2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブックマーク

  • 下手の横好き:源流釣
    北信濃のテンカラ師、寅さんのブログ。渓食の腕前はプロ級。頼りになる釣り師です。
  • へなちょこおやじのおもしろ日記
    へなちょこおやじが網膜剥離で入院していたときの壮絶な闘病日記です。是非ご覧あれ。
  • 山と溪を旅して
    へなちょこおやじがブログに興味を持つ切っ掛けとなった、こよなく山を愛する憧れの税理士先生のブログです。
無料ブログはココログ

« 寒みぃ~よぉ~ | トップページ | 免許更新&免許皆伝? »

2012年6月30日 (土)

辛抱、我慢の釣りに福来たり!

好天に恵まれたこの土曜日、一週間経った事だし、雪代による増水も減ったかな?ということで同じところに今度は竿まで新調したリッチマンと共にチャレンジしてきました。

朝から天気も良く、きれいな景色を楽しみながら快調に高級外車は進み、現地に6時半到着。でも何やら先週と様子が違います。何と車が先週の倍ぐらい止まってるではありませんか。

今日から登山口までの乗り合いタクシーが運行されることは知ってたので、天気も良いことだし登山好きが堰を切ったように集まってきたんだなと勝手に思い、そそくさと支度をしていつもの沢へ降りてみると、確かに先週より20センチ位は水位も下がり、お目当ての溪に何とか徒渉して入ることが出来ました。

Photo_2

ところがところが、今日は大物釣ってやるぜ!と意気込んで入溪したものの、いつも釣れる淵はおろか、行けども行けども全くアタリがありません。おっかしいなぁ~と思いつつ先を見ると、何と先行者が降りて来るではありませんか。

Photo_3

足跡を気にしながら入ったつもりでしたが不覚でした。何でも栃木から来た若者三人組で、奥まで行ったけど、釣れずに引き返して来たんだそうです。

仕方なく俺達も引き返す事にしましたが、彼らは俺達が先週行った溪に入り直すと言っています。ルール上先行者に優先権があるので文句を言えませんが、あっちに行かれたら、俺達の本日の釣り場がありません。

どうしようかと考えつつ、出会いまで戻ってくると今度は東京から来たという年輩の三人組が上がって来るではありませんか。

Photo_4

渓流のラッシュアワーです。みんな考えることは同じなんですね。でも、何で今日は遠征組が多いのでしょうかね?

それで、さっきの栃木組はサッサと行っちゃうし、年輩東京組は、どうすればいいかを聞いてくるのですが、おいら達も困った状況なのに、他の川を教えても、今からじゃ徒労に終わりそうだし、やさしいおいらは、「ご一緒しますか?」と言うとニコニコ「お願いします」との事。

この段階でおいらは先週山小屋の親父に聞いた上流の入溪点を想像しており、道路に上がって、ここから30~40分ぐらい歩きますと言うと、先に行ってて下さいと言ったきり結局付いて来ませんでした。今日は釣り出来たのかな?

と言うことで何だかんだで、結局上流を目指す事になりましたが、山小屋の親父が、まだ雪渓が多く、釣りはもう少し先かな?っと言っていたし、行ったことないし、不安でしたが仕方ありません。

でも、天気がいいので気持ちはハイキング。ルンルン気分。景色最高!

Photo_5

しばらく行くとダム工事専用の橋に到着。平成31年完成だそうです。完成する前にこの源流部に行ってみたいもんです。

Photo_6

ここから先は未舗装路です。途中慰霊碑もあり、ここを切り開いた先駆者の碑と思いきや、何故か戦時中の陸軍航空隊のパイロットの碑でした。どうしてここにあるのかWebで調べましたが解りませんでした。

Photo_7Photo_8 

もうすぐ目的の入溪点です。最後の橋から下を覗くと雪渓で溪が塞がってます。

やっぱり、まだ時期が早かったか?

