2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブックマーク

  • 下手の横好き:源流釣
    北信濃のテンカラ師、寅さんのブログ。渓食の腕前はプロ級。頼りになる釣り師です。
  • へなちょこおやじのおもしろ日記
    へなちょこおやじが網膜剥離で入院していたときの壮絶な闘病日記です。是非ご覧あれ。
  • 山と溪を旅して
    へなちょこおやじがブログに興味を持つ切っ掛けとなった、こよなく山を愛する憧れの税理士先生のブログです。
無料ブログはココログ

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月27日 (日)

未知への挑戦

この夏、最高気温36度を記録したこの土曜日。

予てから行ってみたかったものの、時間、条件、勇気?が揃わず、ずっと棚上げとなっていたスリット堰堤の上の未知の領域にチャレンジしてきました。

今回は釣り仲間一番の若手NTさんとの釣行です。

早朝、登山者で一杯となった駐車場に無理矢理車をねじ込み出発です。今日は下は飛ばして、登山タクシーに乗って一気に上を目指します。

終点に着くと、登山者とじばし歓談したのち、彼らは上に、俺たちは下に別れ、いつものお気に入りのポイントに入渓します。

渓に降り立ち、今日も一番乗りと安心して、まったりと支度して釣行開始。

時間もあるのでまずは入渓点の下を探りに行ってみます。すると何という事でしょう?

遠くに先行者が二人もいるではありませんか?

ここで先行者に出くわした事は初めてです。仕方なく踵を返し、上に急ぎます。

途中、いつも大物の上がるポイントに着くと、河原にコンロなどが置いてあり、彼らはここで朝飯を食ってた様子です。俺たちが入渓したのが7時。彼らは一体何時に入ったのでしょうか?

当然のことながら、このところ立て続けに36センチを上げている淵もアタリなく、釣り残しの20センチほど岩魚を掛けるも、落っことしちゃうし、意気消沈です。

1
この先はゴルジュ帯になり、今期は雪渓や増水で未だ突破出来ていない場所です。もうここまで来ちゃったし、引き返しても釣り場がないし、目的のスリット堰堤まで川通しで強行突破する事に決定!

とはいうものの、まだ雪代や雨の影響で水位はあまり下がっておらず、二人でおっかなびっくり協力して進みます。

ようやく前回雪渓のあった下に到着。

2
ここから先は気合を入れないと行けない場所なので、先行者もここまでやったかも?と思いつつも取り敢えず竿を出してみる事にしました。

3
まずはNTさんが竿を出してみます。おいらはそれを眺めていましたが、何度か繰り返しているうちに、根掛かりした感覚に「あちゃ~?」と思った瞬間、それがグイグイ竿をしならせ、水面に上がってきたのはドデカい岩魚です!

ここは河原もなく引きずり上げる事が出来ないため、おいらも手伝って何とかタモにゲット!

4
何と!今期新記録!40センチ岩魚が上がってきました!

しかも、本日初めての釣果です。今まで二人とも1尾も連れてなかったけど、一発目が新記録デカ岩魚に二人狂喜乱舞です!

ついでに水中写真にチャレンジしましたが、うまく撮れませんでした。

先行者に気勢を削がれ、テンションが下がっていたところに、いきなりの大物登場で一気に気分転換。

この先も出るかも?と気合を入れ直し、濁流をもろともせず、ずぶ濡れになりながら更に上を目指します。

5
でも、その後は1尾も釣れず、単なる沢屋さん状態のまま、とうとう本日のメインイベント会場に到着。

6
このころになると、陽も昇り、気温が高くなり、汗かきのおいらは全身外と内から常にずぶ濡れ状態。暑ぢぃ~

前回はスリットの抜こう側に大きな雪渓が見えていましたが、かなり溶けたようで、小さくなっています。

7
今日は左に見える段々になったハシゴをよじ登って、向こう側の未知の世界へのチャレンジです。

でも、近くに行くと、ハシゴに取り付くには少々の泳ぎが必要です。何てことなさそうな感じですが、スリットから勢いよく流れ出る水が激しく巻いており、取り付きそびれると、落ち込みに吸い込まれそうでチョット危険な感じです。

8
でも、今日はこの突破が目的です。意を決し、おいらが先行して進みます。

はじめは何とか歩いて進みますが、徐々に深くなると同時に、強い水流で足元をすくわれ、ズズッとすべりだし、最後は首まで水没しながらも、何とか流されず壁面に取り付き、よじ登ってクリア!

今日は暑さのせいで冷たい水もあまり苦になりません。

これから上まで約25メートルを一気に登ります。

9
登りは途中、何ヵ所も踊り場がある事もあり、あまり高所に対する恐怖感はなく、て

っぺんまで一気に登り切ります。

10
そして遂に頂上制覇!さすがに改めて見下ろすと高度感に足がすくみます。

11
そして未知の反対側を覗き込むと、堰堤は斜めに積み上がっており、他の堰堤と違い変わった景観です。

12
反対側に降りるためにまたハシゴを使いますが、こちらは斜めになっている関係で、ハシゴは最初のみで、あとはこの段々をひとつづつ飛び降りる感じで降り立ちます。

反対から全容を見ると、晴天も相まってすごくいい感じです。こんなものをこんな山奥に作るなんて、人間ってすごいです。

14
斜め感はこんな感じ。45度以上ありますね?

23
15_2
早速、未知の領域にワクワクしながら竿を出しますが、先行者はさすがにいないはずですが、何故かまったくアタリなく、それどころか500メートルも進まないうちに、前方に大きな雪渓発見!

16
近寄って見ると、何と川を跨いで大きなトンネルを作っています。しかも溶け始めており、下は雨のようにしずくが滴り落ちています。

17
トンネルは40メートルぐらいあるでしょうか?これが落ちてきたら一巻の終わりです。

18
これじゃ、恐くてこの下を潜って先に進めません。

迫り出した雪渓は今にも崩れて来そうな感じです。

19
折角、苦労してここまで来たのに残念ですが、安全を期して引き返す事にしました。

天気が良いのがせめてもの救いです。きれいな景色を目に焼き付けながら、名残り惜しくも撤退です。

20
前回スリット越しに見えた雪渓のあった場所は、小さな雪渓を残すのみとなっていましたが、滝の上にはガレキが詰まっており、一つでも岩や木が外れると一気に崩れそうな感じです。

21
そして、さっき越えてきたばかりの堰堤をまた登り返します。

帰りはハシゴがついてないので、一段一段よじ登って上がります。斜めになっているものの、こちらの方がかえって高度感があり、チョット怖かったかな?

22
そして再び頂上に立ち、

24
降りたのはいいのですが、今度は下のプールを渦の流れに逆らって行かなくてはならず、行きより高い難易度に、二人相談の結果、もし流されても助けられるようにロープを張って突破に成功!

さて、時間はまだお昼前です、おいらはまだ1尾も釣ってないし、という事でちょっと戻って釣り下がりながら行くことにしました。

でも、やはり昼過ぎです。気温もおそらく35度はあるでしょうか?水温も高く、途中会いませんでしたが、既に釣り師が入ってるんでしょう?

空の青とのコントラストに景色はいい感じですが、

27
あまりの暑さに、脱水症状が出始め、水分補給を繰り返しながらも、納得の1尾を目指します。

25
そのうち爆釣堰堤に上から到着!飛沫も相変わらずでしたが、カッパを着こんで、チャレンジ!

28
結果は15センチ岩魚がルアーで釣れたのみ・・・

最後にひょっとしてと思い、戻りついでに駐車場下の暑さで水蒸気が上がるプールでルアーを振ってみるも、無駄なあがきに終わり、納竿となりました。

29
今回は、スリット堰堤上の探検が主目的でしたが、こんなに釣れなかったのも久しぶり。

おいらは落っことしたものを除くと、ルアーで釣ったおチビちゃん1尾のみ・・・

NTさんは、40センチの大物岩魚以外には20センチ2尾のみで二人で合計3尾。

大物記録を更新すると共に釣れない記録も更新されました。

まっ!それでも今日は沢屋さんになったと思えば、ちょっと竿を出しただけで大物釣りが出来た、物凄く効率のいい釣りだし、天気も景色も最高!満足の楽しい1日でした。

おしまい

2014年7月13日 (日)

雨後の爆釣?

新潟地方は台風8号の直接的な影響はありませんでしたが、梅雨前線が刺激され、大雨が降った後のこの土曜日。

天気予報は晴れ!でも、デカい山を源流とするお気に入りの渓は雪解けと併せ、増水で多分釣りにならないだろうとの予想から、影響のあまりなさそうな、流程の短い小さな山の渓に行くことにしました。

早朝の高速を終点まで走り、雨でぐちゃぐちゃになった林道を、泥んこになりながら、現地に着くと、ここも大雨の影響はあったようで、河原の草木がなぎ倒された爪痕があり、相当増水していた様子が見て取れました。

でも、川面を見ると、前回来た時より多少増水しているものの、濁りもほとんど取れて、問題なさそうな様子に取り敢えず一安心。

1
皆も、「これなら、今日も爆釣が期待できるぜ!」との思いを馳せ、そそくさと支度して入渓します。

今回は4人での釣行のため、前回、二週連続で行った中流域と上流域を一気に攻めてみました。

朝靄煙る渓を進んで行くと、斜面ごとズリ落ちたのであろう大木に大雨の影響を感じますが、釣りの方は時間と共に徐々にペースが上がり爆釣の予感!

2
所々大雨で流されてきた木が、ダムとなってプールが出来てますが、かえって岩魚が溜まっていい感じ。

3

更に進んで行くと、真新しい熊の足跡発見!ちょっと嫌な感じですが、今日は四人もいるので心強く、釣行を続けます。

4
その後も各自順調に釣れているのですが、お目当ての大物は未だ出ず、上がって来るのは25センチ平均の良型ばかり。

ちょっと贅沢な悩みですが、良型岩魚の写真は飽きてきたので、大物が出るまでおあずけです。

天気の方は、徐々に晴れ間が出るようになってきて、薄暗かった渓にも日差しを受けるようになってきました。

5
やっぱ、四人の釣行は登るスピードが早いですね。昼前に中流域は終わり、あっという間に以前、寒い中、パンツびしょ濡れになって突破したゴルジュ帯に到着。

増水で行けなくなっているのでは、と危惧していましたが、多少多いぐらいで何とか行けそうな状態に突破決行!

6
みんなちょっとしたアトラクションを楽しみながら、どんどん登っていきます。

今回は動画にしてみました。

いくつになっても、ちょっとしたサバイバルごっこは楽しいもんですね。沢屋さんの感覚かな?

という事で、ここを抜けるとまた開けた渓相に変わり、相変わらず良型がポンポン出て来ますが、残念ながら尺物は出て来ません。

景色の写真でご勘弁を・・・

7
8
9
四人で調子に乗ってどんどん奥に進んできたのはいいのですが、そろそろ帰りの時間となっちゃいました。

でも、ここまで、四人で約100尾は釣り上げたでしょうか?

ほんとに雨後の爆釣と相成りました。

帰りは、途中からは林道を歩けるものの、速足で一気に約1時間半。

今回は、大雨の後でしたが、釣り場の選択が功を奏し、増水の危険もなく、いつも通り楽しませてくれた渓に感謝しつつも、結局大物は釣れず、もっと奥に行かねばだめなのかな?とか皆で談笑しつつ無事に帰途に着きました。

10
次回は、アブが大発生する前に、お気に入りの渓を更に奥まで攻めてみたいと思っていますが、どうなることやら?

おしまい

にほんブログ村 釣りブログ 渓流釣りへ

2014年7月 6日 (日)

やっぱハイレベル?

また、お気に入りの渓に行ってきました。

今シーズン二度目ですが、ここは期待を裏切らない渓。ふたたび大物ゲット!なるか?

という事で、期待を胸にオウケンさんと駐車場に着くと、登山者がいっぱいいました。みんな登山タクシーを待ってるんですね。

俺達は朝はお世話にならないので、横をすり抜け、いつもの入渓点から入ります。

今回は前回増水で通れなかったゴルジュを突破して更に奥に行く予定です。

渓に降り立つと、前回より水位は10㎝位減ってるようで、何とか行けそうな気配に、取り敢えず直ぐに釣り始めますが、前回よりもアタリがなく、今一つの感じ。

1

気温もなかなか上がらず、寒さに震えながら、何だかあんまり釣れないねと思いつつ、前回増水で断念したゴルジュに到着。

水位は下がっているというものの、まだ楽に通れる状態ではなく躊躇しましたが、ブログネタもなくなるし、この先は爆釣の世界があると信じて、冷たい水の中を腰まで浸かって何とか突破!

