2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブックマーク

  • 下手の横好き:源流釣
    北信濃のテンカラ師、寅さんのブログ。渓食の腕前はプロ級。頼りになる釣り師です。
  • へなちょこおやじのおもしろ日記
    へなちょこおやじが網膜剥離で入院していたときの壮絶な闘病日記です。是非ご覧あれ。
  • 山と溪を旅して
    へなちょこおやじがブログに興味を持つ切っ掛けとなった、こよなく山を愛する憧れの税理士先生のブログです。
無料ブログはココログ

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月11日 (火)

すみません。もう一回行ってきました。

前回、これで終わりと女々しく新潟でのお別れ釣行を書いたばかりでしたが、性懲りもなくこの三連休、東京に戻ってまた行ってきました。

こちらは10月14日までOKなんですよ。そして今シーズン本当に最後の釣行に選んだのは丹沢のKノ川。

懐かしい溪ですが、最後の連休だし入溪者が多く、釣果はあまり期待できないと思い、のんびり本流を下流から入ってゆっくり釣り上がって行くと、案の定先行者がいました。

それでも懐かしい景色を堪能しようと支流のI勢沢に入るとまた途中の滝まで釣り上がる予定の先行者がいたので、失礼してその先まで一気に登り、そこから釣ることにしました。

F

この滝は15m位でしょうか?この右岸の急斜面にお助けロープが張ってあり、それを登ってからの釣行です。

PhotoPhoto_2

ここから先がこの沢のメイン釣り場ですが、今日はミノーのようやオチビチャンばかりでなかなか良型が上がってきません。

まあ予想された事です。今日は大滝見物が目的です。溪相を楽しみながら更に登ります。

途中、前回の台風のせいでしょうか?かなり溪相が変わっているところがある中、丹念に竿を出しますが全然パッとしません。ようやく大滝手前まで来た頃何だか大きなアタリが?

根掛かりかなと思いつつグッと引き上げると何やら大きな物体が上がってきました。

何と尺イワナじゃないですか。やったぜ!やっぱ奥まで来た甲斐がありました。

Photo_3

チョット痩せてますが、凛々しい顔してますね。丹沢イワナです。

Photo_4

今日は半分あきらめモードだったので、メッチャ嬉しいです。

そんなことで更に期待を膨らませつつ大滝下に到着。

奥に見えるのが雄大な大滝です。

Photo_5

毎度の事ながらこの手前の3段の滝を登らないと全容が見えません。ここがやっかいなとこなんですよ。

真夏なら水飛沫を浴びても気持ちいいのですが、さすがに10月です。寒いっす。でもおいらはガッツで登っちゃいました。

Photo_6

そして、これが大滝の全容です。40m位はあります。

Photo_7

近寄って見上げるとこんな感じ、以前はこの上のパラダイスを目指し登ったものですが、若気の至りですね。さすがに今日はやめときました。

Photo_2

この滝壺は落差がありすぎてかあまり釜は深くありませんが、水飛沫がハンパじゃなかったのでその下の落ち込みに竿を出すと泣き尺3連発!やっぱここもパラダイスでした。

Photo

てなことで、今シーズン最後にまた良い思いをさせてもらいました。

これで本当に来年3月までおあずけです。

次回のブログネタは何にしましょうかね?

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »