2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブックマーク

  • 下手の横好き:源流釣
    北信濃のテンカラ師、寅さんのブログ。渓食の腕前はプロ級。頼りになる釣り師です。
  • へなちょこおやじのおもしろ日記
    へなちょこおやじが網膜剥離で入院していたときの壮絶な闘病日記です。是非ご覧あれ。
  • 山と溪を旅して
    へなちょこおやじがブログに興味を持つ切っ掛けとなった、こよなく山を愛する憧れの税理士先生のブログです。
無料ブログはココログ

« 2011年10月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年11月

2011年11月27日 (日)

おっさんの週末

11月も最後の週末。例によってどうやって楽しく過ごそうかとネットで調べていたら、ありましたよ!

「新潟うまさぎっしり博」です。会場は新潟一高いビルのある朱鷺メッセ。ここなら近いぜ!

昼飯にちょうどいいやと自転車でキコキコお出かけ。会場に着くと結構な人だかりで駐車場もいっぱいです。警備の人に自転車置き場を尋ねると「知らん」の一言。仕方なく堂々と会場入口に乗り付けです。自転車で来る奴はほとんどいないんだろうね。

Photo

てなことで、広い会場に入るとテナントがいっぱい!何を食おうかと見廻してると、一番並んでたのがご当地グルメの「村上牛ステーキ丼」でした。さっそくおいらも列に並んで待つこと15分。

Photo_2Photo_3

これが「村上牛ステーキ丼」900円也です。写真とちょっと違う気がするけど、まあいいっか?

肉はまずまずでしたが、ご飯がちょっと冷めてたのが残念。ケチらずに1500円のサーロインステーキ丼にしとけば良かった。

Photo_4

お次は何にしようかな?でもおっさん一人でうろついてる奴は他にいないね。ちょっと寂しい感じ。チラシを見ながら会場をウロウロ。

Photo_5

「のどぐろ炙り丼」なんか食ってみたかったけど、お昼過ぎに完売!残念です。結局柏崎の「鯛茶漬け」500円にしました。

Photo_6

これは結構旨かったよ。呑んだあとなんかには最高ですね。

もうお腹一杯!これ以上食えないし、帰りに予約してあった歯医者に行ったら、歯を抜かれちゃいました。歯肉炎です。今晩ビール呑めないよ...

さて、日曜日はどうしましょ?っとまたネットを見てると「SLばんえつ物語号」が明日で最後らしいので、ちょっと足を伸ばして写真でも撮って来ようとお出かけしてみました。

まず、おいらの高級一部屋マンションから近くの新潟駅を出発するSLを撮って、直ぐに車に飛び乗り追っかけます。また余計な出費です。

Photo_7

次のポイントに行く途中、阿賀野川の土手道から遠くに飯豊山脈が雪を被って綺麗だったのでパチリ!

Photo_8

急いで撮影ポイントを探しますが、よく分からず、新津駅と五泉駅との間の田園地帯を走る姿をパチリ!平地なので煙があまり無いですね。

Photo_9

ほんでもって、またまた車に飛び乗り、次に捕まえたのは五泉駅を過ぎた早出川の鉄橋です。着いたら車から降りる間もなく来ちゃったので、車の中から急いでパチリ!逆光でいまいちです。

Photo_10

さらに追いかけ、走る車の窓からパチリ!ピントも構図もお構いなしです。

Photo_11

ダッシュで追い越し、咲花駅手前のトンネルを出たとこをパチリ!時間の余裕なく、あわてて車を降りて撮ったためピントが...へたくそです。

Photo_12

またまた車に飛び乗り、次は咲花駅を出発するとこをパチリ!車を停めるとこがなく、道に停めたまま急いで土手に登りパチリ!ここは桜のシーズンは凄い人だそうです。

Photo_13

ここで終わりかなと、諦めつつ一服しながら時刻表を見ていると次の津川駅では16分間も停車していることが分かり、ヒョッとして間に合うかも?行っちゃいました。

何とか間に合い、津川駅を出発するシーンが撮れましたが三脚もなく、ズームで撮ったらまたピントが今一です。

Photo_14

それでも何とかそれなりの写真が撮れました。

Photo_15

てなことで、下見も何もせずぶっつけ本番でかっ飛び追っかけやってみましたが、天気も良く、雪もなく気持ちいい一日でした。帰り道またまた飯豊山?が綺麗に見えたのでパチリ!

Photo_16

それにしても、SLは全て以前紹介した事のある、もらったSONYの一眼デジカメで撮りましたが、説明書を良く読んでなかったので使い方が今一わからず、古いせいか一枚撮ったら、次の一枚が撮れるまでのインターバルが長く、その間にSLは行っちゃうし、うまく撮れませんでした。もっと勉強せんとあかんですね。

カメラのせいとは言いませんよ。

Sony1

2011年11月17日 (木)

ちょいと台湾へ

突然ですが、会社のイベントに当たり、ちょいと台湾に行って来ちゃいました。

以前海外旅行に行ったのは1ドル240円の時代。何と27年前です。当然のことながらパスポートはとっくの昔に切れ、一から取り直しです。何だか面倒臭いなぁ~っと思いつつ迎えた先週の金曜日。

何と今回の旅行は台湾現地集合です。英語はおろか北京語など話せるわけもなく、不安で一杯!セルフサービス旅行なんすよ。

とっ、ブツブツ文句を言いながら朝7時半新潟駅からバスで空港へ。しかも何故か成田ではなく中部国際空港セントレアからの出国です。

新潟からは日に一往復しかないプロペラ機でまずは名古屋へGO!

Photo

74人乗りの小さな飛行機です。大丈夫かいな?8時40分発、雨の中全く景色も見えず、セントレア9時45分着です。

そんでもって台湾行きの飛行機は16時50分発。何と空港に7時間も缶詰。まるでトムハンクスの「ターミナル」のような状態です。仕方なく空港内を探検に出掛けます。

朝昼飯食って、喫茶店でビール飲んで、散々金使って広い空港をウロチョロしていい加減疲れた頃に、ひょっとして金払えば例のVIP御用達のラウンジに入れてもらえるんじゃないの?と思いつき、中が何も見えない敷居の高~いドアを勇気を出して開け、受付嬢に聞いてみると、航空券があればゴールドカードがなくても1,500円で入店OKとのこと。しかも生ビールやソフトドリンクやおつまみが飲み食い放題!初めからここに来れば良かったぜ。

てなことで、出発前にしっかり呑んで7時間を潰し、名古屋や松本から集まった仲間と合流しようやく出発。飛行機はキャセイパシフィック台湾経由香港行きです。

Photo_2

残念ながら窓際の席ではありませんでしが、乗ったらいきなり晩飯です。日本語の話せる客室乗務員がおらず、前の列まで「Beef or Chikin?」と聞いていましたが、おいらの席まで来ると何も聞かずに「Beef with rice」を置かれちゃいました。

Photo_3

ご覧の通りご飯はパサパサしてましたが台湾便らしくパイナップルケーキも付いてそれなりに旨かったです。

てなことで、約2時間半、19時20分定刻通り台北空港に到着。結構近いですね。

あっけなく入国審査を通過すると、いきなりでかい貸し切りバスにたった10人で乗り、いざホテルへ

Photo_4

道中は雨の夜と言うこともあって景色もろくに見えず、何処を走っているのかもサッパリ分からないまま約50分でホテルに着くと直ぐに各地から集まった仲間と中華料理屋で晩餐会があり、その後各自勝手に夜の街の探検に出掛けました。

最初に見付けたのはファミマの台湾版。「全家」つまり全部の家族という意味なんでしょうね。分かり易いです。

Photo_5

更に薄暗い道を進んでいくと、何やら地元民が並んでいたお店を見つけ、よく分かりませんでしたが、旨そうなので勇気を出して入ってみたものの、メニューが発音できません。唯一読めた小龍包もきっと発音が違うだろうと、紙に書いて店員に見せると「ショーロンポー」とそのまんまでした。60元(8個)安いね

Photo

更に揚げたパン?をナンのようなもので巻いて食べるものを買って、さっきのまるで愛想の無い店員のいる全家で地元ビールを買って、ホテルの部屋で宴会開始!小龍包はまあまあかな?

結局、この日は自分が何処にいるのか分からないまま、朝から延々飲んだくれてました。

Photo_2

翌朝はホテルのバイキングで朝食を取った後、改めて泊まったホテルを明るいところで見てみました。台北華国大飯店(インペリアルホテル)です。中華料理屋ではありません。

Photo_3

これから観光バスで台北観光です。まず最初に連れて行かれたのは「忠烈祠」というところで衛兵交代式見物です。

Photo_5Photo_6

左右の衛兵が交代します。これに選ばれるのは相当エリートなんだそうですよ。

Photo_7

Photo_8Photo_9

Photo_10Photo_11

この後、近くに寄る事が出来ました。まるで微動だせず、瞬きもしません。大変だね。

昔、日本の修学旅行生がカンチョーして逮捕されたそうです。

Photo_12

次は故宮博物院です。有名な翡翠で作られた白菜の彫刻「翠玉白菜」や豚の角煮に見える「肉形石」などを見て廻りましたが、残念ながら撮影禁止。結構な人だかりでだいぶ並ばされました。

Photo

でも、まぁ~中国人のマナーの悪さが目立ちましたね。平気で人の前に割って入るわ、大声で叫ぶわで、このところの中国バブルのせいで観光客が増え、台湾人も辟易としているようです。「他人の振り見て我が振り直せ」ですね。

次はバスの中から「総統府」を見て

Photo_2

お昼に餃子や小龍包だの何だかんだ食って

Photo_3Photo_4

Photo_5Photo_6

お腹一杯になって、カウントダウン付の変わった信号機見て

Photo_7

次は、龍山寺です。おみくじ引いたけど、何て書いてあるのかよく分からなかった。

Photo_8

そもそも神社仏閣にはまるで興味ありませんが、手を合わせる姿は日本と同じ、何か違和感のない世界がかえって不思議でした。

アンジェラ・アキ似の添乗員からおみくじの内容の説明を聞くと、日本で言う凶みたいなものでした。残念。

ここも20分ぐらいでとっとと引き上げ、次の観光地は「中正記念堂」です。

Photo_9

白いのは全て大理石だそうです。ここにも衛兵がいて、蒋介石の座像が中にありました。

てなことで、訳の分からぬまま定番の観光地をとっとと廻って、バスはホテルに戻り、夜はまたまた中華料理の晩飯でしたが、この後庶民の台所探検に出掛けます。

Photo_19Photo_20

Photo_21Photo_22

ホテルの裏通りをチョットいったとこにある観光客のあまりいない地元の夜市に行ってみました。

雰囲気は良いのですが、所々何と表現していいのやら、兎に角くさい臭いが立ちこめます。その正体がこれだ!臭豆腐だ!

Photo_23

これが45元。日本円にすると約125円。くさいけど、きっと旨いんだろうと期待しつつ食べてみましたが、ビミョーな感じ。各自肝試しで一口ずつ食って、口直しにビールをガボガボ飲んじゃいました。

Photo_5Photo_6

台湾は同じ民族でしかも世界で唯一の親日国家?車は80%は日本車だし、町並みは何処か神田の裏通りと言った感じで違和感をまるで感じないとこ。

時差も1時間。海外旅行をしている気がまったくしない感じがかえっていいのかもね?

翌朝も昨日と同じバイキングの朝食もそこそこに、9時出発。空港までの道はやたら広く更に拡幅工事も行なっており、何だか道だらけって感じ。

もっと天気が良かったらなぁ~

Photo_7Photo_8

Photo_9Photo_10

最後に空港の免税店でお土産買って、台湾元を使い切り、帰りもキャセイパシフィックでセントレアへ。

Photo_13Photo_14

名古屋でまた2時間半待って、新潟へ着いたのは20時半。

斯くして弾丸台湾旅行は終わったのでした。

あ~疲れた

おわり

2011年11月 6日 (日)

晩秋の肉そば

以前、仙台に赴任していた頃、仕事で米沢から山形へ行く途中、立ち寄った南陽市にあるそば屋で初体験した「肉そば」の味が忘れられず、5年の時が過ぎた今、奥方の来訪を期に晩秋の紅葉見物を兼ね、いつも通りレンタカーで片道125㎞。念願の「肉そば」を食いに行って来ました。

新潟から日本海東北自動車道を荒川胎内ICで降り、しばらく小国街道を走り最初に寄ったのは関川の道の駅。早速鮎の塩焼きをいただきました。1尾300円。旨かったよ。

Photo

この辺から道は山の中に入っていきます。更に進むと地図に紅葉の名所として載ってた赤芝峡が見えてきました。今回はいつもの釣り用防水デジカメではなく、以前記事で紹介した事のあるSONYのデジタル一眼で撮ってみました。

Photo

Photo_2

Photo_3

ちょっと紅葉の最盛期は過ぎた感じだったけど、何とかそれなりの気分は味わえましたよ。

てなことで、途中道の駅に寄りながらもいきなり南陽市に到着。以前は無かったバイパスも出来て快適です。

ここが憧れの「みずき庵」です。以前と変わりない今一つパッとしない安っちぃたたずまいです。でも前のまんまでよかった。

Photo_4

着いたのが遅かったけど、中にはいると満席。かろうじてカウンター席を確保。

Photo_5

ちょうど入店が重なったようで、直ぐに出てきたお茶と揚げたそばを食いながら待つ事約20分。

Photo_6

待望の「冷たい肉そば」の登場です。

食い気が先行し、肝心の「冷たい肉そば」のピントが合ってません。見た目はあったかい普通のそばですが、肉は薄くスライスされた鶏肉。スープはとろみがあって手打ちそばとよく絡み合ってメッチャ旨いっす。

Photo_7

これを初めて食ったのは同僚に連れられて吹雪の1月でした。店に入り、勧められるままに「肉そば」を注文。こんな寒い中で食うんだからきっと温かいそばと信じ、出てきたそばを一口食ってビックリ!「冷めてぇ~!」でした。

でも、初めての味にすっかり魅了され、以後この地を仕事で訪れる際は必ず食いに行ってた程です。今回約5年ぶりに行って、同じ場所、同じ味、同じ値段でやってた事にやっぱりそれなりの人気を感じました。

また行きたい!でも、レンタカーで行ってたんじゃコストかかり過ぎだよね。

« 2011年10月 | トップページ | 2012年1月 »