2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブックマーク

  • 下手の横好き:源流釣
    北信濃のテンカラ師、寅さんのブログ。渓食の腕前はプロ級。頼りになる釣り師です。
  • へなちょこおやじのおもしろ日記
    へなちょこおやじが網膜剥離で入院していたときの壮絶な闘病日記です。是非ご覧あれ。
  • 山と溪を旅して
    へなちょこおやじがブログに興味を持つ切っ掛けとなった、こよなく山を愛する憧れの税理士先生のブログです。
無料ブログはココログ

« ええ感じ | トップページ | カンツリーボウズ歳末焚火会に参加 »

2015年11月29日 (日)

黒部の山賊

この快晴の土曜日、何となく近くに出来たコ―チャンフォーなる大きな本屋さんで、釣りとアウトドアのコーナーを眺めていて、フッと目に留まった「黒部」の文字。

何となく引き寄せられて手に取ってみると、今シーズン師匠が黒部源流に単独山行したルートの山小屋にまつわる話。

そういえばといった感じで興味本位でちょこっと立ち読みし始めたら、はまってしまい、結局買っちゃいました。

Dsc_04601
何の予備知識もなくイメージで買った本でしたが、黒部ダムが出来る以前の戦後間もない北アルプス最奥の地、黒部源流の様子を三俣山荘のオーナーとなった筆者 伊藤正一さんが当時山賊と呼ばれた人々と共に険しい山奥での経験を綴った山好きにはたまらなく興味深い本だと思います。

現に、おいらのようなにわか山釣り師でも、ちょこっと行った事のある地名が出てくるだけで、その情景が思い浮かび、山賊のプロの技や、山のもののけの話、遭難事件に纏わる話など、まるでその場に居たかのように、のめりこんで一気に読んでしまいました。

この本は後で調べると、山通の間では古き良き時代の黒部を彷彿させる一冊として結構有名なんですね。

こんな本を予め読んでから山に行くと面白さが倍増しますね。

おいらもますます行ってみたくなりました。来シーズンには行けるよう今から準備しとこ!

« ええ感じ | トップページ | カンツリーボウズ歳末焚火会に参加 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

夜明けの森夕暮れの谷(湯川豊著 マガジンハウス刊)
古き良き時代の山釣りのエッセイ、流れや風景やロッドに伝わる興奮の描写が繊細な筆致で描かれています。

未踏峰(笹本稜平著 祥伝社文庫) 仲間の絆に涙が止まりません!

光の山脈(樋口明雄著 ハルキ文庫) 正義を賭けた雪山での死闘に血が騒ぎます!

天空への回廊(笹本稜平著 光文社文庫) 意外なストーリ-とエベレストでの壮絶な死闘!

やっさん(原宏一著 双葉文庫) ホームレスにして驚くべき食の達人、こんな生き方もいいなあ!

5日は午前7時に大河原に集合、テントを3張り張って場所取り。
午前8時~午後3時頃まで、うらたんで釣り、それから薪を少し集めてから大河原へ。
もっとゆっくり出発したいのは山々なんですが、オ-ちゃんが早く釣って燻製の準備をしたいというので仕方なく7時集合となりました。

テ-ブル、ランタン、シュラフ、自分の飲む酒、少々の食い物があればOKです。
車に薪を少し積むので荷室に何か敷いておいたほうがいいと思います。
もし、当日都合が悪ければ夜からの参加でも構いません。

高崎

NTさん

お久しぶりです。
釣りシーズンも終わり、ついこの前まで暑かったのが
嘘のようにあっという間に冬になりましたね。

ストーブリーグではないですが、オフシーズンは釣り絡みの
本とか読んで来季のイメージトレーニングに励みましょう。

なかなか面白い本でしたよ。

なんだか楽しそうな本ですね!
読んでみようかなぁ。
山や渓の本は、読んでいると、ワクワクしますね!!

高崎先生

やっぱり読んでたんですね。
名所旧跡歩きと同じで予備知識があるとないとじゃ楽しみ方も違ってきますね。
おすすめの本あったら教えてください。

黒部の山賊、読みましたか?
僕は、三俣山荘を建てるために開拓した伊藤新道を歩いてみたいと思っています。
廃道になっていたと思っていたら何と復活していたようで、途中の沢に岩魚がうじゃうじゃという話もありますねえ。

来年は飛騨山脈、縦走できるといいですね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541161/62774054

この記事へのトラックバック一覧です: 黒部の山賊:

« ええ感じ | トップページ | カンツリーボウズ歳末焚火会に参加 »