2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブックマーク

  • 下手の横好き:源流釣
    北信濃のテンカラ師、寅さんのブログ。渓食の腕前はプロ級。頼りになる釣り師です。
  • へなちょこおやじのおもしろ日記
    へなちょこおやじが網膜剥離で入院していたときの壮絶な闘病日記です。是非ご覧あれ。
  • 山と溪を旅して
    へなちょこおやじがブログに興味を持つ切っ掛けとなった、こよなく山を愛する憧れの税理士先生のブログです。
無料ブログはココログ

« まいったぜ | トップページ | ラスト釣行in新潟 »

2012年9月23日 (日)

遂に出た~!

釣りシーズンも終盤。今回は県北の山形に抜けるスーパー林道沿いの溪にルアーマンさんと行ってきました。
昨年、雪崩でまだ林道が閉鎖されていた頃にゲートから2時間位かけてバックウォーターまで徒歩で行ったことがありましたが、今回は車で楽ちんです。

でも、ちょっと来るのが遅かったのか、入溪点には既に車が止まっています。仕方なく他の入溪点を探しますが、よく分らず、結局そこから入ってみることにしました。

PhotoPhoto_2

ここは支流ですが降りてみると、やはり水量が少なく、チョットガッカリですね。、でも、やたら魚が走るのが見えます。
よく見ると、ハヤです。 またかよと思いながらも釣り進みますが行けども行けどもなかなか事態は進展しないため、とっとと諦め、本流に戻ってみました。

Photo_3Photo_4

ここで、ようやくチビ岩魚が餌、ルアーそれぞれ釣れました。
でも、こちらも水量は少ない上に深い淵があまりなく、今一つの状態に河原で作戦会議をしていると、下から釣り人が上がってきました。聞くと東京から泊まりで来たようですが、あまり釣れずここで帰るとのこと。
そして、しばらくすると、またまた今度は3人連れが上がってきました。こちらも東京から泊まりで来てたようで昨日は雨で釣れたようですが、こちらも今日はこれで帰るとのこと。
ここは雑誌やネットで紹介されており、東京もんに人気なんでしょうかね?

と言うことで、会議の結果、一旦車に戻って更に林道を登って峰を越え、別の溪に行ってみる事にしました。

Photo_5Photo_6

途中、自然と公園の境目がよく分らない誰もいない森林公園を通り、遠く朝日連峰を眺めながら順調に車を進めますが、何とこんな上まで来て通行止めだって。

Photo_7Photo_8

仕方なく更に上にある金鉱の施設を見て、もう一度本流の上部に入溪し直すことにしました。

Photo_9Photo_10

入溪出来そうなところを見付け降りてみると、溪も狭まり何となく良い感じ。

Photo_11

今度はいけるかも?と思いつつも、そろそろ腹が減ってきたので昼飯休憩にしました。
今日はいつものようにおにぎりだけではなく、ルアーマンさんがアルコールコンロを持ってきており、棒ラーメンをいただきました。
9月も後半ともなると、さすがに涼しくなってきており、温かいラーメンはメッチャ旨かったですよ。

Photo_12Photo_13

と言うことで、腹ごしらえも終わり、いざリベンジ!
でも、ここでも綺麗な水の中にハヤがうじょうじょ見えてます。

Photo_14

またここもエサ泥棒ばかりかとちょっとやな感じでしたが、丁寧にチョットした淵を探っていくと遂に本日ようやくまともな岩魚をゲット!28センチ良型です。

Photo_15

奥まで来た甲斐がありました。
俄然やる気が出てきた俺達は、ハヤを蹴散らしながらも更に先に進みます。

Photo_27Photo_28   

段々溪も狭まり、その分大物が居そうな深い淵が多くなってきました。

今は渇水しているとはいえ、所々パンツびしょ濡れ、腰上あたりまで浸かりながら徒渉し進んでいくと、とうとう行く手に泳がないと行けなそうな淵が見えてきました。

Photo_18

そぉ~っと近寄っていくと、突然足下からコイのようなデカイ岩魚が上流にゆうゆうと登って行くのが見えました。

思わず二人顔を見合わせ、ニコッ!

餌では届きそうもないので、まずルアーでチャレンジ!大物は一旦滝壺まで行った後、チョット下がった緩やかな深いところに定位しています。

Photo_19

でも、何度ルアーを流してもなかなか興味を示さないため、今度は餌を深く入れて見ましたが、餌が深く入る前にハヤに食われてしまったりで困ったもんです。それでも何とか鼻っ柱に持って行きますが反応なし。今は、食い気がないようです。
そうこうしているうちに、大物は元居た下の場所に移動しちゃいました。

目の前の大物に諦めきれない俺達は再度、餌やルアーでチャレンジし続けた結果、執念のルアーマンが遂に掛けることに成功!

掛かった瞬間から大物は、対岸にいたおいらにドラグ音が聞こえるほどリールを唸らせ、猛然と上流に逃げ出します。

ベテランルアーマンは無理に引くと切れそうなので、格闘しながらだましだまし寄せてくると、やがてのたうち回るハンパなく大きな岩魚が見えてきました。

問題は取り込みです。廻りに河原はなく、引きずり上げる事が出来ません。何とかおいらがネットを出すも、餌取り用25センチ丸タモではなかなかうまくいきません。でも、折角の大物、絶対上げてゆっくり見てみたい!
何度かチャレンジの末、落っこちそうになりながらも、ようやく頭をネットに入れる事が出来、二人歓喜の雄叫び!

Photo_20

                                                             何と happy01 52センチ!大岩魚 happy01

こんなデカイ天然岩魚は見たことがありません。

Photo_21

大きすぎて手が回りません。まるでシャケです!
これこそ潜水艦岩魚です!おいらの40センチなんてお子ちゃまに見えちゃいます。

Photo_22

厳つい顔のアップですが、オスかな?

Photo_25   

剥製にして飾っておきたい位ですが、大きすぎて持って帰るわけにもいかず、これから産卵の季節、惜しみながらもリリースしてあげました。いい奴でしょ?

ここは林道から大きく離れたゴルジュの中。本来の水量ならとてもここまで辿り着くことは出来なかったと思いますが、渇水のおかげで主に会うことが出来ました。

今日は3~4尾しか岩魚にお目にかかれませんでしたが、最後に大満足の釣行となりました。

帰りにまたまたパンツびしょ濡れになりながらも、改めて溪を眺めて歩いていると、鏡のような水面に改めて来て良かった感が増幅され、今日の釣行は気持ち良く終わりました。

Photo_26

今シーズンも来週で終わりですが、また最後にサプライズがあるかもね?

« まいったぜ | トップページ | ラスト釣行in新潟 »

渓流釣り」カテゴリの記事

コメント

なぜかへなちょこさんだけにメールが送れません。メアドはiPhoneは二つあります。今週は夜勤明けなので無理です。急いでも12時くらいになりますし。

プーさん

携帯は同じですよ。もう一度携帯アドレス送ります。

へなちょこさん
おつかれさまです。
良いイワナ出ましたね。
いつも行くフライショップの店員さんに見せたら驚いてましたよ。
話変わりへなちょこさんにメールが送れません。携帯機種変更とかしました?

高崎先生

いやぁ~凄かったです。
もし俺の竿に掛かってたら、たぶん折れてたでしょうね。
綺麗な水の中だと、あんな大きい岩魚は隠れるとこがなくて、
丸見えでかわいそうなぐらいでしたよ。

こちらは9月いっぱいで禁漁です。
来週も天気が良ければ行ってきま~す

おぉ52センチ!

いるんですねえ、素晴らしい渓です。

来週はNさん自らの手で有終の美を飾ってくだせえ。

ぼくはすでに納竿、次はキノコと秋山歩きだす。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541161/55726719

この記事へのトラックバック一覧です: 遂に出た~!:

« まいったぜ | トップページ | ラスト釣行in新潟 »