2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブックマーク

  • 下手の横好き:源流釣
    北信濃のテンカラ師、寅さんのブログ。渓食の腕前はプロ級。頼りになる釣り師です。
  • へなちょこおやじのおもしろ日記
    へなちょこおやじが網膜剥離で入院していたときの壮絶な闘病日記です。是非ご覧あれ。
  • 山と溪を旅して
    へなちょこおやじがブログに興味を持つ切っ掛けとなった、こよなく山を愛する憧れの税理士先生のブログです。
無料ブログはココログ

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月29日 (日)

お誕生日釣行

28日土曜日はおいらの誕生日。一人でお祝い釣行です。

きっと普段から行いの良いおいらに?山の神様がご褒美にでっかい釣果をくれるはずです。

ということで、前回のリベンジを兼ね同じ溪に行ってきました。

Photo
吊り橋脇から溪に降り立つと、朝靄の中、山はおいらを気持ち良く迎えてくれました。
今回は去年良い思いをした本流をダム下まで行ってプレゼントをもらってくるつもりです。

早速、支流との出会いに竿を出すと直ぐに良型が釣れ、幸先の良いスタートです。奥に進んでいくと切り立った水墨画のような景色が広がります。

Photo_2

いつものように澄んだ水の中、気持ち良く進んでいきますが、どうしたものかアタリがありません。

う~ん?これは山の神が後でサプライズを狙って出し惜しみをしてるんだ。っと良いように解釈しトコトコ進んで行くと、いつもより速いペースでダム下のバイパストンネルまで着いちゃいました。

Photo_3

ここがプレゼントの受け取り会場のはずです。

仕掛けを長く、おもりを重いものに替え、じっくり探って行くと、渦の中に深く沈めた餌にようやくアタリがあり、すかさず引き上げると25センチの良型岩魚です。

う~ん誕生日プレゼントにしてはチョット小さいぞ~!

その後も何度もチャレンジしますが、それ以降アタリが無くなっちゃいました。

プレゼント会場が移動しちゃたのかな?っと思い、フッと振り返るとルアーマンが上がってきていました。

話を聞くと、おいらよりもっと早く支流に入り、40センチの大物を釣った後、本流を上り返してきたとの事。

Photo_4

おいらはここがダメだったら戻って支流に入るつもりでしたが、もう既に行って来たとの事だったので、仕方なく林道を登って更に支流の上に入る事にしました。

ルアーマンは地元の方でしたが、普段は下流の広い場所が主で、源流はあまり知らないと言うし、おいらも一人じゃ心細いし、お誘いして即席二人パーティーと相成りました。

そんなわけで、林道に戻り、以前S藤さんに教えてもらった入溪点から入り直しました。溪に降り立つと、そこは陽が燦々と降り注ぐ開けた場所でした。

あ~ビールで乾杯してぇ~!

Photo_5

休憩もそこそこに早速釣り上がりますが、それにしても、今回のルアーマンにせよフライマンにせよ出で立ちがカッコイイですよね。

それに引き替え、おいらはファッション性無視の実用一点張り、服は釣具屋やアウトドアショップではなく、しまむらやワークマンみたいな安売り屋で調達。しかも人の倍ぐらい汗かきなので、夏場は地獄。頭も汗かきなので帽子を被ってられず、あまり暑いとタオルを頭に巻いたスタイルはまるでバカボンのパパです。

どうせ山の中なんだし、誰にも見られてる訳ではないので関係ないやと思っていたんですが、最近チョット気になりだしたおいらです。でもきっとこのままだろうな?

Photo_6

それにしても綺麗な溪です。泳いじゃいたいぐらいですね。

Photo_7

このコースは初めてでしたが、チョットした淵で2~3尾良型が釣れました。でも、おいらが根掛かりや、仕掛けを作り直したりで、モタモタしている内にルアーマンの姿が見えなくなってしまいました。

不安になって釣りもそこそこに笛を吹きながら一生懸命追いかけますが、行けども行けども見つかりません。ヒョッとして気づかないうちに追い抜いちゃったのかな?と思い、動き回るのを止め、途中、見覚えのある林道への登り口で待っていると、ようやく上流から降りてくるルアーマンを発見!良かったです!

