2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブックマーク

  • 下手の横好き:源流釣
    北信濃のテンカラ師、寅さんのブログ。渓食の腕前はプロ級。頼りになる釣り師です。
  • へなちょこおやじのおもしろ日記
    へなちょこおやじが網膜剥離で入院していたときの壮絶な闘病日記です。是非ご覧あれ。
  • 山と溪を旅して
    へなちょこおやじがブログに興味を持つ切っ掛けとなった、こよなく山を愛する憧れの税理士先生のブログです。
無料ブログはココログ

« やっぱし出たぁ~ | トップページ | 苦行の末に »

2012年8月26日 (日)

最北の溪

まだ夜も開けやらぬ午前2時半、あんまり寝られなかったけど趣味のためにはガッツが出ますね。目覚まし一発で飛び起き、いつものようにレンタカーで出発!
途中ルアーマンさんの家に寄って、二人で県最北の溪を目指します。

真っ暗な空いた国道を北に進むこと約2時間。いったん日本海に出て朝の凪いだ綺麗な海をチョットだけ眺めた後、県道を山奥に進み着いた場所は道路脇の綺麗な川です。

溪に降り立つと、水量は少ないようですが、穏やかな流れの中、澄んだ水が気持ち良く、ホッとしますね。

Photo_2Photo_3

でも、ここは標高が低いのと、このところの猛暑のせいで水温は19℃もあり、渓流の冷た~いと言った感じはありません。

毎度の事ながら、相変わらずルアーマンの出で立ちはカッコイイですね。毎回違う格好してます。やっぱファッションも釣りのうちだなと思うようになった今日この頃です。

Photo_4Photo_5

そんなことお思いつつ、釣り上がって行きますが、ヤマメが走る姿はやたら見えますが、餌、ルアー共にオチビチャンしか釣れません。

フッと見上げると橋があり、更によく見ると日本国トンネルと書いたトンネルがありました。何と愛国精神の高いトンネルなんでしょうか。
関係ないけど、竹島や尖閣諸島の領土問題を考えるにあたり、特に韓国なんかを見てると良い悪いは別として、愛国精神の違いを感じているのはおいらだけでしょうかね?

Photo_6

っと余計なことを考えながらも、更に釣り進むとようやくお見せできる写真が撮れました。
今回は指向を変え水中写真です。おいらのカメラは本来防水仕様なんですが、以前ゴムパッキンの劣化のせいか、データエラーを起こして苦労して修復した事があり、恐くてそれ以後水中にカメラを入れることは避けてましたが、普通の写真に飽きてきたので、思い切って入れちゃいました。
ピントが今一つですが、まずまずでしょうかね?

Photo_7

Photo_8

二人とも釣果はパッとしませんが、良いんですよ溪にいるだけで。

Photo_9Photo_10

そうこうしているうちに、次の橋が見えてきたところで、場所を変えようと道に登ると、ここも結構釣り人が入るのか、注意を促す看板がありました。ごもっともです。

振り返ると、川は谷を蛇行していましたが、さっきの日本国トンネルと合わせ、県道はショートカットして手前のトンネルと合わせ直線になっていました。

Photo_11Photo_12

車がほとんど通らないこのトンネルをくぐって車に戻り、更に上流に移動する途中、更なる愛国精神丸出しの山への登山口を発見!

ここは登山者なら一度は耳にしたことのある山の登山口だそうで、山の名前は、

「日本国!」なんと神々しい名前でしょうか?しかも標高はぞろ目の555メートル。
これが777だったらもっと受けたのにと思うおいらはやっぱり次元が低いです。

さらに、郵便局まで!ついでにこの村が日本国町だったらもっと賑わっていたかもね?

Photo_15

Photo_16Photo_17

そんな事で見るもの全て新鮮で感心しながらも次の入溪地点を求めて更に上流入ると、今度は先程の平坦な感じから切り立ったV字峡の様相となりました。
でも、落差が少ないせいか流れは至って穏やかです。

Photo_18

ですが、ここも釣果はパットせず、しばらく進むと泳がないと行けなくなったので、引き返して別の溪に行ってみることにしました。

山の中をあっちこっち走り回り着いたのはちょっとしたダムの上。バックウォーターから入りました。チャラ瀬が続き、チョットどうかなと思ってましたが、ここも透明度は抜群!徐々に溪が狭まり、らしい雰囲気になってきました。

Photo_20Jpg

でも、おいらは先週の残り物の餌を使い果たし、餌が無くなってしまいました。
こんな時は現地調達なんですが、今時分は羽化が始まってるんでしょうか?
あちこち岩をひっくり返して廻りますが、ほとんど餌が取れなかった事と、少々飽きてきた事もあり、ルアーに挑戦してみることにしました。

そうなんです。今回はルアーマンに同行してもらうこともあり、予め振り出し式のロッドとルアーをリュックに入れてあったんですよ。

慣れないルアーは何処へ飛んでいくのやら、何度も教えてもらいながら繰り返していくうちに3回に1回ぐらいは思ったポイントに投げ込むことが出来るようになってきました。

今日はお遊びでもいいかな?と思ってましたが、思いと違うところ飛んだミノーを引いていると、何やらテンションがかかり、小さな岩魚が掛かっていました。

Photo_22Photo_23

おっ?面白い!思わぬ伏兵ですが釣ったことに変わりなし。

今度はちゃんと狙って釣るぞ!
俄然やる気が出てきたおいらは更にロッドを振り続けながら、登っていくと大きな2本の倒木が川を塞ぎ、自然の堰堤のようになったプールに出てきました。

Photo_24

ここが時間的に今日の最終ポイントです。
へたくそなおいらでもロッドが振りやすい広くて良い場所です。

今日は朝から二人とも釣果はパッとしませんでしたが、最後にここでサプライズが起きました。

何と28センチ良型岩魚が釣れちゃいました!

Photo_25

たまたま狙ったポイントに投げ込むと、直ぐにガツンと来て、最初は根掛かりかと思いましたが動くのでやった!と思い、しなるロッドを必死に引くと大物が掛かってるではありませんか。
今まで、お遊び程度にしかやってなかったので、ろくに釣れた試しがなく、やっぱ釣りは餌に限るとずっと思ってましたが、メッチャ嬉しい!おいらもルアー開眼かも?

Photo_26

今日は思いがけないサプライズに、これはビギナーズラックじゃないよな。日頃の行いのご褒美だよなと都合良く思うことにして、気持ち良く納竿としました。

ルアーマンさんありがとうございました。今度は初めからルアーをやってみるかな?

P.S.
フライはいつ実践出来るのやら?フライマンさんもよろしく!

« やっぱし出たぁ~ | トップページ | 苦行の末に »

渓流釣り」カテゴリの記事

コメント

ようやく届きましたか。
枝豆は行きつけの居酒屋に頼んで分けてもらったものだす。
東京では、枝豆はビールのお通しみたいで軽いものですが、
こちらは季節の旨いものの一つで、初めて食った時、こりゃ旨めぇ~と思いました。
これも地方転勤のおかげかな?

釣りシーズンもこちらは後一ヶ月、新たな発見を求めていろいろチャレンジしてみます。

1日に3本の沢を転戦するなんざ正に探索といったところですな。
その行動力に脱帽いたしやす。

でもたまにはこんな緩い沢をのんびり釣り上がるのもええもんざんしょ?

ついでにルア-にも目覚めたりして、早くフライロッドを振りなされ!

さて、きょう新潟の貴重なダダ茶豆を頂きました。
香りも甘みも強い高級品でビ-ルも焼酎も進むこと。
何日もかけてじっくり味あわせて頂きますね。

お心にかけていただき本当にありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541161/55511707

この記事へのトラックバック一覧です: 最北の溪:

« やっぱし出たぁ~ | トップページ | 苦行の末に »