北アルプスか南アルプスへ釣行したいと思うちょります。

またの再会を楽しみにしております。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541161/49144531

この記事へのトラックバック一覧です: 溪泊短小:

« 国道脇の溪 | トップページ | お気に入り再び »