ルアー釣りはポイントで2~3投して魚が追いかけてこないと次々登って行っちゃうので、餌釣りに比べペースが速いんですよね。

ここはコースは良かったのですが、釣果は今一つだったので、最後に先週リッチマンが37センチを釣り上げたポイントにもう一度林道に登り返して行ってみることにしました。

途中、前回の雪渓を上から見ると、だいぶ小さくなってましたが、まだ充分残ってました。草木が伸び、入溪点がわかりずらくなってましたが、いつものモニュメントを目印に再度入溪!

Photo_8Photo_9

時間的にここが最後のプレゼント会場です。頑張らなくちゃ!

今日こそは大物ポイントを先にやらせてもらおうと、勇んで竿を出しますが、ピクリともしません。

う~ん何でだ?先行者がいるのかな?ルアーマンにも探ってもらいますが、やっぱダメでした。

Photo_10

その後もポイントを探りながら二人進みますが、餌、ルアー共にアタリ無く、遂に前回、引き返した地点を突破して、先に進んだものの、更にV字が厳しくなり、ここで納竿、納ロッドとなりました。

Photo_11

Photo_13

結局、お誕生日プレゼントはもらえないまま終わってしまいましたが、新たにルアーマンのお友達が出来て、これが天からのプレゼントと思い、感謝して今日のお誕生日釣行は終わりになりました。

最後に、車に戻って着替えていると、ルアー三人組が降りてきました。話を聞くと何とバックウォーターではなく、溪で55センチ岩魚を上げたとの事。証拠写真を見せてもらいましたが、モンスター岩魚です。こんなのがいるところにはいるんですね。剥製ものですよ!

本当はこれは俺のプレゼントだったかのかもよ?

と言うことで、俄然やる気が沸いてきた俺達は再会の約束をしてお別れしました。

ルアーマンさんお付き合い下さり、ありがとうございました。またよろしくお願いしますね。

2012年7月22日 (日)

トリオで万歳!

今回は、前から行ってみたいと思ってましたが、ルートが分からず、また、一人で行くにはおっかないので躊躇していた源流に三人で行ってきました。

朝起きると、前日の天気予報が良い方にハズレいい天気です。いつものようにリッチマンの高級外車に乗って出発。地元釣り師S藤さんとは現地で合流です。

駐車場に着くと既にS藤さんは準備万端で待ってました。おいら達もそそくさと支度をしていざ出発!

約20分程林道を登るといつもは通過する橋をチョット無断で渡り、トンネルをくぐって峰の反対側に到着。ダムの工事現場が見えてきました。法面の工事は終わっているようで、これから奥のV字になったところにダムを作っていくのでしょう。

Photo_27Photo_28   

平成30年完成の予定だそうです。水没してしまう前に行ってみたかった溪です。

完成したら沈んでしまうであろう本流をまたぐ仮設の橋を渡り、左岸の山を目的の支流まで本流脇の山を踏み跡を辿って入溪すると言う計画です。

橋から下を覗くと、遥か下に切れ込んだ本流が見えてます。

Photo_3

ところがところが、ワクワクしながら橋を渡ったものの、草木がぼうぼうで踏み跡がいっこうに見当たりません。

取り敢えず入ってみるものの、横に進めそうもないので、これは一旦上に上がるのかなと思い登ってみますが、行けども行けども踏み跡らしきものが見当たらないどころか、リッチマンは滑って鼻っ柱を怪我するはで、仕方なくこのまま本流に降りて、川通しで遡行してみる事にしました。

溪に降り立つと、やっぱり上から見たとおり結構切れ込んだ沢で、しかも雪代のせいか少々濁ってます。このまま目的の支流まで行けるのか不安なので、竿を出しながらの遡行となりました。

Photo_5 

案の定、高巻きもままならない状況の中、へつりやロープを使った垂直懸垂、パンツびしょ濡れ徒渉を繰り返す羽目になりましたが、場所が場所だけに人がほとんど入っていないんでしょうね。ここぞと思う淵で大物が掛かってくれます。

リッチマンは怪我にもめげず、本日の初尺イワナをゲット!続いてS藤さんにも今度は33センチ!