Photo_9Photo_10

てなことで、歩くこと約40分?ようやく入溪点に到着し、急坂を降りていくと、こ~んな感じ!なかなかいいじゃん。

Photo_11

取り敢えず、ビールもどきで乾杯!休憩です。

Photo_26

下から遥か上のさっき通った橋を見上げます。

Photo_14

でも、ここでもアタリがありません。更に山小屋の親父に言われた通り、しばらく釣り上がると案の定、雪渓で行く手を阻まれてしまいました。まるでデカイ岩です。

Photo_15

仕方なく、ここも諦めることにしましたが、本日まだ二人ともアタリもなくお魚を拝んでいません。このまま帰るわけにも行かず、再度林道に登り返しますが、ここでトラブル発生!

何とリッチマンの買ったばかりの新品竿が登っている最中に枝に引っ掛かり折れちゃいました。

よい子のみなさん、竿は横着せず、ちゃんとリュックから出ないようにしましょうね。仕方ないので折れた先をリリアンで治してあげました。

そんな訳で釣れもせず踏んだり蹴ったりな状態ですが、まだ10時半。ここは気を静めて再チャレンジです。林道を更に登り、奥へ探検です。

途中、下を見ると、こ~んな大きな雪渓が見えました。

Photo_16

更に、割れてブリッジになってる雪渓も見て取れます。しかし落差が大きくてなかなか降りられる場所が見つかりません。

Photo_17

ようやく降りられそうな場所を見付けて、このブリッジ状の雪渓を下から覗くと、

Photo_18

こ~んな感じ。かろうじてブリッジになってます。因みにこの雪はしっかり固まっており、お遊びで石を投げても跳ね返されるぐらい堅かったですよ。

水は雪解けでメッチャ冷たく、徒渉の度にヒヤ~冷た~い!でも、透明度抜群!

Photo_19

そして、遂にここで本日の初ヒットが出ました。しか~も尺上32センチ!です。やさしい顔してしっかり大きくなってます。メスかな?

Photo_20

Photo_21

残念ながら、釣ったのは竿を折ったリッチマン。おいらは隣で泣き尺です。やっぱここまで来ると釣れますね。今シーズンまだ誰も来てないのかも?

Photo_22

今朝の残念が一気に吹き飛びました。気をよくしたおいら達は、精力的に竿を出しますが、途中の枝沢からは晴天にもかかわらず、奥にある雪渓のせいで冷蔵庫の中のような冷風に身震いするくらいです。

Photo_23

更に本流を進むと程なくまた雪渓に行く手を阻まれ、本日の釣行はこれで納竿です。

Photo_24

帰りは、登山口から乗り合いタクシーで楽ちん帰還でしたが、運転手さんがやたら釣果について質問してくるので、話を聞いてみると、何と朝の客を乗せて登山口まで来て、そのまま着替えて、自分が釣りをしてたみたいです。釣れなかったのはあなたのせいね?

駐車場に戻ると、更に車が増えており、路駐だらけになってました。今までで一番多かったです。みんな何処行ってるんだろうと思って、高級一部屋マンションに帰って調べると、今日はバードウオッチングの会が山小屋であったんだってことを後で知りました。

どおりで人が多い訳だ。

Photo_25

今日は、予定通りに行かず、どうしたものかと思いましたが、結果的に数は釣れなかったものの、少数デカ物で取り敢えず満足の釣りでした。因みにちゃんとリリースしましたよ。

« 寒みぃ~よぉ~ | トップページ | 免許更新&免許皆伝? »

渓流釣り」カテゴリの記事

コメント

こんな大きな雪渓は何時消えるのでしょうか?
8月はアブだらけになるし、ここの旬は短いです。
今年はもっと奥に探検したいのですが、いっしょに如何ですか?

栃木や東京からも釣り人が押し寄せる人気河川とは

でもこれだけ大きな流れなら5~6人並んで釣ってもOKだしょ?

真ん中の岩魚、ええ色してますなあ!

この見事な雪渓が姿を消すのは7月末かしら?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541161/55086439

この記事へのトラックバック一覧です: 辛抱、我慢の釣りに福来たり!:

« 寒みぃ~よぉ~ | トップページ | 免許更新&免許皆伝? »