2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブックマーク

  • 下手の横好き:源流釣
    北信濃のテンカラ師、寅さんのブログ。渓食の腕前はプロ級。頼りになる釣り師です。
  • へなちょこおやじのおもしろ日記
    へなちょこおやじが網膜剥離で入院していたときの壮絶な闘病日記です。是非ご覧あれ。
  • 山と溪を旅して
    へなちょこおやじがブログに興味を持つ切っ掛けとなった、こよなく山を愛する憧れの税理士先生のブログです。
無料ブログはココログ

« へなちょこスランプ | トップページ | 寒みぃ~よぉ~ »

2012年6月17日 (日)

曇りのち雨釣行

不本意ながら?お仕事でめっちゃ忙しい日々を過ごしたこの週末、今回はこのブログで知り合ったフライマンさんの高級外車に便乗させてもらい、小さな溪に行ってきました。

日頃の行いのせいもあり、気持ち良く晴れたこの土曜日。と言いたいところですが、あいにくの天気。愚図ついた空に昨日までの晴天はどこに行っちゃったのか?あ~恨めしい...

と言うことで、曇天の中着いたのは、以前奥方と海岸ドライブしたときに通り過ぎた里川でした。

ほとんど河口に近い空き地に車を停め、いざ出発!まだ雨は降ってきていません。

こんな川に溪魚がいるのかな?と思いつつも、歩き出すと直ぐにそれらしい溪に到着。楽ちんです。でも、竹藪が倒れ込み大変なことになってます。

Photo_3

こりゃ釣りになるのな?と思いつつも、しばらく進むと開けてきました。霧雨がかえって幻想的な感じです。

Photo_6

ところでフライマンさんとはメールでの交流はあったものの、初対面。おいらは、さも釣り師的なきゃしゃな感じの人を想像していましたが、お迎えの高級外車から降りてきたのはマッチョな体格の格闘技系のおにいさんじゃありませんか?こりゃ何かあっても安心ですね。

溪の雰囲気を堪能しながら、二人どんどん奥に進みますが、フライでも餌でもほとんどアタリがありません。このところの夏のような晴天でかなり水が減ってるそうです。釣れないのはそのせいにしておきましょう。

本当は華麗な手さばきでポイントを攻めるフライマンのヒットした瞬間を撮りたかったのですが、ダメでした済みません。

おいらもかっこいいフライに興味津々なんですが、やってみたいと思うものの、道具が高い事とウジウジしているうちにいつもシーズンが終わってしまいズルズルと今に至ってます。

この溪で記念写真が撮れたのは、餌にきた20センチ弱のイワナのみ。でも、こんな海抜の低い海に近い川にもいるんですね。

Photo_9

と言うことで、川を移動することにしました。

今度は綺麗な花の咲いた無人駅に車を停め、線路を渡って行きます。

Photo_10Photo_11

藪を掻き分けしばらく進むと ようやく沢に到着。

ここも結構荒れてますね。

Photo_12

さっきより小さな溪です。何とかカッパなしでもっていた天気もいよいよ雨が降り出し、久しぶりにカッパ着用での釣りとなりました。

雨が降り出し活性が高まったのか、アタリが増えてきましたが、でも、ミノーのようなオチビチャンばかり。

ここはヤマメが主の溪のようです。アタリが続く中、良型を求めて更に進むとチョットした滝に行き当たりました。

Photo_15

ここの落ち込みはフライには反応しませんでしたが、餌は次々にヒット!5連チャンぐらいかな?サイズは小振りですが、綺麗なヤマメです。

Photo_16

雨降りの中、時間もありこれ以上奥に行く元気もなく、ここで納竿としました。

今日の探検釣行は釣果こそ今一つでしたが、おいらのへなちょこライブラリーがまた増えました。やっぱり仲間がいると楽しいですね。

フライマンさんありがとうございました。この次はおいらのお気に入りの溪にご一緒しましょうね。

« へなちょこスランプ | トップページ | 寒みぃ~よぉ~ »

渓流釣り」カテゴリの記事

コメント

フライフィッシングに関してですが

一般的に、始めた人の約8割が挫折する…と言われてます。理由はルアーや餌釣りとは違い、覚えることが沢山有りすぎる割合に釣果に恵まれない。季節、天候、河川状況に左右されすぎる。他釣種の道具の流用が出来ない。お金がかかる…まぁ、他にもいろいろあるでしょう。

でも、一旦、ハマるとなかなか抜け出せないぐらい奥が深く楽しい釣りだと思いますよ。

普通に適当にやってると、本当に釣れません。ですから、いろいろ考えたり、より深く魚やに川や、それらを取り巻く自然環境そのものについて観察したり

難しいけど、自分の立てた推理が当たり、釣果に繋がったときの喜びは格別のものとなるでしょう。

単に大物を狙う、数を釣る…
もちろん、これも楽しいことなのですが、

それ以上に、美しい渓魚とのの一期一会を楽しむ…
これこそが、フライフィッシングの最大の魅力であり、喜びなのかもしれません。

機会があれぱ、是非ともフライフィッシングを始めてみてください。

渓流釣りに対して、また新たな魅力を発見できるかもしれませんよ。

デッド様

コメントありがとうございます。

私も渓流を愛する一人として、自分の備忘録として適当に始めたブログも4年目ともなると、

いろんな人の目に触れるようになり、最近はそれなりに責任も感じています。

釣り方も今回、Oさんと同行させてもらって自分もそろそろ餌釣り卒業かな?と思っています。

更に、デッドさんのブログを見て益々興味が沸いてきました。是非、背中を押して下さい。

初めまして。

Oさんの仲間のフライマンです。

このS川の特徴や、ここのヤマメの貴重性については、Oさんから十分に説明を受けてらっしゃることとは思いますが…

ここの川の具体的情報については、他人様へ口外せぬようお願い申し上げます。

新潟下越には、まだまだ沢山の良渓と良い岩魚がいます。

いろんな釣り場に足を運んで頂き、良い魚との出会いを楽しんでくださいね。

尺物程度ならば、意外に簡単に釣れちゃいますよ。

宜しければ、僕のブログ『新潟フライフィッシング釣行記』とググってください。参考になると思います。

高崎先生

今回の釣行はこのブログで知り合ったフライマンとの連れ釣りでした。
フライを見ていて真面目においらもやりたくなってきました。逆に餌釣りに
ちょっと飽きた感じかな?

この溪はほんとに海から直ぐです。堰堤が無ければボラとか上がってきても
おかしくない距離です。

この辺の人は海釣りと渓流釣りが一度に出来て羨ましい感じです。

先週は東京にいましたが、天気が悪く何処にも行きませんでした。
来月は14~16日で帰ります。都合が合えばいいですね。

里の小川といった感じですか?

岩魚とヤマメはどこにでもいるんですねえ

次は軍艦岩魚を期待してるぜよ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541161/54982429

この記事へのトラックバック一覧です: 曇りのち雨釣行:

« へなちょこスランプ | トップページ | 寒みぃ~よぉ~ »