2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブックマーク

  • 下手の横好き:源流釣
    北信濃のテンカラ師、寅さんのブログ。渓食の腕前はプロ級。頼りになる釣り師です。
  • へなちょこおやじのおもしろ日記
    へなちょこおやじが網膜剥離で入院していたときの壮絶な闘病日記です。是非ご覧あれ。
  • 山と溪を旅して
    へなちょこおやじがブログに興味を持つ切っ掛けとなった、こよなく山を愛する憧れの税理士先生のブログです。
無料ブログはココログ

« 庄内フルムーンドライブ | トップページ | 雨後の爆釣? »

2014年7月 6日 (日)

やっぱハイレベル?

また、お気に入りの渓に行ってきました。

今シーズン二度目ですが、ここは期待を裏切らない渓。ふたたび大物ゲット!なるか?

という事で、期待を胸にオウケンさんと駐車場に着くと、登山者がいっぱいいました。みんな登山タクシーを待ってるんですね。

俺達は朝はお世話にならないので、横をすり抜け、いつもの入渓点から入ります。

今回は前回増水で通れなかったゴルジュを突破して更に奥に行く予定です。

渓に降り立つと、前回より水位は10㎝位減ってるようで、何とか行けそうな気配に、取り敢えず直ぐに釣り始めますが、前回よりもアタリがなく、今一つの感じ。

1

気温もなかなか上がらず、寒さに震えながら、何だかあんまり釣れないねと思いつつ、前回増水で断念したゴルジュに到着。

水位は下がっているというものの、まだ楽に通れる状態ではなく躊躇しましたが、ブログネタもなくなるし、この先は爆釣の世界があると信じて、冷たい水の中を腰まで浸かって何とか突破!

パンツびしょ濡れになりながら、振り返って見るとこんな感じ。一人だったら絶対引き返すよな。

2
で、やったぜ!という感覚で早速竿を出すと、直ぐに良型ゲット!

3
ゴルジュを抜けると、空が大きく見える開けた瀬になり、太陽も出て来て、日差しが暑く、気温も上がってきました。

この先はすぐに通らずになりますが、そのプールにはかつて50センチオーバーの岩魚を見た事もあり、今回はどうかな?

4
上から覗き込むと、尺はあろうかと見える岩魚がゆった泳いでいるのが見え、上から餌を流しますが、無視!

今度はオウケンさんがルアーで挑戦!

5
たまに追っかけてくるものの、遊んでいる感じで結局釣れず、この先はさすがに今は行けないし、引き返す事にしましたが、またゴルジュの中をびしょ濡れになって通るのも、如何なものかと思い、はるか上の道を目指し、支流を登ってみる事にしました。

6
意を決し、支流の沢を登り始めますが、2~30mも行かないうちに、ムメッた3mぐらいの小さな滝に行く手を阻まれます。

7
振り返ると、結構な高さまで登ってきた感じですが、登り切るにはこれを突破して、更に倍以上登らなくてはならない状況に、身軽なNTさんもおらず、おっさん二人は危険を感じ、撤退決定!

8
仕方なく、またパンツびしょ濡れになりながら、入渓点に戻った頃には陽も登り、夏を感じるいい天気になってきました。

9
道に戻り、遠く雪渓が見える山の景色を眺めながら歩いていくと、前回雪渓で埋まっていた沢はほとんど消えていました。

10
11
そんな事で、堰堤下もきっと減水して爆釣モード突入かと、ワクワクしながら降り立つと、確かに前回よりは減ってはいるものの、まだまだ飛沫の爆風は収まるほどではありませんでした。

それでもカッパを着てルアーでチャレンジ!

おいらもルアーがどこに飛んで行っているのかも見えないまま何度も投げ込んでいると、可愛い岩魚が遊んでくれましたよ。

12
大物こそ出ませんでしたが、今回は取り敢えず釣れたからいいかな?

という事で、前回大物の出た更に上にまたまた行ってみます。

こちらも、雪渓はまだまだ残っているものの、水位は下がって来ており、期待を持って再入渓。

13
早速竿を出すと、いきなり28センチ良型岩魚のお出迎えで、気を良くしたおいらは、前回36センチ岩魚を上げた場所に急ぎます。

さすがに、連チャンは無理かな?と思いつつ、チョット水量の減ったポイントに餌を投げ込むと、いきなりグッグッと大きなアタリ・・・

やったぜ!本当に釣れちゃった!しかも36センチ尺岩魚だぜ!

15
今回は記念写真を撮ってもらいました。

ひょっとしてこの岩魚は前回と同じ奴かな?と思いましたが、後で写真を見比べると、どうも違うようでした。

16

それにしても、ここは岩魚にとって、いい場所なんでしょうね?

記念に指向を変えて水中動画を撮ってやろうとチャレンジしましたが、出演者が脱法ドラッグでもやってるかのように暴れて、うまく撮れず失敗。

取り敢えず前回と同じパターンになっちゃいました。

この調子だと、この奥は更に期待が持てるぞ!と気を良くして更に進みますが、前回引き返したポイントまで来ると、水量や雪渓は小さくなっていたものの、これを突破するには、結構ガッツがいるのと、時間も押してきた事もあり、やむなく今回もここまでとして、引き返す事になりました。

林道に戻って、上から先の様子を覗き込んで見ると、やはり川幅の狭いゴルジュの間は水流が強くて、脇にはまだ大きな雪渓も残っており、難しそうですね。

17
折角なので、この先のスリット堰堤の様子を見に行ってみると、スリットの向こう側には大きな雪渓も見え、しかも去年、堰堤を乗り越える梯子まで、濡れずに行けたものが、今回見ると手前にプールが出来てます。

18
次回は、この上に行ってみたいのですが、どうなることやら?

おしまい

« 庄内フルムーンドライブ | トップページ | 雨後の爆釣? »

渓流釣り」カテゴリの記事

コメント

高崎先生

こちら純粋に釣りモードでの山行でございます。

毎年記録更新が取り敢えず目標かな?

今のうちはこれもありかもです。

またまた尺2寸、さすがですねえ。
この渓はデカイ岩魚を育む力があるということなんですね。
もうこうなったら次回は40オーバでしょ?

NTさま

今度は、みんなで行きますか?
台風の影響が心配ですがね

またも尺物、羨ましいです!
やっぱり、お気に入りの渓は大物がいますね。
次回は、ぜひご一緒したいです!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541161/59933614

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱハイレベル?:

« 庄内フルムーンドライブ | トップページ | 雨後の爆釣? »