2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブックマーク

  • 下手の横好き:源流釣
    北信濃のテンカラ師、寅さんのブログ。渓食の腕前はプロ級。頼りになる釣り師です。
  • へなちょこおやじのおもしろ日記
    へなちょこおやじが網膜剥離で入院していたときの壮絶な闘病日記です。是非ご覧あれ。
  • 山と溪を旅して
    へなちょこおやじがブログに興味を持つ切っ掛けとなった、こよなく山を愛する憧れの税理士先生のブログです。
無料ブログはココログ

« 苦行の末に | トップページ | まいったぜ »

2012年9月 9日 (日)

トンボの溪独り占め

久しぶりにおひとり様での釣行です。

今回は、気の小さいおいらです。ひとりではおっかないとこに行けないし、そろそろアブもいなくなったかな?と期待感を持って1ヶ月ぶりに楽ちんお気に入りの溪に行ってきました。

溪に降りると、期待通り?アブのお出迎えはありませんでしたが、このところの日照りのせいでしょうね、水が少なく、お魚が隠れる場所が少なくなってます。
でも、毎度の事ながら水はメッチャ綺麗。これが見たくて来たようなもんです。

PhotoPhoto_2

でも、やっぱ釣りたくて、前回釣りンピックの時に大物を釣った淵を早速探りますが、どうもお留守だったようで全くアタリ無し。

水が少ないと釣りづらいっすね。お魚は何処に行っちゃったんでしょうか?
と思いつつも時間は充分あるし、丹念に探っていくと、ようやく本日初ヒット!

20センチぐらいかな?この綺麗な水の中じゃ大物は見えちゃうし、どっか行っちゃってます。

Photo_3

その後も、あまりアタリもないままゆっくり進んで行きますが、やたらトンボがまとわり着いてきます。竿を出すとまるで止まり木のような状態です。すみませんピントが今一でした。

Photo_4Photo_5

河原の岩の上にもいっぱい留っていて、気をつけて歩かないと踏んじゃいそうです。でも、アブと違って噛まないし、秋を感じさせるかわいい昆虫かな?

そうこうしているうちに両岸の切り立った一見やばそうなプールに来ましたが、ここは、パンツが濡れる程度で通過できます。良い雰囲気ですね。

Photo_6

ここを抜けて、振り返ると、結構両岸の狭まった厳しい溪にみえますね。この先はチョットした開けた河原になり、見上げると遥か上に林道の立派な橋が架かっています。

Photo_7Photo_8

実はこの先が本当の通らずです。泳げば行けそうですが、水深は2メートル以上あるかな?
ここは大物が居そうですが、餌では届かないので、ルアーで挑戦です。これも今回やってみたかったんですよ。

Photo_9

早速、即席ルアーマンに変身し、先週買ったばかりのミノーを振り込むと、何やら大きな影が気が付いたようで、チョットだけ追いますが、直ぐにUターン。
「ヤバイ!おいらのデカイ頭が見つかってしまったか?」それっきり何度やっても反応無し。へたくそです。

そんなことで、この溪は終わりにして、川通しで戻る途中、後から登ってくる釣り人に逢うかな?と思いましたが、不思議と誰にも逢わず、出発点の出合いまで戻ってきました。
これから本流を釣り上がります。

こちらもいつものようにメッチャ透明度の高い溪です。

Photo_10

ところが、こちらもほとんどアタリ無く、時間も遅いし先行者がいるんだろうと、ドンドン進んで行くと、何だか急に濁りが入ってきました。天気は良いし、どう考えても上流で大雨が降っているとは思えないし、さては、ダム工事現場で何かやらかしたな?と思いつつも、しばらくすると濁りも取れ、そうこうしている内にトンネルプールまで着いちゃいました。ここでも20センチ位の岩魚しか釣れず敗退。

今度はバックウォーターでルアーをやってみようと、戻って見ると、流木や何やらいっぱい浮いてて、引くと何だかゴミ拾いしているような状態にやる気が出ず。

Photo_11Photo_12

最後にお遊び半分でさっき通り過ぎた山小屋下の淵にミノーを投げ込むと、釣れちゃいました。しかも連発!

Photo_13Photo_14

Photo_15Photo_16

ルアーもだいぶうまくなってきたかな?

と調子づいて投げまくっていたら、ミノーを岩にぶつけてしまい、アゴに着いてたフィンを壊しちゃいいました。トホホ...です。

Photo_17

不思議なことに、今日はこんなに天気が良いのに誰にも逢いませんでした。みんなアブがいると思って敬遠してるんでしょうかね?

帰りには山小屋の広いお風呂をひとりで占領して、湯船で泳いで遊んじゃいました。

Photo_19Photo_20

今日は、あんまり釣れなかったけど、それなりに楽しませてもらいました。

今年は良い思いをさせてもらってますが、最大の収穫は同じ趣味の仲間が増えたことです。

シーズンも今月で禁漁です。残りの休みを全部行っても後3回。

皆さん、最後にもう一回パーティーやりましょうね。

« 苦行の末に | トップページ | まいったぜ »

渓流釣り」カテゴリの記事

コメント

う~んやっぱ時間的にしんどいです。

もっと休みがあれば良いんですがね...

またのチャンスお願いします。

あいにくこの週末は黒部か南アルプスの予定なんですよ。

黒部は天候が芳しくないようなので南アになるかな?

14日(金)~16日、ムリですよね~?

高崎先生

すみません。フライセットをいただいたものの、こちらで教えていただける
フライマンさんと予定が合わなくて、そのままになっちゃってます。
この溪は藪などなく、溪が切り立っているのでフライも振りやすいと思いますが、
最近、ルアーマンさんとよく行くのと、もともと渓流用伸縮式ロッドをもっており、
フライよりアンチョコなので、つい...

この週末は帰りますが、都合が合えばご一緒したいです。

どうしちゃったんでしょうね?

あれだけデカイのがいくつも釣れたのが嘘みたい。

しかし本日ルア-開眼!

これから増々釣りの幅が広がりそうですな。

いやあしかし何とも美しい渓だす!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541161/55614899

この記事へのトラックバック一覧です: トンボの溪独り占め:

« 苦行の末に | トップページ | まいったぜ »