パンツびしょ濡れになりながら、振り返って見るとこんな感じ。一人だったら絶対引き返すよな。

2
で、やったぜ!という感覚で早速竿を出すと、直ぐに良型ゲット!

3
ゴルジュを抜けると、空が大きく見える開けた瀬になり、太陽も出て来て、日差しが暑く、気温も上がってきました。

この先はすぐに通らずになりますが、そのプールにはかつて50センチオーバーの岩魚を見た事もあり、今回はどうかな?

4
上から覗き込むと、尺はあろうかと見える岩魚がゆった泳いでいるのが見え、上から餌を流しますが、無視!

今度はオウケンさんがルアーで挑戦!

5
たまに追っかけてくるものの、遊んでいる感じで結局釣れず、この先はさすがに今は行けないし、引き返す事にしましたが、またゴルジュの中をびしょ濡れになって通るのも、如何なものかと思い、はるか上の道を目指し、支流を登ってみる事にしました。

6
意を決し、支流の沢を登り始めますが、2~30mも行かないうちに、ムメッた3mぐらいの小さな滝に行く手を阻まれます。

7
振り返ると、結構な高さまで登ってきた感じですが、登り切るにはこれを突破して、更に倍以上登らなくてはならない状況に、身軽なNTさんもおらず、おっさん二人は危険を感じ、撤退決定!

8
仕方なく、またパンツびしょ濡れになりながら、入渓点に戻った頃には陽も登り、夏を感じるいい天気になってきました。

9
道に戻り、遠く雪渓が見える山の景色を眺めながら歩いていくと、前回雪渓で埋まっていた沢はほとんど消えていました。

10
11
そんな事で、堰堤下もきっと減水して爆釣モード突入かと、ワクワクしながら降り立つと、確かに前回よりは減ってはいるものの、まだまだ飛沫の爆風は収まるほどではありませんでした。

それでもカッパを着てルアーでチャレンジ!

おいらもルアーがどこに飛んで行っているのかも見えないまま何度も投げ込んでいると、可愛い岩魚が遊んでくれましたよ。

12
大物こそ出ませんでしたが、今回は取り敢えず釣れたからいいかな?

という事で、前回大物の出た更に上にまたまた行ってみます。

こちらも、雪渓はまだまだ残っているものの、水位は下がって来ており、期待を持って再入渓。

13
早速竿を出すと、いきなり28センチ良型岩魚のお出迎えで、気を良くしたおいらは、前回36センチ岩魚を上げた場所に急ぎます。

さすがに、連チャンは無理かな?と思いつつ、チョット水量の減ったポイントに餌を投げ込むと、いきなりグッグッと大きなアタリ・・・

やったぜ!本当に釣れちゃった!しかも36センチ尺岩魚だぜ!

15
今回は記念写真を撮ってもらいました。

ひょっとしてこの岩魚は前回と同じ奴かな?と思いましたが、後で写真を見比べると、どうも違うようでした。

16

それにしても、ここは岩魚にとって、いい場所なんでしょうね?

記念に指向を変えて水中動画を撮ってやろうとチャレンジしましたが、出演者が脱法ドラッグでもやってるかのように暴れて、うまく撮れず失敗。

取り敢えず前回と同じパターンになっちゃいました。

この調子だと、この奥は更に期待が持てるぞ!と気を良くして更に進みますが、前回引き返したポイントまで来ると、水量や雪渓は小さくなっていたものの、これを突破するには、結構ガッツがいるのと、時間も押してきた事もあり、やむなく今回もここまでとして、引き返す事になりました。

林道に戻って、上から先の様子を覗き込んで見ると、やはり川幅の狭いゴルジュの間は水流が強くて、脇にはまだ大きな雪渓も残っており、難しそうですね。

17
折角なので、この先のスリット堰堤の様子を見に行ってみると、スリットの向こう側には大きな雪渓も見え、しかも去年、堰堤を乗り越える梯子まで、濡れずに行けたものが、今回見ると手前にプールが出来てます。

18
次回は、この上に行ってみたいのですが、どうなることやら?

おしまい

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »