2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブックマーク

  • 下手の横好き:源流釣
    北信濃のテンカラ師、寅さんのブログ。渓食の腕前はプロ級。頼りになる釣り師です。
  • へなちょこおやじのおもしろ日記
    へなちょこおやじが網膜剥離で入院していたときの壮絶な闘病日記です。是非ご覧あれ。
  • 山と溪を旅して
    へなちょこおやじがブログに興味を持つ切っ掛けとなった、こよなく山を愛する憧れの税理士先生のブログです。
無料ブログはココログ

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月16日 (金)

焼き鳥屋開店!

と言っても友達の話。

去年の暮、実家の四日市に帰っていた時、中学時代の友人との飲み会で、水道屋の社長で何時もみんなの中心となって仕切っていた同級生が突然「俺、焼き鳥屋をやる」と言い出してみんなビックリ!その時は酒の席の受け狙いとしか思ってませんでしたが、

このお盆で帰省した時、気になっていたので連絡すると、何とほんとにやってました。

社長業からの180度転身に何事が起こったのかと早速友達を誘って行って見ました。

1_2

店の名は「創鳥 やっちゃん」といいます。

一番乗りで店内に入ると、普通の焼き鳥屋のイメージと違って白を基調とした店内は普段の彼からは想像できない清楚な感じの店に仕上がってました。

何でも若い女の子が入りやすい綺麗な感じの店のイメージを狙ったんだとか

2

全てが新品のせいもあり、焼き鳥屋にありがちなベトベト感もなく、明るい店内はちょっと期待した、いかがわしさも感じさせず、それが良いんだか悪いんだか?

3

みんな久しぶりの再会に開店早々から社長?おっと失礼。オヤジも呑みはじめちゃって、いつもの飲み会と一緒です。

4

しかし、彼が焼いた焼き鳥を食う事になろうとはね

人生いろいろ。俺達も先が見えてきてみんないろいろ考えてるんですね。

しばらくすると彼の顔の広さと人徳なんでしょうね。ちょっと一元さんは入りずらい感じがしてましたが、他のお客さんも入りはじめ、取り合えず繁盛しているようで一安心。

俺達はこの辺で失礼させてもらい、帰りにいつものパブで彼のボトルを勝手に飲んで帰りました。悪い奴らです

5

おっと、肝心の焼き鳥のレポート忘れてましたが、元社長が拙い手でぎこちなく焼いていたわりには、完成度は高く旨かったですよ。

みんな行ってあげて下さいね。商売繁盛願ってま~す。

2013年8月10日 (土)

寒み~よ~

今日は甲府や高知の四万十じゃ40度を超す猛暑だというのに、新潟の山は何で寒いんだよ~?

それにしても今年の釣りは天気に恵まれず、せっかくの土曜日なのに、はじめは曇ってるだけだったけどまたしても途中から雨だす。

平日晴れて土曜日は雨。おいらは何か悪い事でもしたんでしょうかね?

ということで、またしてもS藤さんにお付き合いいただき、遂にお気に入りの渓に行ってきました。

今回は気合を入れて現地朝5時過ぎ到着!すでにS藤さんは到着して着替えてました。おいらはチョット遅刻...ごめんなさい

早速着替え出発するも、タッチの差でお目当ての支流は先行者を許してしまいました。おいらのせいです...ごめんなさい

仕方なく本流を攻めることになりました。

1
やはりこのところの大雨の影響がまだ残っているのか増水気味です。

でも、何となくシルエットが決まってますね。

更に先に進んで行きますが、如何にも寒そうでしょ...例によって頭が重いせいもありますが、おいらはつまずいてヘッドスライディングしてズブ濡れ..

2

今日はあまり魚影が濃くないようで、おチビちゃんばかりでしたが、途中おいらの竿に大きなアタリがあり、一気に引き上げるとなぜか尺岩魚が背掛かり..

でも、釣った事に変わりないやとサイズを測った後、記念写真を撮ろうとカメラを出してる間に逃げられちゃいました....ほんとです

悔しいのでお決まりの工事現場まで行って最後のプールで勝負しようと先を急ぎますが、川床が増水時にえぐられたようで、去年簡単に歩けた場所が深くなってて、腰まで浸かってパンツまでびしょ濡れっす。寒み~

3
ここでようやく満足サイズが釣れてやっと記念写真

4

しか~し!朝方は気にならなかったアブの登場で~す!でも、まだ最盛期ではないのか、いつもは汗かきのおいらが餌食になるんですが、今日は寒くて汗をかいてないので、代わりに黒ずくめのS藤さんにまとわり付いて、頭にタオルを巻いてひょっとこスタイル

5
一旦戻って、お目当ての支流に入りなおしますが、先行者が戻ってくるとこに鉢合わせ、仕方なくここは退溪。

寒いし、あんまり釣れないし、アブが登場するし、ついてませんね。

林道に登り上がりますが、ここで帰るにゃまだ早いとのことで、去年みんなで行った尺物爆釣堰堤に行ってみることにしました。

木が鬱蒼と茂ってどこから降りればいいのかわからないまま、適当に藪漕ぎしながら何とか降りた懐かしの爆釣堰堤の下です。

動画を張ってみました。

残念ながら釣れるシーンは難しく、カメラを切ったこの後釣りあげました。

ついでに、この後、この淵でおいらは尺物らしき岩魚を釣り上げ、一旦岸に引き上げるも、プチ~ンと糸が切れ、またもや逃がしてしまいました。トホホです

で、問題の爆釣堰堤ですが、水量が多いせいか飛沫の爆風でとても餌釣りできる状態ではありません。

6
ということもあろうと、何故か二人とも振り出しロッドを待ってきており、ここはルアーで挑戦ということになりました。

あまりにも風圧が強く全身びしょ濡れになりながらも取りあえず力いっぱい投げてみると、何ということでしょう

一発で釣れちゃった

7
しかも、ミノーじゃ軽くて飛ばされそうだったので、二人ともスピナーで適当にやってどちらも1尾ずつゲット!

でも、これ以上寒くてやってられなくなって、本日はここで納竿となりました。

帰りは土砂降り。早く引き上げてよかったかもね?

おいらはまだ時間が早かったので麓にある温泉ホテルで日帰り入浴して帰りました。

今日は天気も悪く、夏なのに寒くて、なかなか思い通りの気持ちいい釣りとはいきませんでしたが、これも修行のひとつですかね?

S藤さん二週連続ありがとうございました。次回はアブがいなくて、寒くない天気のいい日に行きましょう。

2013年8月 4日 (日)

愛しの渓 雨の復帰戦

8月に入って最初の土曜日、骨折から2か月半経ち、少々関節や神経に痛みが残るものの、医者の許可もあり遂に復活の運びとなりました。

但し、単独釣行は禁止されているため、地元釣り師のS藤さんにご同行いただき、My渓に連れて行ってもらいました。

わくわくしながら迎えた土曜日でしたが、朝起きると、何と雨、天気予報では曇り時々晴れだったはずなんだけど...

その内晴れるだろうと淡い期待を持って、取りあえず、約束の集合地点で去年の8月の釣りンピック2012三種混合でお会いして以来約1年ぶりに再会。

やはり職業柄でしょうね。相変わらずおいらより年上には見えない鍛えられた体型は羨ましい限りです。

てなことで、天気悪いねと言いながらも早速林道終点まで車を進め、釣行開始。
登山口から入ると最初にある淵です。水量も多く少々濁っているようですが、あまり問題なさそうです。ここは高巻きしてこの上から入渓します。

2
足をかばいつつようやく溪に降り立つとちょっとした河原になっていましたが、すぐに結構切れ込んだゴルジュになってます。これ以上増水したらやばい感じです。

4_2
3
6
早速竿を出しますが、残念ながらアタリなし。この先も川通しでは行けず、また高巻きです。足大丈夫かいなと思いつつも、さっさと進んでいくS藤さんに付いて行くしかありません。但し、天気は回復するどころか、逆に雨足が強くなってきて少々不安になってきました。

上からの雨と川歩きで腰まで水に浸かるとこもあり、全身ずぶ濡れになりながら、体温を奪われ真夏というのにガタガタ体が震える始末。

趣味とはいうものの、まるで修行のようです。

5
そんな中、ちょこちょこちっちゃな岩魚が釣れ始め、徐々にやる気が出てきたところ、おいらに大きな岩魚が掛かったんですが、取り込みにもたもたしていたら、逃げられてしまいました。

逃した獲物はデカかった?めっちゃショックです。

でも、S藤さんが直ぐ上の淵で尺岩魚を上げてくれました。おいらにとっては今年見る初めての尺岩魚に悔しいけど感激です。

8

その後も雨は一向に降り止まず、休憩もままならない状況の中、更に上流を攻めますが、おいらは集中力を欠いているのか、今度は釣った岩魚の針を外しながら落っことして逃がしちゃったり、根掛かりや枝掛かりで仕掛けを壊すはで、やはり今一つ本調子に乗り切れていません。

そんなおいらをS藤さんが気遣ってくれて、これ以上登るのもしんどいし、隣の川でヤマメを釣ろうということで、ここで退渓します。でも結構ヘビーな退渓路ですね。

9
帰りは今は廃道となっている山道を通って、ビショビショのまま車に乗り込み20分程で到着。

こんな堰堤の続く何て事のない普通の川ですが、やはり地元民ですね。教えられたポイントで本当にヤマメが釣れちゃいましたよ。

10
22センチ位のそこそこ体高のあるヤマメです。久しぶりにヤマメ見ましたが綺麗ですね。

11
ヤマメはこの堰堤までで、この先は岩魚が釣れるというので最後にチャレンジしましたが20センチ弱の岩魚を最後にエサもなくなり、時間もそろそろということで本日の復帰釣行は終わりとなりました。

心配していたアブは雨のせいもあるかも知れませんが、1~2匹見た程度で被害はありませんでした。

おいらにとっては骨折事故以来初めての釣行でした。今日は記念に食する事にして、行きつけの居酒屋に持ち込み、岩魚は刺身、ヤマメは焼きにして美味しくいただきました。

12_2
S藤さんありがとうございました。来週以降アブが心配ですが、今度は晴れた気持ち良い日にまたご一緒お願いします。

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »