2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブックマーク

  • 下手の横好き:源流釣
    北信濃のテンカラ師、寅さんのブログ。渓食の腕前はプロ級。頼りになる釣り師です。
  • へなちょこおやじのおもしろ日記
    へなちょこおやじが網膜剥離で入院していたときの壮絶な闘病日記です。是非ご覧あれ。
  • 山と溪を旅して
    へなちょこおやじがブログに興味を持つ切っ掛けとなった、こよなく山を愛する憧れの税理士先生のブログです。
無料ブログはココログ

カテゴリー「鉄道」の10件の記事

2017年3月16日 (木)

遂にでけた!なんちゃって軽便鉄道

釣行記なのにいつになったら行くんでしょうかね?

っと他人事のように言っておりますが、予てから密かにチャレンジしてた軽便鉄道ジオラマがようやく完成したのでうれしくてアップしました!

P3161996
これまで、いくつもダイソーコレクションにディスプレイモデルを作ってきましたが、そろそろ飽きてきたこともあり、次は動くレイアウトでもやろうかと思ってたところ、またもや町田のアトリエminamoにあった軽便鉄道のミニジオラマに感化され、これにチャレンジ!

聞くと台座は枠付きコルクボード、これにスタイロフォームで成形、岩はウッドチップとホームズや百均に売ってるものばかり!

こりゃ安く遊べるぞ!おいらのようなビンボーモデラ―には最適!

P2081490_2P2121495

Nゲージにしようか。HOナローゲージにしようか迷いながらも、取り敢えず着工です。

レールはフレキシブルレールを使おうと思ったけど、小さなスペースで急カーブが多く、一番作ってみたかったあぶない橋を作るためには市販の道床付きレールを利用する方が簡単だった事もありトミックスを利用しました。

レイアウトを決めたらスタイロボードで大まかに景色を決め、シナーリープラスターで地表の雰囲気出して、アクリル絵の具で塗装。

P2141497P2151501

橋の部分のレールは道床を上手に抜いてレールだけが宙ぶらりんです。

ここに工作用角材でナローゲージ風にわざと不均衡に枕木や橋脚を作り込みます。

P2161503
ここにきて、かみさんのリクエストでトンネルを作れと言うので、急遽今の山を削って新たに作り込みます。

P2171505P2171506

次にやってみたかったウッドチップでの大岩表現。適当にグレーや白を塗ると結構いい雰囲気に仕上がりました。

山も同じようにシナーリープラスターを塗ったくって岩肌の表現をします。

P2201508P2231517_2

後は使い道がなくずっとデッドストックになっていた杉の巨木を乗っけて塗装したらそれなりになってきましたが、安いからと思って買って来た鉄コレのNゲージ小型電車を乗っけると、橋の枕木を大きく作った事もあり、やはりスケール感が合いません。

とはいうもののHOナローゲージの車両もないし、このまま細かなディティールを作り込んで取り敢えず右下を残し完成。

P2241520_2P2261524

この後、右下に構築物を設置しようとWebでいろんなサイトをググってみてもHOサイズの製品は少なく、あっても高いので、見よう見真似で厚紙と木で作っちゃいました。

P3041529P3041531

壁や屋根の模様は全て罫書きで煙突はプラモデルのランナー、薪はかみさんが拾って来た本物の桜の枝です。

写真見て全てフリーハンドにしてはまあまあ良く出来たかな?

P3041533P3041534

そして最後の懸案であったHOナローゲージの車両は買おうと思うとNゲージと比べるとものすごく高くて、ビンボーモデラ―には手が出ず、かといってNゲージじゃつまらんし、結局Webで見つけたペーパークラフトを利用して作っちゃいました。

これをこのまま作ってみるとこんな感じ。

P3151990_2P3161994

最初はこれで終わりにしようかなと思いもしましたが、もう少しクオリティーをあげたくて、これを元に窓2つ分短くして、窓も抜いて、ちゃんとペーパーモデルを作っちゃいました。

P3151988123

屋根はきかんしゃトーマスの客車の屋根、ベンチレーターはネジ、買ったのは2軸のKATOのチビ客車用動力ユニットのみ。

全て実寸合わせでメッチャ安く出来ちゃいました!

これと同じような完成品は真鍮で2万円ぐらいします。

P3162001124

今回一番高くついたのは人形でした。そもそもHOゲージの人形はほとんど在庫されておらず、専門店を探して巣鴨や秋葉原まで行って買ってきました。

一体当たり平均500円位かな?

でもおかげでリアル感倍増で大変満足!

P3161995
P3162007
P3162000
P3162005
まだもう少し手を入れようと思いますが、取り敢えず動画も見て下さい。

これでひと段落かな?と思ってたら、もっと小さいワールド工芸の動力をヤフオクで買ったので、それでトロッコ作ったらまたアップします。

おしまい

2017年1月11日 (水)

COMPLETE

去年の夏にアトリエminamoという町田の鉄道模型店で買ったミニジオラマキットを参考に取り敢えず自分で作ってみたところ、まずまずの結果に気を良くしたおいらは暇に任せてあれやこれや毎度違う情景を作り続け、遂に10作品目が完成しました。

この趣味の面白いとこは、毎回頭の中で情景を創造し、それをこの小さなダイソーのコレクションボックスの中に如何に表現するかにある訳で、立体感のある作品になるように、ケースを片手に完成イメージを長時間シミュレーションしている時間もそれまた楽しです。

そして、まず基本は極力金を掛けないで作る事。

基本部材はほとんどダイソーやホームセンターで入手できるものです。コレクションボックスアーチワイドL型400円、スチレンボード100円などなど・・・

シリーズ化して行く事を前提にベースとなるケースはダイソーで一番大きなものを選択。

車両や人以外の既製品の利用は最小限に止め、ワンオフのオリジナル作品となるようにする事。

を基本に作り続け、気が付くと10作品にもなっていました。

10作目となったのはこの跨線橋の風景です。

1
2
3
今回は、線路を跨ぐ跨線橋を作ってみようとチャレンジしてみました。一番悩んだのは跨線橋の側壁で、本物っぽく見せるために、これをどうやって表現しようか散々悩んで、結局、トミックスの校舎に付属していた塀をひっくり返して塗装したら、何となくありそうな雰囲気になったので取り敢えずこれで良しとしました。

複線線路に、二車線道路、狭い中に詰め込んだため何となくゴチャゴチャ感は否めませんが、ケース以外は全てあり合わせで完成しました。

という事で、フルラインナップです。

4
右下に作品名を貼るとそれなりのクオリティーが出たかな?

これのいいとこは、それぞれのクリアカバーを入れ替える事で、違う背景の情景を楽しめる点です。

但し、夜な夜な背景や車両を入れ替えてにやにやして見ている姿は家族からドン引きされています。

加えて、流石に居間にこれだけ並べると部屋のアクセントの域を超えたようで、奥方からクレームがつき、そろそろネタが尽きて来た事もあって取り敢えずミニジオラマはこれで一旦コンプリートとすることにしました。

今後はリクエストがあれば作成しますが、今までそんな人おいらの知り合いに誰もいませんでした。

次は、これも以前アトリエminamoで見た軽便鉄道の動くミニジオラマにチャレンジしてみようかなと思っています。

おしまい

 

2017年1月 3日 (火)

謹賀新年

あけましておめでとうございます。

毎度の事ながら、「今年こそは!」と祈願し続けるも、果たして思い通りになった年があったのか?と思いつつ、遂に60回目の年を迎える事になりました。

巷で言う「還暦!」っちゅう年ですね。

ついこの間、亡き親父の還暦を祝ったばっかりのような気がしますが、自分にその順番がもう廻って来ちゃったんですね。早いもんです。

人生とっくに折り返し地点を過ぎてる訳ですが、平均的にはこれから更に20歳の成人式を迎える位まで生きる事になるのかな?

と考えつつ、もう一度青春時代を本当に迎える事が出来たらいいなぁ~っと思って過ごしているこの正月です。

で、結局暇に任せて鉄道ミニジオラマ作りをまたまた始めた訳でして、この年末年始にかけて2作品を加え合計9作品になりました。

回を重ねる毎にクオリティーが高まってきているような気がしますが、如何なもんでしょう?

FBにもアップしてありますが、まずは、年末作品

昔解体したレイアウトから外した鉄橋が残っていたので、これを利用した作品です。

ダイソーディスプレイケースの中ではあまり自由にレイアウト出来ず、お決まりのパターンになってしまいましたが、新たなギミックを加え、それなりにまとめてみました。

1
2

バスケットゴールとコートのラインはちっと難しかった。
3
続いて新春第一弾は春らしい景色という事で、桜並木を表現してみました。

7

4

以前、ブックオフで見つけた中古踏切がやっと役に立ちました。

6_2
ついでにジオラマ用桜の木の作り方。

ホームセンターでフラワーアレンジメント用に売ってた紙が巻いてある細い針金を木の大きさに合わせて、20~30本まとめてひねります。

89

適当に枝を作ってそれらしくなったら、茶色に塗装して、ボンドを塗ったくって、

1011

予め大きめのカップに入れておいた薄いピンクのスポンジに豪快に突っ込み、

1312

後は形をそれなりに整えて終わり。意外と簡単に出来ちゃいました。この針金紙が巻いてあるから塗装の乗りも良く結構いい感じです。

早速、もう一本植林してみました。

14
で、ケースの背景に桜の写真を貼って完成です。

15
というわけで、新年早々インドアオタク趣味を満喫しておりますが、今年は体力があるうちにもっとアウトドア趣味を充実させたいと思っております。

本年もよろしくお願いいたします。

 

2016年12月 6日 (火)

ダイソーディスプレイケース鉄道ミニジオラマ2

ひとつ完成すると次は何を作ろうかと次々に作り、遂に六個になっちゃいました。

う~ん・・・これが商売になればいいなと思いながら、取り敢えずご紹介します。

その①

まずは農家を持っていたので、これを何とか利用しようと狭いスペースの中、試行錯誤しながら池のある景色を作ってみました。

Photo
池の中には魚もいますよ。洗濯物を干す母娘と縁側でくつろぐじじばば。釣りをしようと池を覗き込むおやじ。まずまずの出来かな?

23

その②

雪景色を作ってみたくて、スノーシェッドを自作して崖を走るローカル線を表現してみました。

Photo_2
取り敢えずそれなりに塗装して草木を植えて、この上に雪を降らせようと思いましたが、まだ雪の表現をどうしようか考え中なのと、難しそうなので、取り敢えずこれで完成としてしばらく眺めた後で挑戦しようと思ってます。

2_23_2

その③

海岸を作ってみようと初めて海にチャレンジ。

Photo_3
波打ち際は何とかなったかなと思うけど、波のうねりが表現できず次回の宿題かな?初めて電化された路線で架線柱を立ててみました。Bトレの江ノ電でちょうどいいかも?

2_33_3

とういわけで、これまでの作品と併せて6個になっちゃいました。

Photo_4
これに背景写真を付けたカバーをかぶせると、こんな感じです。

Photo_5

カバーが反射してうまく写ってませんね。

でも、全て同じケースなので、カバーを取り換える事が出来、気分で景色を変えられて結構楽しめます。

Photo_6Photo_7

Photo_82_4

全てフリーハンドで設計図無し、ありあわせの材料と自分で撮った写真を使って思い付きで作った割にはまずまずかなと思いますが、他の人の作品を見てるとものすごいリアルな作り込みがしてあるものがあったり、やはり上には上がいますね。

これ一ついくらだったら売れるかな?

興味ある方、コメントください。

追伸

その②に雪を降らせてみました。

初めてやってみました。ボンド水をスプレーしてとの粉(木材の目を埋める白い粉)を茶こしで振りかけました。

あんまり固まらないので触ると取れそうですが、こんなもんなんでしょうか?

C57を乗っけて綿でドラフトとドレーンを付けたら結構いい感じになりました。

1
2

2016年11月 6日 (日)

鉄道ミニジオラマinダイソーディスプレイケース

なかなかやり始めないけど、一旦やり始めると結構深く追求してしまう癖でしょうか?

ダイソーで400円もするちょっと高いディスプレイケースを買って来たものの、何を作るか構想がまとまらないまま放置してありましたが、取り敢えず家にあったものをかき集めて作成開始!

Pa291076
まずはコルクボード、スチレンボード、紙粘土を使って全体の景色作りを始めますが、設計図があるでもなく、思い付きで始めちゃいます。

何を作ろうかと試行錯誤の結果、トンネルのある風景にしようと思い、適当に構図を決めスチレンボードを何層も積み重ねては、電池式の発泡スチロールカッターで成型します。

Pa311077

Pa311078
ところが、ここまで作ってみたものの何となく単調な景色でつまらなくなり、真ん中を切って川を通してみました。

Pb021081
次に手前を海辺にしようと思いましたが材料が足りず、このまま川にしてしまうと水の作り込みが面倒なので、発泡スチロールでかさ上げして、

Pb021084
更に着色して山に木々を植え込み、適当に装飾してみると何となく様になってきました。

Pb051089
で、川に石を並べモデリングウォーターを流し込み細かなところを作り込んでほぼ完成!

Pb061090
後は、線路にSLやDCを載せてリアルに見えるよう釣り人や車も配置。

Pb061098
Pb061094
Pb061104
最後にケースに背景の写真を貼って完成です。

Pb061111
という事で、今回は途中で気が変わったり、失敗したりして延べ4日の大作?となってしまいました。

これで四つ目です。もう一つ左下のHOゲージが入ってるだけのケースが残っております。次回は何にしようかな。

Pb061114
でも、毎度の事ながらこの手の趣味は作ってる時が一番楽しく、完成すると何故か寂しさを感じてしまうのはおいらだけでしょうかね?

あ~やっぱりアウトドアで遊んでたいな~

2014年3月23日 (日)

バスコレレイアウト完成!

この三連休は帰京していましたが、釣りは後回しにして、バスコレレイアウトを完成させてやろうと、この日のために買い揃えたグッズを利用して奮闘していました。

そして、取りあえずまあまあいいかなというところまできたので、完成という事にしました。

何が面倒だったかと言うと、折りたたみ式のため、たたんだ際、他のストラクチャーとの干渉の問題と、景色の作り込みのセンスの無さ・・・

イメージだけで適当に建物や小物も買った来てたので、何か時代考証がハイブリッドの都バスが走ってるのに建物は昭和30年代と無茶苦茶になっちゃいました。

雰囲気を出すために、建物にはLED照明を入れてやろうと、ネットで買ったのですが、何と親父の凝った造りは、照明用の配線がACで、これをDCに変えるのが面倒だったので、結局ムギ球を付けちゃいました。

でも、今回は理系の頼もしい仲間が遊びに来てくれたので、次はパワーパックのリニューアルとカメラカーの安定動作の改造をお願いして取りあえず、バスコレレイアウトはこれで完成という事にしました。

次回は釣りの話題にしたいのですが、どうなることやら?

2013年5月 6日 (月)

折りたたみ式Nゲージレイアウト

またまた釣りとは全然関係ありませんが、このゴールデンウイークは法事で実家に行ったついでに、親父の遺作である折りたたみ式Nゲージレイアウトの内、単線の小さいセットを我が愛車エグザンティアの荷台に乗っけて、東京に持って帰ってきました。

早速、6畳の和室で広げた姿がこちらです。

Photo

6畳間で十分遊べるサイズです。これは今から約20年前にベニヤ板1枚のサイズに親父が作った物で、TOMIXのレールを利用している以外は埋め込み式パワーパックも含めて全て自作です。手前のヤードはより多くの車両を留置しておけるよう後で増設したもので、こちらも二つ折りになってます。

取り敢えず動画をご覧下さい。

これを折りたたむ時はこんな風になります。

Photo_2

片方を持ち上げて、脚を抜き、そっと重ねます。全て畳んだ時に構造物が当たらないように設計されています。山は発泡スチロール製で取り外しが出来ます。

Photo_3

中を見るとこんな感じです。

Photo_4

次に台となっているケースに山と脚を格納します。

Photo_5

本体は立てて、キャスター付きの板に乗せ、左右にも蓋をします。

Photo_6

車両はまとめて持ち運びし易いよう最大54両入るアタッシュケース型のケースも自作してあります。

Photo_7

そして全てを片づけるとこんな感じになります。

Photo_8

これを親父は実家に置いたままになってる複線のもう一回り大きいセットも含め、20年以上も前に全て1人で作りました。チョットした交通博物館ぐらいのレベルです。

おいらも実家に帰った時に多少手伝ったものの、使い方を理解しているだけで、既に絶版となっている部品も多く、今後の維持管理が大変ですが、遺作となった今はこれを大事に手を入れながら存続させていこうと思ってます。

2013年4月 7日 (日)

出発セレモニー&買っちゃいました

出発セレモニー

4月6日はSLばんえつ物語号がリニューアルして再開と言うことで、暇潰しにまた駅に行ってきました。

新しくなった展望グリーン車を見に行ったんですが、何やらホームには黒山の人だかり。これじゃよく見えません。

Photo_6

違うホームから見ると、何故かゆるきゃらがいっぱいいて出発セレモニーをやっていました。

Photo_7

で、今回も動画をアップしようといつものホームの先端でムービーモードにして待ちかまえ、出発シーンを撮り始めると直ぐにメモリー切れになり、大慌てで余計なものを削除して今度はカメラモードで撮り直しましたが、時すでに遅しで、先頭のC57は撮れず既に通り過ぎた後。

Photo_10

Photo_11

焦ってシャッター切ったら構図は悪いはブレてるはで、チャンと写ってませんでしたが、取り敢えず初日と言うことでアップしました。

買っちゃいました

SLばんえつ号を撮った後、そう言えば先週釣りに行った時に愛用の防水デジカメを落っことして壊しちゃったし、4月になって異動もなく続投となり、それならそれでと、新しい防水デジカメが急に欲しくなって、駅にあるビックカメラで衝動買いして来ちゃいました。

Photo_2

Photo_12   

左が6年間使った我が愛機オリンパスμ725SW。大した性能じゃなかったけど、酷使に耐え、山での写真は全てこれのお世話になってましたが、落っことしちゃった事でとうとうモニターがまるで写らなくなっちゃいました。

右が今回ビックカメラで買ってきたオリンパスTG-630。8GBSDカードや保護フィルムを付けて2万円でした。

ちょっと大きくなりましたが、モニターも大きく性能も上がっており、GPSだの余計な機能はいらないのでおいらにはこれで充分。また酷使に耐えてくれそうです。

今シーズンはこれでより綺麗な画像やムービーをお届け出来ればいいなぁ~

2013年3月24日 (日)

暇なので...SL村上ひな街道号

今日は朝から天気がいいですが、でもまだ寒いっす。新潟の桜はもう少し先になりそうです。

そんな事で、釣りにも花見にも行けず、この日曜日は如何したものかと考えた末、臨時のSLが走ることを知り、チョット駅まで行って撮って来ました。

駅に行くと見物の人達で一杯でした。

Photo_3

昨日と今日は「SL村上ひな街道号」と言うことで、客車はいつもの「SLばんえつ物語号」と同じですが、今回は磐越西線を通って会津若松までではなく、羽越本線を北上して村上まで行く列車です。

Photo_8Photo_9   

でも、何故か1両目には「SL伴走車」と書いた、青い12系標準車が付いてました。

これは4月6日からの「SLばんえつ物語号」の新しい目玉として展望グリーン車に改造している為なんだそうですよ。

今回はこのSLを今シーズンの釣行記のブログに動画をはめる練習も兼ねてアップしてみました。

以前はniftyで動画もそのままアップできたのですが、閉鎖されてしまったので、YOUTUBEからの貼り付けです。
古いデジカメ一眼で撮ったので、画質も粗く今一つですが、何となくやり方が解りました。
因みに、YOUTUBEで henacyokooyaji で検索すると他にもお遊びでアップした動画も載ってます。

今年は動画でモンスター岩魚をアップするぞ~!

2011年9月 4日 (日)

SL初秋体験号に乗る

釣りに行った翌日曜日。今朝はゆっくり寝ていようと目覚ましもかけずにいましたがやっぱ歳ですね。朝8時前に目が覚めちゃいました。

いつも通り目玉焼きとみそ汁とご飯の朝飯を作ってからぼぉ~っとテレビを見ていると、ふっといつものSLばんえつ物語号を思い出し、今日も見に行ってみようかとネットで時刻を調べていると9月から名前が変わり、快速「SL初秋体験号」になっていました。

調べてみると指定券など特別な切符は必要なく、普通の乗車券だけで乗れるらしいことが分かり、それじゃ一度乗ってみようかなという気になって、更に時刻表を調べていくと次の新津駅まで乗って電車で戻ってくるのが調度時間的に良いことがわかったのが9時30分。

SLが出発するのは9時43分。ひぇ~時間がない。ここで諦めりゃいいのに、遊びには苦労をいとわないおいらはそれからダッシュで駅まで走り、滑り込みセーフ!

発車前の新潟駅での様子が撮れました。先頭はヘッドマークのないC57-180そしてばんえつ号用の客車5両、最後尾にはDE10が連結されています。

Photo_3

Photo

Photo_2

ばんえつ物語号では7両全車指定席で会津若松までの往復運転でしたが、先月の大雨で磐越西線が不通となったため、5両に減らして全車自由席として馬下駅までの運行です。

馬下駅には転車台が無いため、帰りはC57はバックのままDE10が牽引し機関庫のある新津駅まで戻ってきます。

思い付きで飛び乗ったSL列車でしたが、新津駅まで320円で乗れました。しかもあまり知られてないのか車内はガラガラ。

展望車や大正ロマン風のレトロ客車もご覧の通り。わずか20分ぐらいの乗車でしたが、得した気分になりました。

Photo_4

Photo_5

新津駅では10分ぐらい停車。ここでおいらは降りて電車で戻ります。ここまでは信越本線で電化されていますが、この先は磐越西線に入り非電化の単線となります。田園地帯を走り、良い景色なので五泉駅まで行こうと思いましたが、帰りの列車がなく諦めました。

Photo_6

Photo_7

Photo_8

新津駅には見慣れぬ電車が留置してありました。これはE233系の電車。たぶん東海道線用かな?ここはJR車両製作所があり、時々珍しい車両が見られるんですよ。これは電気機関車で関東まで引っ張って運ぶそうです。

Photo_9

Photo_10

C57は最後に新津駅に戻ってきた後、転車台に乗せて回転するとこなどの見学会があるようですが、おいらは帰って洗濯、掃除、アイロン掛けと休みの日は忙しいので、ここで戻りました。

TOMOさん見てますか?