2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブックマーク

  • 下手の横好き:源流釣
    北信濃のテンカラ師、寅さんのブログ。渓食の腕前はプロ級。頼りになる釣り師です。
  • へなちょこおやじのおもしろ日記
    へなちょこおやじが網膜剥離で入院していたときの壮絶な闘病日記です。是非ご覧あれ。
  • 山と溪を旅して
    へなちょこおやじがブログに興味を持つ切っ掛けとなった、こよなく山を愛する憧れの税理士先生のブログです。
無料ブログはココログ

« 潜水艦岩魚は何処に | トップページ | SL初秋体験号に乗る »

2011年9月 3日 (土)

台風12号

を心配していましたが、土曜日の新潟地方はほとんど影響なく?平和に釣りに出掛けることが出来ました。

でも山奥で何かあっても不安なので、あんちょこに入溪出来て、満足の釣果を得られるお気に入りの溪に行ってきました。

現地に着くと雲の流れは速いものの、良い天気です。車がいっぱい停まっていますがほとんどというか全部登山者の車でしょう?

Photo

早速支度してヒュッテ前の看板を見ると台風を心配してか乗り合いタクシーは運休でした。加えて、うれしいことにアブ大量発生の注意書きが無くなってました。

そして直ぐに溪に降り立つと先週よりも心なしか水が減っているようです。ここはちょうど本流と支流の分岐点。

Photo_2

今日は支流を以前行った通らずのゴルジュまで釣り上がり、再び分岐点に戻って今度は本流をダム工事現場まで釣り上がる予定です。

どちらも尺上を釣り上げた実績があり、期待の溪です。

気になっていたアブの襲来もなくなりゆっくり釣り上がりますが、今日は最初に25㎝ウエルカム岩魚が歓迎してくれたものの、その後がパットせず程なく通らずのゴルジュの到着。

ここで折り返し、本流に戻ると、若いフライ釣り師が降りてきました。この溪で他の釣り師に会ったのはこれが初めて。釣果を聞くと、2尾だそうです。

先行者をもろともせずポイントを丹念に探っていくと、小さな淵からポンポン太った良型岩魚がポンポン上がります。やっぱ餌釣りだね。

そして本日の尺上岩魚の登場です。これも見落としそうなチョットした淵から出ました。

Photo_3

生かし魚籠は30㎝。真っ直ぐ入りません。

Photo_4

Photo_5

この後もダム工事による行き止まりの大きな淵で大物狙いで粘りますが、台風の影響でしょうか、時折生暖かい風が吹き抜け、竿を大きく揺らし、主に合うことが出来ませんでした。

でも、楽ちん釣行の割には結構な釣果で満足出来ました。

下界に戻ると何と今日は台風によるフェーン現象で37.5℃だったそうです。道理で山も全然涼しくなかった訳だ。

« 潜水艦岩魚は何処に | トップページ | SL初秋体験号に乗る »

渓流釣り」カテゴリの記事

コメント

胎内もまだまだ釣れますね?
奥胎内はなんか過酷なイメージあるんですがお気楽に入れるんですか?
ヒュッテからどのくらいで川に着くのですか?
ちなみにこちらは長岡市のフライマンです。
良かったメールいただけませんか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541161/52640173

この記事へのトラックバック一覧です: 台風12号:

« 潜水艦岩魚は何処に | トップページ | SL初秋体験号に乗る »