2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブックマーク

  • 下手の横好き:源流釣
    北信濃のテンカラ師、寅さんのブログ。渓食の腕前はプロ級。頼りになる釣り師です。
  • へなちょこおやじのおもしろ日記
    へなちょこおやじが網膜剥離で入院していたときの壮絶な闘病日記です。是非ご覧あれ。
  • 山と溪を旅して
    へなちょこおやじがブログに興味を持つ切っ掛けとなった、こよなく山を愛する憧れの税理士先生のブログです。
無料ブログはココログ

« 2016年12月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年1月

2017年1月11日 (水)

COMPLETE

去年の夏にアトリエminamoという町田の鉄道模型店で買ったミニジオラマキットを参考に取り敢えず自分で作ってみたところ、まずまずの結果に気を良くしたおいらは暇に任せてあれやこれや毎度違う情景を作り続け、遂に10作品目が完成しました。

この趣味の面白いとこは、毎回頭の中で情景を創造し、それをこの小さなダイソーのコレクションボックスの中に如何に表現するかにある訳で、立体感のある作品になるように、ケースを片手に完成イメージを長時間シミュレーションしている時間もそれまた楽しです。

そして、まず基本は極力金を掛けないで作る事。

基本部材はほとんどダイソーやホームセンターで入手できるものです。コレクションボックスアーチワイドL型400円、スチレンボード100円などなど・・・

シリーズ化して行く事を前提にベースとなるケースはダイソーで一番大きなものを選択。

車両や人以外の既製品の利用は最小限に止め、ワンオフのオリジナル作品となるようにする事。

を基本に作り続け、気が付くと10作品にもなっていました。

10作目となったのはこの跨線橋の風景です。

1
2
3
今回は、線路を跨ぐ跨線橋を作ってみようとチャレンジしてみました。一番悩んだのは跨線橋の側壁で、本物っぽく見せるために、これをどうやって表現しようか散々悩んで、結局、トミックスの校舎に付属していた塀をひっくり返して塗装したら、何となくありそうな雰囲気になったので取り敢えずこれで良しとしました。

複線線路に、二車線道路、狭い中に詰め込んだため何となくゴチャゴチャ感は否めませんが、ケース以外は全てあり合わせで完成しました。

という事で、フルラインナップです。

4
右下に作品名を貼るとそれなりのクオリティーが出たかな?

これのいいとこは、それぞれのクリアカバーを入れ替える事で、違う背景の情景を楽しめる点です。

但し、夜な夜な背景や車両を入れ替えてにやにやして見ている姿は家族からドン引きされています。

加えて、流石に居間にこれだけ並べると部屋のアクセントの域を超えたようで、奥方からクレームがつき、そろそろネタが尽きて来た事もあって取り敢えずミニジオラマはこれで一旦コンプリートとすることにしました。

今後はリクエストがあれば作成しますが、今までそんな人おいらの知り合いに誰もいませんでした。

次は、これも以前アトリエminamoで見た軽便鉄道の動くミニジオラマにチャレンジしてみようかなと思っています。

おしまい

 

2017年1月 3日 (火)

謹賀新年

あけましておめでとうございます。

毎度の事ながら、「今年こそは!」と祈願し続けるも、果たして思い通りになった年があったのか?と思いつつ、遂に60回目の年を迎える事になりました。

巷で言う「還暦!」っちゅう年ですね。

ついこの間、亡き親父の還暦を祝ったばっかりのような気がしますが、自分にその順番がもう廻って来ちゃったんですね。早いもんです。

人生とっくに折り返し地点を過ぎてる訳ですが、平均的にはこれから更に20歳の成人式を迎える位まで生きる事になるのかな?

と考えつつ、もう一度青春時代を本当に迎える事が出来たらいいなぁ~っと思って過ごしているこの正月です。

で、結局暇に任せて鉄道ミニジオラマ作りをまたまた始めた訳でして、この年末年始にかけて2作品を加え合計9作品になりました。

回を重ねる毎にクオリティーが高まってきているような気がしますが、如何なもんでしょう?

FBにもアップしてありますが、まずは、年末作品

昔解体したレイアウトから外した鉄橋が残っていたので、これを利用した作品です。

ダイソーディスプレイケースの中ではあまり自由にレイアウト出来ず、お決まりのパターンになってしまいましたが、新たなギミックを加え、それなりにまとめてみました。

1
2

バスケットゴールとコートのラインはちっと難しかった。
3
続いて新春第一弾は春らしい景色という事で、桜並木を表現してみました。

7

4

以前、ブックオフで見つけた中古踏切がやっと役に立ちました。

6_2
ついでにジオラマ用桜の木の作り方。

ホームセンターでフラワーアレンジメント用に売ってた紙が巻いてある細い針金を木の大きさに合わせて、20~30本まとめてひねります。

89

適当に枝を作ってそれらしくなったら、茶色に塗装して、ボンドを塗ったくって、

1011

予め大きめのカップに入れておいた薄いピンクのスポンジに豪快に突っ込み、

1312

後は形をそれなりに整えて終わり。意外と簡単に出来ちゃいました。この針金紙が巻いてあるから塗装の乗りも良く結構いい感じです。

早速、もう一本植林してみました。

14
で、ケースの背景に桜の写真を貼って完成です。

15
というわけで、新年早々インドアオタク趣味を満喫しておりますが、今年は体力があるうちにもっとアウトドア趣味を充実させたいと思っております。

本年もよろしくお願いいたします。

 

« 2016年12月 | トップページ | 2017年3月 »