2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブックマーク

  • 下手の横好き:源流釣
    北信濃のテンカラ師、寅さんのブログ。渓食の腕前はプロ級。頼りになる釣り師です。
  • へなちょこおやじのおもしろ日記
    へなちょこおやじが網膜剥離で入院していたときの壮絶な闘病日記です。是非ご覧あれ。
  • 山と溪を旅して
    へなちょこおやじがブログに興味を持つ切っ掛けとなった、こよなく山を愛する憧れの税理士先生のブログです。
無料ブログはココログ

« 日頃の行い?紅葉ドライブの巻 | トップページ | 河原乞食集合!大~忘年会 »

2016年12月 6日 (火)

ダイソーディスプレイケース鉄道ミニジオラマ2

ひとつ完成すると次は何を作ろうかと次々に作り、遂に六個になっちゃいました。

う~ん・・・これが商売になればいいなと思いながら、取り敢えずご紹介します。

その①

まずは農家を持っていたので、これを何とか利用しようと狭いスペースの中、試行錯誤しながら池のある景色を作ってみました。

Photo
池の中には魚もいますよ。洗濯物を干す母娘と縁側でくつろぐじじばば。釣りをしようと池を覗き込むおやじ。まずまずの出来かな?

23

その②

雪景色を作ってみたくて、スノーシェッドを自作して崖を走るローカル線を表現してみました。

Photo_2
取り敢えずそれなりに塗装して草木を植えて、この上に雪を降らせようと思いましたが、まだ雪の表現をどうしようか考え中なのと、難しそうなので、取り敢えずこれで完成としてしばらく眺めた後で挑戦しようと思ってます。

2_23_2

その③

海岸を作ってみようと初めて海にチャレンジ。

Photo_3
波打ち際は何とかなったかなと思うけど、波のうねりが表現できず次回の宿題かな?初めて電化された路線で架線柱を立ててみました。Bトレの江ノ電でちょうどいいかも?

2_33_3

とういわけで、これまでの作品と併せて6個になっちゃいました。

Photo_4
これに背景写真を付けたカバーをかぶせると、こんな感じです。

Photo_5

カバーが反射してうまく写ってませんね。

でも、全て同じケースなので、カバーを取り換える事が出来、気分で景色を変えられて結構楽しめます。

Photo_6Photo_7

Photo_82_4

全てフリーハンドで設計図無し、ありあわせの材料と自分で撮った写真を使って思い付きで作った割にはまずまずかなと思いますが、他の人の作品を見てるとものすごいリアルな作り込みがしてあるものがあったり、やはり上には上がいますね。

これ一ついくらだったら売れるかな?

興味ある方、コメントください。

追伸

その②に雪を降らせてみました。

初めてやってみました。ボンド水をスプレーしてとの粉(木材の目を埋める白い粉)を茶こしで振りかけました。

あんまり固まらないので触ると取れそうですが、こんなもんなんでしょうか?

C57を乗っけて綿でドラフトとドレーンを付けたら結構いい感じになりました。

1
2

« 日頃の行い?紅葉ドライブの巻 | トップページ | 河原乞食集合!大~忘年会 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

高崎先生

釣りといいジオラマ作りといい、どちらも極めないととてもじゃないけど食える世界じゃないですね。
何か応用できればいいのですが、そのひらめきがないのが凡人たる所以です。

かやぶき屋根の家と縁側でくつろぐ爺婆が
そこはかとない哀愁を漂わせていいですねえ。
背景写真が加わるとこんなにも空間の広がりが出るんだと感動ものですわ。
これ商売になるよう祈っちょります!

ぷらど@あきた様

ご覧いただきありがとうございます。
見よう見まねではじめたミニジオラマですが、動かすためのレイアウトより小さく作り込めるのがいいですね。
すごく安上がりだし、回数を追うごとにクオリティーを高めながら楽しめますよ。
ひょっとしてK藤君?

ジオラマ作り楽しそうですね!
レイアウトより飽きずにいっぱい作れそうで、退職後に楽しめそうです。
また、刺激的なレイアウトを期待してますよ!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541161/64590523

この記事へのトラックバック一覧です: ダイソーディスプレイケース鉄道ミニジオラマ2:

« 日頃の行い?紅葉ドライブの巻 | トップページ | 河原乞食集合!大~忘年会 »