2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブックマーク

  • 下手の横好き:源流釣
    北信濃のテンカラ師、寅さんのブログ。渓食の腕前はプロ級。頼りになる釣り師です。
  • へなちょこおやじのおもしろ日記
    へなちょこおやじが網膜剥離で入院していたときの壮絶な闘病日記です。是非ご覧あれ。
  • 山と溪を旅して
    へなちょこおやじがブログに興味を持つ切っ掛けとなった、こよなく山を愛する憧れの税理士先生のブログです。
無料ブログはココログ

« 大爆釣?懐かしの新潟 その① | トップページ | 天気最高!釣果? »

2015年9月29日 (火)

大爆釣?懐かしの新潟 その②

県北の渓をあとにしたおいらは、明日の渓の入り口にあるヒュッテにPマンさんとオウケンさんとのアラカントリオでお泊りです。

早速、風呂に入って食堂に行くと、ここは泊まるのは初めてですが、以前より随分格調高くなったんでしょうかね?晩飯がコース料理のみとなってました。

19
で、全部写メ撮ってやろうと思いましたが、撮るのを忘れて思い出した時には食っちゃてて、撮ったのはこれだけ

20
支配人が代わってコンセプトも変わったらしいね。

ここは車で来れるとこだし、汚い恰好した釣り師や登山者は敷居が高くなった感じです。

という事で、部屋でおとなしく呑んで、翌朝、今度はNTさんが来てくれて四人で去年のお別れ釣行と同じ場所でリベンジ開始!

21

歩いて直ぐに入れるこの渓は、危険なとこもなく、気軽に入れる人気の渓なので、シーズン終わりの日曜日はかなり厳しい状況ですが、一番通った渓なので外すわけにはいきません。

秋口にあたり、案外大物が上がって来てるかもと、都合のよいストーリーを描き、勇んで入渓!

そしておいらは降りた淵でいきなりヒット!ここは以前40cmを釣った事のある場所です。

でも、残念ながら22cmぐらいでしかもピンボケ。

2322

この時はまだ後で釣れるからいいやと思ってました。

懐かしい景色は相変わらず、澄んだ水が癒してくれます。

2425

でも、全く言っていいほどアタリがありません。昨日の土曜日に相当人が入ったのかな?

こちらも四人もいるし、とっとと進み、直ぐに通らずまで来ちゃいました。

26
ここではルアーもチャレンジしてみましたが、まったくダメ!

仕方なく、戻って、本流を釣り上がって行く事にしました。

27
こちらも澄んだ流れに気持ちは癒されますが、全くアタリなし

2829

直ぐにダム工事現場に到着!

工事は進んでいるようで、遠くに相当高いダムの姿が見えます。これは平成31年に出来るそうで、水が貯まるとかなりの渓が消えてしまうそうです。

30
結局、まったく釣れませんでした。去年もそうだったけど、シーズン終わりは厳しいね。

時間はまだ9時過ぎです。林道に戻って更に上流にチャレンジしようと川を下っていると、ケタタマシイ鳴き声が聞こえ、声の元を探していると、何と河原に綺麗なセミがいました。

31
帰って調べたら、アカエゾゼミというそうです。綺麗なセミですね。

更に下っていると、今度はいきなり人が山から凄いスピードで降りてきました。何事かと聞いてみると舞茸を採ってるんだそうです。

と言って山を見上げながら一緒に歩いていたかと思うと、あっという間に登って行っちゃうし、まるで猿のような身軽なおっちゃんの登場にしばし見入ってしまいました。

32
一旦、林道に上って歩き、藪漕ぎしてまた降りて、ここも定番の場所です。

33

ここはルアー中心ですが、チェイス1回、バラシ1回で結局誰も釣れずあえなく敗退。

3435

いったいどうしちゃったんでしょうか?おいら一人が釣れないなら解らなくもないけど、みんなだからね。

仕方なく、更に上に上がってみます。

3637

この区間は絵になる景色はあるけれど、

38
結局、何にも釣れないまま、ひ~こら上の橋まで登ったところで、体力と気力がなくなって、これ以上行っても疲れるだけと判断し、ちょっと時間が速いけど、ここで納竿としました。

帰りは登山タクシーがあって一気に下まで乗せてってもらい楽ちん。でも確か去年は300円ぐらいだったと思ったけど、いつの間にか500円になっててビックリ!

最後にみんなで風呂入って解散。

おいらは、流石にこれから東京まで運転するのはしんどいし、山を降りてくると、スキー場でパラグライダーやってたので、しばし見学して、新潟市内のホテルに泊まって、月曜日にゆっくり帰りました。

3940

今回は釣果はパッとしませんでしたが、久しぶりに懐かしい渓と釣友に逢えてしっかり呑んだしメッチャ楽しかったです。

来シーズンも今度は釣れる時期に来たいですね。

お誘いいただき、お付き合いしていただいたみなさんありがとうございました。

来シーズンまでお元気で!

« 大爆釣?懐かしの新潟 その① | トップページ | 天気最高!釣果? »

渓流釣り」カテゴリの記事

コメント

寅さん

おらも寅さんの息子になりたいっす。

最後に一矢報いたいな。

お疲れ様でした。
良型も釣れたし、懐かしい頃に戻れて楽しかったでしょうねえ。
倅と一緒に行ったオイラはなにかとおっかさん役でした。
食わせて呑ませて釣らせて寝かせて、、、etc
来月から犀川で第2の解禁!でかいヤマメやイワナ狙います。
焚火宴会やるんで気が向いたらお出かけくださいね。


高崎先生

片道400キロは流石に遠かったな。
でも、懐かしい渓と釣友に逢えて楽しかったです。
これで、最後に潜水艦岩魚でも釣れたら最高だったんですけどね。
今回は、(高速代+ガソリン代+宿代)÷岩魚6尾=6,400円/尾なり・・・

最後にもう一回どっかご一緒したいです。

やっぱり越後の渓に遠征してたんですねえ。
またまた1尾のコストがバカ高になったようですが
シ-ズン終焉は貧家で終わる方がええのですよ。
なにより旧友と呑めたのが幸いでしたねえ。

黒部最源流は簡単に釣れすぎちゃっておもしろくないので15分でやめちゃいました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541161/62377423

この記事へのトラックバック一覧です: 大爆釣?懐かしの新潟 その②:

« 大爆釣?懐かしの新潟 その① | トップページ | 天気最高!釣果? »