2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブックマーク

  • 下手の横好き:源流釣
    北信濃のテンカラ師、寅さんのブログ。渓食の腕前はプロ級。頼りになる釣り師です。
  • へなちょこおやじのおもしろ日記
    へなちょこおやじが網膜剥離で入院していたときの壮絶な闘病日記です。是非ご覧あれ。
  • 山と溪を旅して
    へなちょこおやじがブログに興味を持つ切っ掛けとなった、こよなく山を愛する憧れの税理士先生のブログです。
無料ブログはココログ

« 遂に出た~! | トップページ | ご無沙汰で~す »

2012年9月30日 (日)

ラスト釣行in新潟

楽しかった渓流釣りも9月末で禁漁です。
今シーズンも例年通り3月からの解禁でしたが、おいらの好きな源流部は雪が多く、林道の通行止めもあって、なかなか入ることが出来ません。
このため山奥には6月末位からしか入れない状況でしたが、今年は週末の天気にも恵まれ延べ16回も行くことが出来ました。

そんな中、今シーズンの〆は先々週の三連休には東京など県外の釣り客で大賑わいだったようで、釣果はあまり期待出来ませんが、今年も良い思いをさせてもらったお気に入りの溪、T内川に行ってきました。

まだ夜も明けやらぬ林道を登り、現地到着5時半。ルアーマンと合流するも駐車場に着くと何故か他に釣り客が見当たりません。今日は一番乗りです。

PhotoPhoto_2

早速、一番近い入溪点から入りますが、渇水が一段と進んでおり、淵でも水中が丸見え状態。
これじゃ釣れないよな?

案の定、ほとんどアタリもなく、直ぐに通らず前のおいらの好きな景色に到着

Photo_3

この先の通らずのプールには前回大物の影を見ており、今回はベテランルアーマンに釣ってもらおうと連れてきましたが、ここも魚影はなく敗退。

Photo_4

予想されたこととは言え、チョット寂しい状況にとっとと引き返して本流へ向かいます。

本流に戻ると、お猿さんのお出迎え。ここも今日は釣り人は入っていないようです。

Photo_5

こちらも渇水には変わりなく、お気に入りの景色も水が少ないですね。

Photo_6

こちらでは20センチぐらいの岩魚が2尾ほど釣れましたが、ほとんどアタリ無く、直ぐに工事現場下のトンネルに到着。

Photo_7Photo_8

トンネル前のプールも水が少なく、普段見えない水中がよく見えます。ダム工事の方は、クレーン車の向こうにダム本体の工事が始まっているのが見えます。
ここも完成するともう来られなくなるんでしょうね。

Photo_9Photo_10

いつもはここに結構大物がいるんですが、今日は餌、ルアー共にアタリ無く撤退。

最後は溪を楽しむと言うことで、釣れなくてもいいやと思っていましたが、今一つパッとしない状況に、更に上流に行ってみる事にしました。

林道を更に登り、藪漕ぎしながら降り立った溪は、以前釣りンピックでみんなが爆釣した大堰堤の下です。

早速始めようと思いましたが、何となく怪しい雲行きに早めのお昼と言うことになりました。

今回はおいらもコンロを持ち込み、温かい飯と洒落込みました。といってもお湯を沸かして、カップヌードルリフィルというの中身だけのやつを入れて、3分待つだけの安直なもんですがね。
それでも今日は山の中は水温も14℃と、チョット寒いぐらいなので、温かいラーメンは旨かった。

Photo_11Photo_12

食ってる間にポツポツ雨も降りだし、チョット嫌な感じになってきましたが、やり始めると晴れ間も出てきたりで、変な天気です。

Photo_13

腹ごしらえして気分転換!二人勇んで竿を出すと、ルアーにヒット!尺上1尾、泣き尺1尾連チャンです。でも、おいらの餌にはまるで反応なし...

Photo_14Photo_15

おいらが下手くそなのか?今日はさっぱり釣った感がありません。
最後なんだから良い思いさせてよ~

と言うことで、更に林道を登り、これまた以前大物が釣れた場所に移動しますが、藪が以前より鬱蒼として入溪するのに一苦労でしたが、それ故に人が入ってないという事。

背丈以上の藪を抜けてようやく溪に降り立つと、ここも渇水で以前大物が釣れたポイントも丸見え、それでも諦めずに竿を出すと、22センチほどの綺麗な岩魚とようやくご対面。

まぁ~仕方ないか?と自分を納得させながら、先行したルアーマンを見ると、ロッドが大きくしなっています。

急いで駆けつけると、何と36センチの厳つい大岩魚を釣り上げていました。渇水で淵が浅く少なくなっている事で逆に、いれば一発で出てくる状況みたいです。

Photo_16

婚姻色でしょうか?厳つい顔と相まって、先週の52センチより迫力ある姿ですね。

それにしても、いいなぁ~!最近このブログはルアーマンの釣行記と化しちゃってますね。

次はおいらの番だとばかり、淵を見付けると先にやらせてもらいましたが、さっぱり。とうとう以前諦めた通らずまで来ちゃいました。
ここは餌、ルアー共に釣れず、納竿かなと思っていると、引っかかったミノーを取りに行ったルアーマンがそのまま通らずをクリアして先にいるではありませんか。
しかも、ルアーを投げると大物が追いかけて来ているというジェスチャーをしています。
おいらも続こうと思いましたが、限界まですり減ったウェーディングシューズでは滑って恐かったのと、もうそろそろ帰る時間なので諦めました。

こんな調子なら最初からここに来て、更に奥を攻めれば良かったなと思うのも後の祭り、次回は来シーズンまでおあずけです。でも、左の写真のように6月末でもここは雪渓で埋め尽くされていたところなので、当分来られないでしょうね。

Photo_18Photo_19

と言うことで、おいら的にはあまりパッとしなかった最終釣行でしたが、今シーズンはおかげで大物をたくさん見ることも出来、大満足のシーズンでした。

何より一番の収穫は釣り仲間が増えた事です。スタイルは違えど趣味が同じ人達との釣行は、至福の空間を仲間と共有出来る事で小心者?のおいらにとっては心強さも加わり楽しみが倍増され、毎回満足の充実した釣行となりました。

この場で今年ご一緒いただいた、皆さんにお礼申し上げます。ありがとうございました。

これから長いオフになりますが、みなさんお互いにあまり若くありませんし、健康に留意して来シーズンもまた元気に溪でご一緒できることを楽しみにしています。

このブログもオフシーズンは更新ペースは落ちますが、忘れられない程度に書いていきます。

転勤なければ、来シーズンもよろしくお願いいたします。ありがとうございました。

« 遂に出た~! | トップページ | ご無沙汰で~す »

渓流釣り」カテゴリの記事

コメント

へなちょこさん、お疲れ様です。
10月中に三川のフィッシングパークに行きましょう。
今日、iPhoneからソフトバンクスマホに変更しましたがやっぱりへなちょこさんにメールを送れません。

高崎先生

今年は良い思いさせてもらいましたが、とうとうフライセットは使わず仕舞いでしたすみません。

これからもぬけの殻になって冬眠に入ります。

是非、オフ会に誘ってください。

終焉を迎える渓は物悲しいものがありますね

水が減り、人が減り、渓の生気も失せてしまう

また来年、きらきら輝く渓で遊びましょう!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541161/55780694

この記事へのトラックバック一覧です: ラスト釣行in新潟:

« 遂に出た~! | トップページ | ご無沙汰で~す »