2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブックマーク

  • 下手の横好き:源流釣
    北信濃のテンカラ師、寅さんのブログ。渓食の腕前はプロ級。頼りになる釣り師です。
  • へなちょこおやじのおもしろ日記
    へなちょこおやじが網膜剥離で入院していたときの壮絶な闘病日記です。是非ご覧あれ。
  • 山と溪を旅して
    へなちょこおやじがブログに興味を持つ切っ掛けとなった、こよなく山を愛する憧れの税理士先生のブログです。
無料ブログはココログ

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月31日 (日)

祝!1ヶ月?

常に流行の先端を行ってるおいらは、世の中のトレンドとして避けて通れないものを感じ始め、何処でけじめを付けようかと自分と葛藤する毎日を送ってきたが、遂にその日が来た!

10月1日からの「たばこ増税」だ!

T1_3

T2_5



















JT日本たばこ産業の資料を見ていると、改めておいらは今まで何十年も大きく国に貢献していた事が解ったが、同時に何にもお礼や感謝されたことがない事も解った。

お金を払っているのに誰にも感謝されず、おまけに最近の嫌煙運動のせいもあり肩身の狭い思いを強いられる始末。

国鉄精算事業団の利払いにも使われているのに、JRは喫煙者を優遇するどころか、喫煙所や喫煙車がどんどん無くなって行く。いいとこ全くなしです。

でもおいらは「体に悪いと解っていながらタバコを辞めない強い意志」のもと、約35年間も吸い続けて来たんです。

若い頃は大人への憧れや格好良さからはじまり、次第に生活に深く染みついて来て、何事も一服から始まるようになって来るまでになりました。麻薬です。

今までに払った金額を計算してみると、

吸い始めた頃はセブンスターが100円だったので、平均250円として、

250円/日×35年(365日×35年)=約320万円!

税額は平均して約60%だから、約192万円の納税をした事になります。う~ん?微妙な数字ですが、少なくとも非喫煙者はゼロですからやっぱり貢献度は大きいのですよ。

そんなおいらが一大決心をして

T3 しました。

今日めでたく1ヶ月が経過し、ようやく本物感が出て来たので報告する事にしました。

10月1日に公言しなかったのは自信がなかったからなんです。

しかし、例によって問題が発生してきました。タバコを辞めた事で飯が旨くなったと言った感覚はあまり無いのですが、やはり口寂しく、ガムやクールミントを常用するようになったせいか太っちゃいました。

折しも急激な気候の変化で夏から秋を飛び越していきなり冬になっちゃったような気温の変化でスーツも夏物から合い物に衣替えをしようとズボンを履いたらお腹が締まりません。えらいこっちゃです。

一難去ってまた一難といったとこでしょうか?糖分ゼロといった食べ物でも、よく考えてみるとカロリーはしっかりあったりして。

今度はダイエットに悩む日々です。

P.S.

この週末は久しぶりにU原先生と流川へお出かけ。以前行った同じコースで三件のハシゴ酒。

で、前回気になってた三件目のチョット小汚い感じの渋いラーメン屋なのか居酒屋なのか旨かった覚えがあったのでまた連れてってもらいました。

1029110292

10293 流川からちょっと離れているため知る人ぞ知るといった感じのお店ですが、深夜にもかかわらず満席。やっぱ何かしら人気の秘密があるんだと思います。いつもラーメンしか食ったことが無いのですが、今度はもっと早めに来ていろいろ試してみたいです。

ちなみに肝心のラーメンの写真がブレて見にくいですが、焼豚がトロけるこってり系の醤油味で飲んだ後にはサイコー!です。

2010年10月24日 (日)

暇で~す。その②

8月のある平日。人間ドッグでお休み。でも早く終わったので、呉にある大和ミュージアムに行ってきました。

Kure1 めちゃめちゃ暑い炎天下の中、行きは広島からバスに乗り約40分。JR呉駅に到着。ショッピングセンターを通り抜け、出てきたとこにいきなり潜水艦がド~ン!











Kure2_2 そして正面に大和ミュージアムが見えます。平日のせいか人が少ないように思えます。
















入場料は500円。涼しいし、男の子としてはやっぱ興味あるし、ちょっとワクワクで入館しました。

いきなりド~ン!戦艦大和の10分の1の模型が圧巻です。

Kure3 

こっちは大和らしい艦橋

Kure4

沈没地点の再現模型です。

Kure7

零戦です。後で読んだ百田尚樹著の「永遠のゼロ」のせいかもう一度見たくなりました。

Kure5

Kure8

次はとなりにある「てつのくじら館」に行ってみました。こちらは入場無料で外に平成16年まで現役の本物の潜水艦あさしおが展示してあり、こちらも見応えありました。

Kure89jpg

内部も公開してあり、これは操縦席です。

Kure6

発令所と潜望鏡のアップです。

Kure10

Kure11














こちらも見応えあり、元自衛官の人達が多分ボランティアで説明員をしているようで、一つ質問すると10倍位返事が返ってきました。

どちらも思いつきで観光気分で行ってしまいましたが、次回はもう少し勉強してから行くともっと楽しめる感じでした。

帰りはJR呉線に乗りました。単線でしたが、海岸線を気持ち良く走り帰途につきました。

Kure12

今回は暇シリーズとして、以前撮りおいていた未公開写真を掲示してみました。

暇で~す。その①

禁漁になってからは休みの日にする事もなく、先週は良い天気だったので近所を自転車でウロウロと探検しながら太田川放水路に行ってみると、ハゼ釣りをしている人達を発見!

10171_2

10172

















ここは汽水域で禁漁と関係ないんだ。っと勝手に思い、おいらもやってみようと家に戻って釣り道具を取ってきました。

10173 さて?どうやって釣るのかな?みんな餌を付けて投げてるみたいだけど、そんなもの持ってないし、仕方なくルアーを飛ばして遊んでみます。

何度も何度も繰り返しましたがぜ~んぜん釣れません。

目の前を40~50㎝はあろうかというボラが悠々と泳いでいます。



後で調べてみましたがボラはルアーでは釣れないみたいですね。かといって道具を揃えるほどでもないし、まっ!暇つぶしのアイテムが増えたと言うことで...

10242

今週の日曜日は久しぶりの雨。今日は何をしようかと言うことで、以前仕事で松江に行く途中に寄った映画「砂の器」の撮影に使われた駅などをご紹介します。

ご存じの方も多いと思いますが、原作は松本清張で監督は野村芳太郎。1974年公開の映画です。おいらは映画は観たことありませんが、レンタルビデオが流行りだした頃、借りて観て、えらく感動し、以後、松本清張や野村芳太郎監督作品のファンになった思い出の映画です。

出張で広島から松江に行くために地図を改めて見ていると道中にJR木次線の亀嵩駅を発見!中国自動車道庄原ICから以前U原先生に連れてってもらった比婆山麓西城川上流を国道沿いにさらに北上し奥出雲おろちループを経て寄ってみました。

木次線トロッコ列車奥出雲おろち号がゆっくり登って行きます。これから紅葉のシーズンには賑わうみたいです。

10247

続いて映画の中での亀嵩駅です。

10244_2 10243_2

そして現在の姿です。ここは八川という駅なんですよ。

10245

本当の亀嵩駅はこちら。

10246

映画を観たことない人はつまんないでしょうが、ご勘弁を。暇で~す!

2010年10月18日 (月)

山でのんびり暮らしたい!

10月の三連休。高崎先生に紹介された尺上イワナいっぱいのブログ「いい釣夢気分」の記事にあった丹沢の溪に行ってみようと帰省するも、あいにくの雨模様で戦意消失。

と言うことで今シーズンは〆の釣りが出来ないままほんとうに終わってしまいました。

でも今シーズンは突然の転勤のおかげ?もあり、思いもしなかった中国地方でゴギやアマゴに出会えたし、それなりに楽しめたシーズンでした。

これからオフシーズンになるわけですが、もっともっと楽しみを持続させたいおいらは最近特に現実逃避から、山で釣りをしながらのんびり暮らしてみたいという気持ちがますます大きくなってきました。

P5030331_31_2

しかし、何にも出来ません。元々変な潔癖性でアウトドアとは対局に位置し、都会に住み慣れたダンディーなおいらは実際は暮らすなんてきっと無理です。

でも憧れというか夢というか、それを実現させるべく妄想だけがどんどん膨らんでいきます。

P50303271

そこで、どうやって生計を立てるか?これが一番の問題です。取り敢えず山荘は手に入れることが出来ても、毎日遊んでは暮らせないよね。

その1 ネットで商売。 これが一番いいけど、何して良いか解りません。

その2 執筆活動。  目指せ作家! 目指せ印税生活! 天文学的に無理です。

その3 宿泊施設として運営。  自分が遊べなくなるし面倒。

その4 そば屋を経営。  山形の肉そばを出せるならやってみたいな?  

どれも難しいけど、最大の難関は奥方の理解を得られるかどうかということかな?

歳をとってから不便な山奥に住みたいはずないよね。

悩みは定年まで続くのでしょうか?どなたか良いアイデアないっすかね?

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »