2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブックマーク

  • 下手の横好き:源流釣
    北信濃のテンカラ師、寅さんのブログ。渓食の腕前はプロ級。頼りになる釣り師です。
  • へなちょこおやじのおもしろ日記
    へなちょこおやじが網膜剥離で入院していたときの壮絶な闘病日記です。是非ご覧あれ。
  • 山と溪を旅して
    へなちょこおやじがブログに興味を持つ切っ掛けとなった、こよなく山を愛する憧れの税理士先生のブログです。
無料ブログはココログ

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月30日 (土)

辛抱、我慢の釣りに福来たり!

好天に恵まれたこの土曜日、一週間経った事だし、雪代による増水も減ったかな?ということで同じところに今度は竿まで新調したリッチマンと共にチャレンジしてきました。

朝から天気も良く、きれいな景色を楽しみながら快調に高級外車は進み、現地に6時半到着。でも何やら先週と様子が違います。何と車が先週の倍ぐらい止まってるではありませんか。

今日から登山口までの乗り合いタクシーが運行されることは知ってたので、天気も良いことだし登山好きが堰を切ったように集まってきたんだなと勝手に思い、そそくさと支度をしていつもの沢へ降りてみると、確かに先週より20センチ位は水位も下がり、お目当ての溪に何とか徒渉して入ることが出来ました。

Photo_2

ところがところが、今日は大物釣ってやるぜ!と意気込んで入溪したものの、いつも釣れる淵はおろか、行けども行けども全くアタリがありません。おっかしいなぁ~と思いつつ先を見ると、何と先行者が降りて来るではありませんか。

Photo_3

足跡を気にしながら入ったつもりでしたが不覚でした。何でも栃木から来た若者三人組で、奥まで行ったけど、釣れずに引き返して来たんだそうです。

仕方なく俺達も引き返す事にしましたが、彼らは俺達が先週行った溪に入り直すと言っています。ルール上先行者に優先権があるので文句を言えませんが、あっちに行かれたら、俺達の本日の釣り場がありません。

どうしようかと考えつつ、出会いまで戻ってくると今度は東京から来たという年輩の三人組が上がって来るではありませんか。

Photo_4

渓流のラッシュアワーです。みんな考えることは同じなんですね。でも、何で今日は遠征組が多いのでしょうかね?

それで、さっきの栃木組はサッサと行っちゃうし、年輩東京組は、どうすればいいかを聞いてくるのですが、おいら達も困った状況なのに、他の川を教えても、今からじゃ徒労に終わりそうだし、やさしいおいらは、「ご一緒しますか?」と言うとニコニコ「お願いします」との事。

この段階でおいらは先週山小屋の親父に聞いた上流の入溪点を想像しており、道路に上がって、ここから30~40分ぐらい歩きますと言うと、先に行ってて下さいと言ったきり結局付いて来ませんでした。今日は釣り出来たのかな?

と言うことで何だかんだで、結局上流を目指す事になりましたが、山小屋の親父が、まだ雪渓が多く、釣りはもう少し先かな?っと言っていたし、行ったことないし、不安でしたが仕方ありません。

でも、天気がいいので気持ちはハイキング。ルンルン気分。景色最高!

Photo_5

しばらく行くとダム工事専用の橋に到着。平成31年完成だそうです。完成する前にこの源流部に行ってみたいもんです。

Photo_6

ここから先は未舗装路です。途中慰霊碑もあり、ここを切り開いた先駆者の碑と思いきや、何故か戦時中の陸軍航空隊のパイロットの碑でした。どうしてここにあるのかWebで調べましたが解りませんでした。

Photo_7Photo_8 

もうすぐ目的の入溪点です。最後の橋から下を覗くと雪渓で溪が塞がってます。

やっぱり、まだ時期が早かったか?

Photo_9Photo_10

てなことで、歩くこと約40分?ようやく入溪点に到着し、急坂を降りていくと、こ~んな感じ!なかなかいいじゃん。

Photo_11

取り敢えず、ビールもどきで乾杯!休憩です。

Photo_26

下から遥か上のさっき通った橋を見上げます。

Photo_14

でも、ここでもアタリがありません。更に山小屋の親父に言われた通り、しばらく釣り上がると案の定、雪渓で行く手を阻まれてしまいました。まるでデカイ岩です。

Photo_15

仕方なく、ここも諦めることにしましたが、本日まだ二人ともアタリもなくお魚を拝んでいません。このまま帰るわけにも行かず、再度林道に登り返しますが、ここでトラブル発生!

何とリッチマンの買ったばかりの新品竿が登っている最中に枝に引っ掛かり折れちゃいました。

よい子のみなさん、竿は横着せず、ちゃんとリュックから出ないようにしましょうね。仕方ないので折れた先をリリアンで治してあげました。

そんな訳で釣れもせず踏んだり蹴ったりな状態ですが、まだ10時半。ここは気を静めて再チャレンジです。林道を更に登り、奥へ探検です。

途中、下を見ると、こ~んな大きな雪渓が見えました。

Photo_16

更に、割れてブリッジになってる雪渓も見て取れます。しかし落差が大きくてなかなか降りられる場所が見つかりません。

Photo_17

ようやく降りられそうな場所を見付けて、このブリッジ状の雪渓を下から覗くと、

Photo_18

こ~んな感じ。かろうじてブリッジになってます。因みにこの雪はしっかり固まっており、お遊びで石を投げても跳ね返されるぐらい堅かったですよ。

水は雪解けでメッチャ冷たく、徒渉の度にヒヤ~冷た~い!でも、透明度抜群!

Photo_19

そして、遂にここで本日の初ヒットが出ました。しか~も尺上32センチ!です。やさしい顔してしっかり大きくなってます。メスかな?

Photo_20

Photo_21

残念ながら、釣ったのは竿を折ったリッチマン。おいらは隣で泣き尺です。やっぱここまで来ると釣れますね。今シーズンまだ誰も来てないのかも?

Photo_22

今朝の残念が一気に吹き飛びました。気をよくしたおいら達は、精力的に竿を出しますが、途中の枝沢からは晴天にもかかわらず、奥にある雪渓のせいで冷蔵庫の中のような冷風に身震いするくらいです。

Photo_23

更に本流を進むと程なくまた雪渓に行く手を阻まれ、本日の釣行はこれで納竿です。

Photo_24

帰りは、登山口から乗り合いタクシーで楽ちん帰還でしたが、運転手さんがやたら釣果について質問してくるので、話を聞いてみると、何と朝の客を乗せて登山口まで来て、そのまま着替えて、自分が釣りをしてたみたいです。釣れなかったのはあなたのせいね?

駐車場に戻ると、更に車が増えており、路駐だらけになってました。今までで一番多かったです。みんな何処行ってるんだろうと思って、高級一部屋マンションに帰って調べると、今日はバードウオッチングの会が山小屋であったんだってことを後で知りました。

どおりで人が多い訳だ。

Photo_25

今日は、予定通りに行かず、どうしたものかと思いましたが、結果的に数は釣れなかったものの、少数デカ物で取り敢えず満足の釣りでした。因みにちゃんとリリースしましたよ。

2012年6月23日 (土)

寒みぃ~よぉ~

この土曜日は、リッチな釣り友達と共にドイツ製高級車で、ようやく解放された林道を通って待望のお気に入りの溪に行ってきました。

リッチなお友達はこの日のために昨日ウェーディングシューズ、ウォーターソックス、スパッツ、渓流ズボンを買い揃え、万全の準備です。気になる天気予報は曇りのち晴れ。でもどんよりとした怪しい雲行きです。出発してしばらくバイパスを走ると案の定、雨が降り出しました。目指す山も雨雲の中。先が心配です。

久しぶりの景色を眺めながら高級外車は快適に進み目的の溪に到着。早速霧雨の中、支度をして溪に降りると、こんな時期なのに濁りこそないものの、まだまだ雪代で結構増水しています。どうしたものか迷いましたが、何とか行けるとこまで行ってみようと言うことで、決行!

でも、本流へ行く為に直ぐに渡らなくてはならない川の流れの早さと水量の多さにへなちょこおやじ達はいきなりくじけ、やむなく支流での釣行となりました。

Photo

こちらも増水してましたが、恐る恐る二人でタッグを組み、何度も徒渉しながら釣り上がると、程なく一発目の登場です。しかも結構な良型27センチです。やっぱ良い溪です。

Photo_2

増水で流れが速く、ポイントが掴みづらいのですが、やはり深みの流れの弱くなるところを丹念に探っていくと掛かってきます。この同じポイントで良型を3尾上げました。因みに、この27センチはリッチマンが釣りました。

Photo_11Photo_12    

悔しいので、先行させてもらって夢中になっているとき、フッと気が付くとリッチマンが見当たりません。

ありゃ?流されちゃったかな?と心配になり戻ってみると枝掛かりした仕掛けを直してました。

本人曰わく、「さっきのより明らかにデカイ尺上を釣り上げた際、枝掛かりして、モタモタしている内に針が外れて逃げちゃった..」とのこと。

何とも、羨ましいやら、悔しいやら、胡散臭いやら、残念やら、おいらも今季初の尺上を見てみたかったな。

その後も右岸、左岸と浅いところを選んでは徒渉を繰り返しながら上がって行きますが、雨もシトシト、とにかく寒いっす!

Photo_13Photo_14   

気温は15℃ぐらいでしょうか?おまけに雪代が混じってるせいか水温もメッチャ冷たい。寒さで体がブルブル震えるぐらいです。

おまけに、足下のおぼつかないリッチマンが転んで、ヘッドスライディング。とうとうやっちゃいました。でも、カッパのおかげでズブ濡れにはならなかったので、非情なおいらは釣行を続けます。

途中、去年なかった崖崩れ跡もあり、溪相がチョット変わってましたが、相変わらず良型が出てくれました。

おいらも尺上とおぼしき太っとい奴を落っことしちゃいました。トホホ...です。


Photo_21Photo_22   
その後、とうとういつもの通らずまで行く前に増水で進めなくなり、寒さも手伝い、撤収となりました。

Photo_9

でも、まだお昼前です。本当なら戻ってもう一本行きたいとこですが、次回におあずけとして、最後に、高級山小屋で風呂に入って、食堂でラーメン食って、おやじにこの辺の釣り事情を聞いて、1時半に山を降りました。

帰り道には晴れ間が広がり、恨めしい天気となりましたが、リッチマンは明日、八海山に登山だそうです。不死身です。

2012年6月17日 (日)

曇りのち雨釣行

不本意ながら?お仕事でめっちゃ忙しい日々を過ごしたこの週末、今回はこのブログで知り合ったフライマンさんの高級外車に便乗させてもらい、小さな溪に行ってきました。

日頃の行いのせいもあり、気持ち良く晴れたこの土曜日。と言いたいところですが、あいにくの天気。愚図ついた空に昨日までの晴天はどこに行っちゃったのか?あ~恨めしい...

と言うことで、曇天の中着いたのは、以前奥方と海岸ドライブしたときに通り過ぎた里川でした。

ほとんど河口に近い空き地に車を停め、いざ出発!まだ雨は降ってきていません。

こんな川に溪魚がいるのかな?と思いつつも、歩き出すと直ぐにそれらしい溪に到着。楽ちんです。でも、竹藪が倒れ込み大変なことになってます。

Photo_3

こりゃ釣りになるのな?と思いつつも、しばらく進むと開けてきました。霧雨がかえって幻想的な感じです。

Photo_6

ところでフライマンさんとはメールでの交流はあったものの、初対面。おいらは、さも釣り師的なきゃしゃな感じの人を想像していましたが、お迎えの高級外車から降りてきたのはマッチョな体格の格闘技系のおにいさんじゃありませんか?こりゃ何かあっても安心ですね。

溪の雰囲気を堪能しながら、二人どんどん奥に進みますが、フライでも餌でもほとんどアタリがありません。このところの夏のような晴天でかなり水が減ってるそうです。釣れないのはそのせいにしておきましょう。

本当は華麗な手さばきでポイントを攻めるフライマンのヒットした瞬間を撮りたかったのですが、ダメでした済みません。

おいらもかっこいいフライに興味津々なんですが、やってみたいと思うものの、道具が高い事とウジウジしているうちにいつもシーズンが終わってしまいズルズルと今に至ってます。

この溪で記念写真が撮れたのは、餌にきた20センチ弱のイワナのみ。でも、こんな海抜の低い海に近い川にもいるんですね。

Photo_9

と言うことで、川を移動することにしました。

今度は綺麗な花の咲いた無人駅に車を停め、線路を渡って行きます。

Photo_10Photo_11

藪を掻き分けしばらく進むと ようやく沢に到着。

ここも結構荒れてますね。

Photo_12

さっきより小さな溪です。何とかカッパなしでもっていた天気もいよいよ雨が降り出し、久しぶりにカッパ着用での釣りとなりました。

雨が降り出し活性が高まったのか、アタリが増えてきましたが、でも、ミノーのようなオチビチャンばかり。

ここはヤマメが主の溪のようです。アタリが続く中、良型を求めて更に進むとチョットした滝に行き当たりました。

Photo_15

ここの落ち込みはフライには反応しませんでしたが、餌は次々にヒット!5連チャンぐらいかな?サイズは小振りですが、綺麗なヤマメです。

Photo_16

雨降りの中、時間もありこれ以上奥に行く元気もなく、ここで納竿としました。

今日の探検釣行は釣果こそ今一つでしたが、おいらのへなちょこライブラリーがまた増えました。やっぱり仲間がいると楽しいですね。

フライマンさんありがとうございました。この次はおいらのお気に入りの溪にご一緒しましょうね。

2012年6月 2日 (土)

へなちょこスランプ

この週末もいい天気!

シーズン中、週末が暇で天気のいい日は釣りに行かない訳には行きません?

そんなわけで、今週も出動です。

今回は、昨シーズンに行こうと思ってたけど、ゲートが閉まってて諦めたスキー場近くの某川へ行ってきました。このゲートは鍵が掛かっておらず、自己責任で勝手に開けて入ってもいい?と言うことを教えてもらったので、勝手に入ってみました。

一番乗りを目指しゲート前に着いたのは6時前。まだ誰も来ていないようです。小心者のおいらは入るのはいいけど、帰りに鍵でも閉められてたらどうしようかと思いつつも、ここまで来たからには諦めるわけにはいきません。

Photo

勇気を出して?開けちゃいました。

Photo_2

林道を走ると、途中に水たまりが道路にありますが、車が走った跡はありません。今日はおいらが一番乗りのようです。しばらく進むと、さすがに崖崩れや倒木などがありましたが、何とかクリアして林道最奥のダムに到着。

Photo_3

今回のレンタカーはスズキスイフト。荷台が狭くてチョット使いづらいですが、毎回フィットだと飽きちゃいますよね。

まだ谷間には陽が差してません。チョット寒い感じ。早速支度して徒歩でダムのバックウォーターを目指します。

しばらくダムを見ながら進むと林道も終点となり、入溪するとこんな感じ。陽が差してないので、今一つ色鮮やかではありませんね。

Photo_5

ここは全て川通しで釣り上がる溪だそうです。滝や落ち込みのない穏やかな溪です。フライやてんから向けの溪ですね。

左に見える木の根元で25センチぐらいのヤマメを釣り上げますが、記念撮影する間もなく落っことしちゃいました。残念...でも幸先良いかも?期待が持てます。

陽が差してくるとこんな綺麗な溪に変身。気持ちいいっす。

Photo_6

でも、今日は行けども行けどもオチビヤマメばかりか、根掛かり、枝掛かり、餌は落とすわ、つまずいて川の中にヘッドスライディングしてビショビショになるわで、散々です。唯一写真に収まったオチビヤマメです。残念ながらこれ以降写真に収まるサイズは釣れませんでした。

Photo_7

と言うことで、撤収!帰りにバックウォーターまで戻って大物を狙いますが、やっぱりダメ。車に戻ると山菜採りの車がいて、本日初めて人と会話を交わしました。みんな自己責任でゲートを開けて入ってくるそうです。

Photo_8

でもまだ11時。帰るにゃまだ早いし、全然釣れてないし、再度探検に行くことにしました。

ここは峰を挟んで、おいらの好きな溪の隣です。麓まで行くとゲートの通行止め看板がありません。ヒョッとして行けるかも?っと思い林道を上ってみると、このトンネルの先で係員がいて通せんぼ。もうチョットなのに...ちゃんと下に書くいとけよなまったく....開通は6月中旬だそうです。再来週一番乗りしてやるぜ!

Photo_9

仕方ないのでトンネルにでかいヘビが吊してあるダムのバックウォーターに行ってみることにしました。西俣は今から行けないので、東俣を攻めてみます。当然初めてです。

Photo_10

右岸の林道を最奥まで進むとゲートが閉まっており、ここに何台かの車があります。釣りでしょうかね?山菜採りかな?

Photo_11

ここはまだダムのプール。バックウォーターはまだ先でしょう。林道を歩くこと約30分。ようやく川が見えてきました。

Photo_14 

でも、水量も多いし、落差が大きくて安全に入れそうにありません。入溪点を探しに更に進むと、何故か林道にミニスノーブリッジがありました。どうやって出来たんでしょうかね?

Photo_13

でも、どんどん林道は川から離れていくし、これ以上行っても疲れるので、ここで退散。結局一回も竿を出せず仕舞いです。トホホ...

悔しいので、帰りがけに先週掛けるも落っことした大物?をもう一度最後に釣ってやろうとピンポイントで行ってみました。ここなんですが、釣られたか、どっかに行っちゃたか?まったくアタリ無く本日の釣行はここで諦めました。

Photo_15

今日は、釣れないばかりか、やたら仕掛けを壊すわ、転ぶわ、ダートで4輪ドリフトして落ちそうになるわで、良かったのは天気だけでした。

へなちょこスランプです。

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »