2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブックマーク

  • 下手の横好き:源流釣
    北信濃のテンカラ師、寅さんのブログ。渓食の腕前はプロ級。頼りになる釣り師です。
  • へなちょこおやじのおもしろ日記
    へなちょこおやじが網膜剥離で入院していたときの壮絶な闘病日記です。是非ご覧あれ。
  • 山と溪を旅して
    へなちょこおやじがブログに興味を持つ切っ掛けとなった、こよなく山を愛する憧れの税理士先生のブログです。
無料ブログはココログ

« アラ還娘?の修学旅行 伊豆の旅~一日目 | トップページ | 遂にでけた!なんちゃって軽便鉄道 »

2017年3月12日 (日)

アラ還娘?の修学旅行 伊豆の旅~二日目

アラ還娘?の修学旅行二日目は朝一で露天風呂入ってからの朝食です。

これがまたボリューム満点!

朝っぱらから満腹!今日もいい天気だ!

P3101776P3101779

という事で、旅館の風情をじっくり味わう暇もなくまるで本当の修学旅行のようにバタバタと御一行様はご出発です。

そんな折、アラ還娘?3号はスリッパ履いたまま帰ろうとボケかましたり、また笑かしてくれました。

という落ちで旅館を後にし、今日は西伊豆からぐるっと東伊豆まで攻め込みます。

途中、アラ還娘?1号の親戚の墓に寄った後、西海岸に出ると強風で海にはうさぎがいっぱい。でも、今日も富士山頭には雲が・・・残念

清水行フェリーもしんどそう?

P3101789

続けて恋人岬。

今さらこっ恥ずかしい限りですが、景色良さそうだし、誰もいなさそうだし、ちょっと寄ってみる事に。

P3101806P3101804_li

おもろい写真が撮れましたよ。誰もいないことは幸せです。

P3101796_li1

次は黄金崎。

この岬は馬の形に似ているため「馬ロック」と言って日本奇岩百景なんだそうですよ。

P3101825
P3101829P3101827

そして第一目的地の堂ヶ島。

ここで遊覧船に乗って洞くつめぐりをする予定でしたが、何と波、うねりが高く全便欠航と書いてありました。

なんて日だ!(ちょっと古いかな?)

P3101835P3101897

それでも、晴天のおかげで景色は最高!

仕方なく遊歩道を散策する事にしましたが、その前にまず記念写真です。

アラ還娘?は穴があったら顔を突っ込む習性があるようです?

しかし、凄い風、ズラ?が飛びそう!

P3101845_liP3101859_li

でも青い空と青い海のコントラストがメッチャ綺麗です。

P3101852

2_2

3_2
ここでもアビーロードで決めてみました。

P3101868_li
続いて天窓洞といって、海に続いた大きく空いた穴です。

本当は下から船で見上げているはずだったんだけどな。

P3101883P3101889

これで遊歩道は一周です。

名残惜しくも次へ移動しなきゃ!
今度は東海岸まで飛ばします。

で、着いたのが河津桜で有名なとこ。今日までが桜まつりなんですけど、完璧に散っており誰もいません。

こんな青空で満開だったらさぞ綺麗だったろうと思いつつ通過。

P3101901P3101903

途中、道路沿いにあった「河津の庄」というお店でランチ。やっと金目鯛の煮つけ(1,950円)が食えました。

ホクホクとしてて美味かった。

P3101909P3101905

この先は城ヶ崎海岸行ってから大室山に行こうと思ってましたが、堂ヶ島で遊び過ぎて、大室山直行!

海岸線を北に進む道中、右手に大島を始め伊豆諸島を眺めながら快調に車を進め大室山に到着!

テレビで見て、一度行ってみたかったとこです。

P3101928P3101929

周りに何もなく本当にお椀を伏せたような山は野焼きの後らしく、のっぺらぼうで視界を遮るものが何もありません。

登山はリフトのみでこれも結構な急斜面。スキー場ならかなり上級者用ですね。

これで往復500円は安い!

という事で早速乗車!

P3101977
これまた今朝ほどスリッパで帰ろうとしたアラ還娘?3号はリフト恐怖症で乗らないと言ってましたが、ペアリフトという事で1号に無理矢理乗せられたものの、到着まで終始下向きで乗車。

Img_1544copyP3101931

頂上に着くと、御鉢の周りを散策できるように整備されていて約20分で一周と書いてあったので早速時計回りでスタート!

素晴らしい眺望です!

まずはちょいと登ったとこで富士山が見える北西方向と相模湾が見える北方向

P3101934_3P3101935_4

沖には伊豆大島が見える西方向と利島が見える西南方向

P3101937_3P3101938_4

向こう側が頂上にある南方向と途中からのお鉢の眺め、下はアーチェリー場となってましたが、こんな強風では誰もやってませんでした。

P3101939_2P3101945_2

東には太平洋に浮かぶ島々の案内板が

P3101947_4
そして頂上から北方向のシフト乗り場を見下ろしてます。
P3101950
折角なので頂上から動画を撮ってみました。

富士山の雲よ早くどいてくれ!

P3101959P3101962_3

で、一周して戻ってくると立派な看板がありました。

ひょっとして逆方向に廻ったのかしら?

P3101972_2
最後に記念撮影

P3101969_li
いやぁ~ほんとにいい天気で景色良かった!

計画ではここから伊東、熱海と東海岸に沿って北上して、小田原駅で遠方のアラ還娘?3号、4号に電車で帰還してもらう予定でしたが、このコースだと混んで間に合いそうにありません。

カーナビと相談して、これから山道だけど空いてそうな、伊豆スカイライン、ターンパイク経由でかっ飛ばして帰る事にしました。

とは言え、元々観光道路でしかも北向きに走ると、富士山のよく見える景観いい場所ばかり、富士山フリークのおいらは、所々1分位停めて写真撮ってはまたかっ飛ばし、また停めてはかっ飛ばしを繰り返し

P3101981_liP3101983

何とか間に合いました!

修学旅行二日目は欲張りすぎて、移動距離が長く、特急観光になっちゃいましたね。

ツアコンのおいらとしては、旅の余韻に浸る暇もなく、大人の修学旅行としては慌ただしい昔のJALパックのような旅行となっちゃった感じで誠に申し訳ございませんでした。

次回はアラ古希娘?の修学旅行なんでしょうかね?

あまり想像したくありませんが、お元気で!

« アラ還娘?の修学旅行 伊豆の旅~一日目 | トップページ | 遂にでけた!なんちゃって軽便鉄道 »

旅行」カテゴリの記事

コメント

へっぽこさん

仲良しグループには欠かせない存在ですね。
おかげで楽しませてもらえました。

3号さん‥ナイス!

高崎先生

やっぱり休みは期限があった方が何でも励みになりますね。
残りの三週間有意義に過ごさなきゃ。

遊覧船の欠航は残念でしたが晴天続きの二日間でようござんした。
盛りだくさんでアラ還娘さんたちには最高の修学旅行になったのでしょうが
鈍った体の運転手にとっては厳しい強行軍になったのでは?

しかし金目は産地で食べてもそれなりにお高いようですねえ。
さああと3週間、それまでに心も体もお仕事モードに切り替えましょうね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541161/65003142

この記事へのトラックバック一覧です: アラ還娘?の修学旅行 伊豆の旅~二日目:

« アラ還娘?の修学旅行 伊豆の旅~一日目 | トップページ | 遂にでけた!なんちゃって軽便鉄道 »