Photo_6

魚影が濃い感じ、しかも結構大物揃い。

いいなぁ~おいらにはまだ尺物が出ません。それどころか、尺物を釣ったS藤さんの上に行こうと、崖から倒れ込んだ倒木の中をすり抜けようと足をかけたとたん、ゴゴッ~っと凄い音を立てながら倒木もろとも1メートルぐらいずり落ちてしまいました。おぉ~恐!

Photo_9Photo_10 

そんな事もあり、おいらだけ良型は釣れるものの尺物が上がらず悶々としていますが、三人の釣行では順番に釣って行くので仕方ないっす。決して腕が悪い訳じゃないよっと自分に言い聞かせます。

逆に三人だからおっかないとこに来られたんだからね。

みんな思い思いにポイントを見付けながら、次はおいらの番だぞっと思い、更に上流を目指します。

Photo_11Photo_12

そして、遂に35センチゲット!しか~し釣ったのはまたまたリッチマンです。くやし~いっす。

その後おいらにも尺物が2回ヒットしましたが、2回とも上げる寸前で糸が切れて、さよ~なら~

まったく今回はついてないです。

Photo_13

そんなことで、入溪点から1㎞も進んでいませんが、結構な釣果においら意外はそれなりに満足の状況ですが、高巻きもままならず、とうとう泳がないと進めない状態になってしまいました。

ウェーダーも着ておらず、水温が低すぎてとても泳げる状況ではないので、仕方なく戻って、別の溪に行くことにしました。

入溪点に戻り下から仮設の橋を見上げていると、何やら岩を砕くような物凄い音がしていました。ダムのコンクリートでも作っているのかな?

Photo_14Photo_15

ということで、前回6月末に行ったときは雪渓で通せんぼになっていた溪にリベンジを兼ねて再び挑戦!

トコトコ林道を登り返し、上から見た雪渓の違いです。左が6月末、右が今回。だいぶ減ってますが、7月でまだこんなにあるのは今年の雪が如何に多かったかを示しているようですね。

Photo_16Photo_17

ようやく入溪点につきました。こちらは草が多くなって先が見通せない状況でしたが、無事溪に降りることが出来ました。

ここは前回のポイントを攻めながら、先に進んでみるつもりでしたが、前回32センチを上げた同じ淵で今回またもやヒット!しかも何と37センチ!1ヶ月で5センチ大きくなったのかしら?

でも、釣ったのはまたリッチマンです。ずるいぞ~

Photo_18

負けじと先に進み、前回も尺物を釣った雪渓の直ぐ下でチャレンジしますが、雪渓がなくなった代わりに前にあった淵が埋まっており、ここでは釣れませんでした。

Photo_19Photo_20

この先にパラダイスがあるものと進みますが、こちらも泳がないと行けなくなり敗退です。

帰りにさっき上から見た大きな雪渓を見学して 本日の釣行は終わりました。

Photo_21Photo_22

Photo_23

今回はやたら大物が出て、平均しても30センチを超える結構な釣りでした。

リッチマン、S藤さんご同行ありがとうございました。おかげで、目的地には行けなかったのの探検できて楽しかったです。今度はおいらにも大物釣らせてくださいね。

P.S.

今回はチョットお持帰りさせていただき、行きつけの居酒屋木の根さんで、塩焼き、刺身、なめろうと調理してもらい、常連さんを呼んでみんなで美味しくいただきました。

塩焼きになったのはS藤さんが釣った33センチ、それ以外はおいらの泣き尺です。

Photo_24

Photo_26   

特に刺身が油が乗っててスゲ~旨かったっすよ。

2012年7月16日 (月)

免許更新&免許皆伝?

この三連休は自動車運転免許の更新があったので東京へ

予定では土曜日に免許の更新に行って、日曜日に釣りのつもりでしたが、家に帰って改めて更新はがきを見てみると何と土曜日は休みと書いてあるではありませんか。

そんなわけで、免許の更新は朝一番にトットッと行って済ませ、速攻で山に行くはめになっちゃいました。

招待状?には車で来るなと書いてありましたが、早く行けば停められるだろうと、家を7時半に出て朝の空いた道を25分で到着。予めネットで調べていた通り、手前の駐車場にはいっぱい車が並んでましたが、ほんの100m位先の駐車場はガラガラ。みんなよく調べてから来りゃいいのに・・・

と、何となく優越感に浸りながら、正面玄関に来ると何と長蛇の列です。既に200人以上来てます。やっぱ考えることはみな同じなんですね。この後みんな釣りに行くのかしら?

12

ようやく中に入れたものの、今度は書類や何やかんやで、 あっちに並びこっちに並びで約30分、何とか朝一の講習のクラスに滑り込みセーフ!これで予定通り昼前に終わるはずです。

講習時間もゴールドなら30分、違反1回の一般講習で1時間。おいらのクラスは最長の2時間コースなんです。

有効期限には3種類あって、5年間無事故無違反のゴールドが5年、3点以下の軽微な違反のみのブルーが5年、それ以上がブルーの3年となっています。

今回は3年位前にスピード違反を2回やっちゃってたので、違反者講習です。ゴールドがブルーになっちゃいますよ。しかも3年。

一番講習時間が長いのに免許の有効期限は一番短い3年とは何か損な感じだよな。

でも、前回の違反から既に2年以上経過しており、今回のブルーの3年が無事終われば、延べ5年以上となるので、次回は再びゴールドです。結局ブルーの5年コースより早くゴールドに復帰出来るのでかえってよかったのかもね?

ということで、無事、昼前に終わり、途中、今回フライのセットを譲っていただく師匠をピックアップして、一路目的地へ。

ところが、ところが天気の良い日曜日です。道が混まないわけがない。結局現地まで2時間以上かかって着いたのは午後2時過ぎです。

で、早速フライの講習会が始まるのかと思いきや、例によって先に現地入りしていた渓食仲間の熊さんが、道端で宴会の準備をして待ってるではありませんか。

Photo

ピーマン、椎茸、しっかり味のついた豚コロ等など、熊さん自慢のアウトドア飯です。やっぱ外で食うのは旨いっすね。

Photo_2Photo_3

ここでビールをグビっと行きたいところですが、さすがにさっき講習を受けてきたばっかりだし、ここはノンアルコールビールもどきで我慢、我慢です。

Photo_42_2

そんなこんなで、久しぶりの再会に大いに盛り上がり、終いにゃ熊さん寝ちゃうはで、ようやく夕方になってフライの講習となりました。

1_22_3

ここは、里川ヤマメの渓です。

早速いただいたロッドに仕掛けをセットしてフライを始めますが、なかなかうまく思うところにフライが入りません。

横で師匠がアドバイスしてくれているものの、短絡的にポイントにえさを落とす餌釣りと違い、長さを調整しながらフライを飛ばしていくのは結構難しいっすね。

Photo_5

途中、あっちこっちに引っ掛け、折角もらったフライを3個も失くしちゃいながらも、最後のほうには何とか思うところに入れる事ができる様になりましたが、師匠共々この日は既に先行者もあったらしく、二人ともボウズでした。

ビギナーズラックを期待してたんですけどね。次回に持ち越しです。

Photo_6Photo_7

川から戻ってくると、既に熊さんは明日お仕事という事で退散した後でした。

今日はおいらの計画ミスで忙しい一日となってしまい、師匠、熊さんすみませんでした。

この次の更新は日を間違えないようにしますね。

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »