2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブックマーク

  • 下手の横好き:源流釣
    北信濃のテンカラ師、寅さんのブログ。渓食の腕前はプロ級。頼りになる釣り師です。
  • へなちょこおやじのおもしろ日記
    へなちょこおやじが網膜剥離で入院していたときの壮絶な闘病日記です。是非ご覧あれ。
  • 山と溪を旅して
    へなちょこおやじがブログに興味を持つ切っ掛けとなった、こよなく山を愛する憧れの税理士先生のブログです。
無料ブログはココログ

« 病気ですね | トップページ | お疲れ様&ありがとうございました »

2011年9月19日 (月)

久しぶりの溪

この三連休。東京に帰省し丹沢の溪に行ってきました。

東京にいた頃は散々通った勝手知ったる溪。この前の台風12号で下流にある管理釣り場は大水に見舞われ被害があったようですが、魚止橋から上の源流域は所々山道が崩れ手ましたが意外と溪は平和な状態でした。

山道から覗いた丸太橋があった付近。ここは以前、樹木で下が見えない状態でしたがここの岩盤が崩れたようで下が丸見えの絶壁となってました。お~恐!

Photo

この先しばらく溪沿いに歩くと開けた雷平に到着。

Photo_2

日本100名瀑の大滝へは左に進みますが、今日は雷滝の上を目指し右に進みます。ここからは落差の大きな滝だらけの溪となります。

雷滝手前の山を見上げると、崖の崩壊がかなり進んでいました。

Photo_3

そして雷滝。朝日の差し込みが綺麗です。

Photo_4

今日はここまで先行者があった事もありますが魚影は薄く、雷滝を高巻いてようやく丹沢イワナにご対面。20センチぐらいのオチビチャンですが満足です。

Photo_5

ここの溪相はおいらの溪の定義。「渓流とはこういうものだ」と刷り込まれた景色です。

Photo_6

Photo_7

この先通称バケモノ滝(ピンボケです)を見て二股に戻り、快晴の空のもとカサギ沢に進みますが、山の崩壊は進んでますね。

Photo_8

Photo_9

滑滝が見えてきました。この脇を登ってまだまだ続きますがそろそろ帰る時間です。

Photo_10

また今度来よっと!ここは10月15日までが漁期なんですよ。

帰りのおっかない山道を登って、見付けたでかいキノコ。これって食えるんでしょうかね?

Photo_11

今日は半分観光気分の釣りで、まともなのは写真の1尾のみでした。

でもやっぱり古里に帰ってきたような気分で満足の一日でした。

この次の三連休は再び新潟の溪で〆をしたいと思っています。

« 病気ですね | トップページ | お疲れ様&ありがとうございました »

渓流釣り」カテゴリの記事

コメント

早戸の源流はNさんにとって癒しの渓なんですね。
実は僕は雷滝の上は詰めたことがないんです。
初めて見る渓の画像、これはまさにイワナしか生息できない峪
山ビルの猛攻にもめげずに通い詰めるNさんの気持ちが初めて理解できました。
無垢なネイティブに出会えてホントに良かったですね。

来年は9月の3連休、是非とも黒部に行きませんか?

ちなみにこのキノコはタマゴタケです。
パスタの具に、ホイル焼きに、炒め物に美味しいですよ。
猛毒のベニテングタケに似ているのでくれぐれも気を付けて下さいね。

タマゴタケは傘の裏も柄も黄色、
猛毒のベニテングタケは傘の裏と柄が白色なので見分けはつけやすいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541161/52776625

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの溪:

« 病気ですね | トップページ | お疲れ様&ありがとうございました »