2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブックマーク

  • 下手の横好き:源流釣
    北信濃のテンカラ師、寅さんのブログ。渓食の腕前はプロ級。頼りになる釣り師です。
  • へなちょこおやじのおもしろ日記
    へなちょこおやじが網膜剥離で入院していたときの壮絶な闘病日記です。是非ご覧あれ。
  • 山と溪を旅して
    へなちょこおやじがブログに興味を持つ切っ掛けとなった、こよなく山を愛する憧れの税理士先生のブログです。
無料ブログはココログ

« 疲労困憊のち快感のち極楽 | トップページ | お疲れ探検釣行 »

2011年5月22日 (日)

温泉付き溪ふたたび

先週はヘロヘロになりながらもどうにか最後に釣れる溪を見付け、おまけに温泉にまで浸かって極楽気分で帰ってきましたが、今週はその溪を朝から攻めてみようと再び行ってきました。

いつも通り西K君の愛車デュアリスで快調に飛ばし、YG鼻と言う大きな岩山を見てSM川沿いの県道を進み最奥の通行止め箇所に着いたのは朝7時、

Photo_6

案の定たくさんの車が停まっています。でも今回はあんまり心配してません。というのもほとんどが山菜採りの車なんですよ。今日は林道の終点まで歩いて、そこから奥の溪を探検する予定です。

Photo_2

トコトコ歩いていくと、先週最後に爆釣した淵への降り道まで来ました。ここから川通しで遡行するつもりです。でも、やっぱりチョットやってみたくなり竿を出してみました。が1尾しか釣れず、早々に切り上げ川を渡り始めますが、相変わらず増水しておりあえなく途中で断念。

仕方なく林道に戻りさらに上流の降り道を探します。この辺はそんなに険しい山間部ではありませんが、川は切り込まれたゴルジュのような断崖となっているところが多く、ロープを使って垂直懸垂でもしないと降りられません。今は体力と落っこちたらまだ寒いのでやめとときます。きっと大物がいるんだろうな。

Photo_7 しばらく進んでようやく見付けた道を降りていくとそこには大きな堰堤がありました。















堰堤の下の溜まりは飛沫が強くビショ濡れになりそうなので、その下流でやってみたところいきなりヒット!しかも26㎝の体高のある岩魚。やりました西K君!

Photo_33Photo_34   

ここは結構開けた淵だったので続けてフライに挑戦してみることに。しかし全くアタリ無し。

Photo_12Photo_13

その後堰堤をよじ登り、川通しでポイントを見付けては竿を出すとほとんどの場所でヒット!しかもどれも25㎝クラスの良型です。

Photo_14Photo_15Photo_16Photo_17

この調子ならきっとどこかに尺オーバーの岩魚いるはず。今日はラッキーデーになるかも?と期待を膨らませ更に進むと何やら開けた場所に建つ小屋を発見。

ぼろぼろな感じですが地図で見ると吉ケ平山荘らしいです。きっと冬の間は休業になっているのでしょうね。これから整備するのかな?

Photo_18Photo_19

その先で林道は終点になりますが、そこには「新潟森林浴の森百選」と書かれた柱と「奥早出粟守門県立自然公園」と書かれた看板があり、かつては山越えの基地として栄えたところと書いてありました。その奥に見えるのは工事中?の大きな堰堤。さらに遠くに見えるのが守門岳だと思います。

森林浴だの自然公園と書いてある直ぐ奥に人工的な構造物があるのはいただけませんね。

Photo_21

この堰堤の先をさらに進むとまた小さな堰堤があり、取り敢えずここで竿を出してみます。

Photo_22Photo_24

この先に行くには登山道を高巻きしなければならず、だんだんしんどくなって来たのでここで引き返すことにしました。途中で最初にやった淵に再び夕まずめ狙いで入り、西K君が3尾釣り上げました。相性が良いようです。ここを「西K淵」と名付けましょう。

最後に気になってた橋が見えたので寄ってみましたが、降りられる場所が見つからず竿は出せませんでした。

Photo_28 Photo_31

今日は二人で20尾は釣れたでしょうか?しかも良型ばかり。良い思いさせてもらいましたよ。

そして先週に引き続き〆はまたまた温泉です。このパターンは最高ですね!

Photo_29Photo_30

尺岩魚には出会えませんでしたが、「釣りした」感はありましたよ。次回は違う温泉付き溪を探しに行ってみたいです。

« 疲労困憊のち快感のち極楽 | トップページ | お疲れ探検釣行 »

渓流釣り」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。

今一つ山岳渓流チックではありませんが、よく釣れるので気に入っちゃいました。

アフターで温泉に浸かれるのも最高です。

もっといいとこありそうですよ。是非一度お越し下さい。

今は行きつけの居酒屋探しの毎日です。

ご無沙汰です
忙しくて3週間ほどブログから遠ざかっておりやした

もちろん釣りなんて行けるはずもありません

やっぱり新潟の渓はええですなあ
ここならイワナも刺身で食えるでしょうね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541161/51733046

この記事へのトラックバック一覧です: 温泉付き溪ふたたび:

« 疲労困憊のち快感のち極楽 | トップページ | お疲れ探検釣行 »